ノートの日付

 ノートにどうやって日付をかっこよく書くか(2011.09.20 TAROSITE.NET) という記事を見て。

 俺は、昔からメモ魔だ。いわゆる情報整理術なんかの類の本で、よく「とにかく、記録。書いて忘れる。ただし記録は一元化して、『記録は、そこを見ればかならずある』という環境が大切」と書かれているが、悪いが俺は、そんな事は二十年来実践しているなあ。無意識に。
 まぁ、完全に一元管理ではないものの、基本的には、ひとつのノートとひとつのデジタル環境。そのどちらかに記録するようにしている。
 時代とともに、その時々によって少しずつ環境は変わっているが、その大筋は変らない。現在では、バイブルサイズのシステム手帳(中身はフリー罫紙)とEvernote。基本的には、このどちらかに記録している。

 で、メモの方法は、とにかく時系列に書く。プロジェクト別とかそんなの気にしない。
 もちろん俺の個人的な感覚だが、人間って、大ざっぱに「あのメモは、だいたいあの頃に書いたよな」ってなくらいは覚えているものだと思う。その程度でも意外に検索可能。あまり細分化されていると、どの項目に書いたかとかまで——頭の中で——検索しなければならず、かえって手間取る。

メモ
 字が汚いのはおいといて(笑)、頭に6ケタで日付を着けて、簡易で適当なタイトルを書く。その後にメモを記述。昔はメモ毎に横線で区切ってもいたのだが、なんかそれだと線が目立ち、回りの人がのぞき込むんだよね(被害妄想かもしれないが)。
 Evernoteでも、とにかく、メモ(ノート)のタイトルの頭に6ケタで日付を入れている。

 この手法、昔、Newton MessagePad を使っていた時の名残でもある。Newtonの標準機能のメモ帳は、トイレットペーパーみたいに縦長の用紙に記述していくようなイメージで、どこでも横線を引くと、そこで新しい日付のついたメモの仕切りになった。

 情報整理術は無数にあるけど、結局は単純なのがいいんだよね。


ユーミン

 昨日。ブラタモリに倣ってまちを歩く散策オフ会に参加してきた。場所は本郷。
 追々記事にしていくつもりだが、まずはこれを。
(写真はクリックで大きな物が表示されます)

 本郷の住宅街にひっそりと建つピンクの壁の建物がかわいらしい、喫茶店ユーミン。
喫茶店ユーミン
 営業していなかったのだが、しかしもう、この入口だけで突っ込みどころ満載だ。
喫茶店ユーミン
 A.C.Cジュースというのが看板メニューのようだ。A.C.Cジュース。どんなんだろう。気になったが、お休みだったので確認することもできず。それにしても安いな!
喫茶店ユーミン
 昭和っぽさ炸裂の呼び鈴。型も古いが、調子が悪いらしく、つよく押さないと鳴らないのかな……って、押すんじゃなくて、つよく……どうするんだ? この字、読めない。
喫茶店ユーミン
 持ち込み自由なんだね。商売っ気がないねぇ。いや、もしかしたらメニューはコーヒーとA.C.Cジュースのみなのかもしれないな(笑)。食事は各自持込みで。もちろん、想像。
喫茶店ユーミン
 営業は2月6日から。1か月以上正月休み。商売っ気がないねぇ。
 つーか、なんで「ユーミン」なんだろうって事も気になるが。これにて。


書家・俵越山さん

 元タレント、書家で再出発 城陽で2月、子ども向け講座 (2008.01.05 京都新聞)

 越前屋俵太さん、確かにヘンテコな字を書くネタで一時期ブレイク寸前だったが、21世紀になって突然消えたと思ったら、書家として活躍してたのか。

かつてタレント越前屋俵太として活躍した京都出身の書家・俵越山さん(46)が、今年から「書」を通じて子どもたちの感性を伸ばす教育活動を始める。書家としての再出発の地に思春期を過ごした京都府城陽市を選び、自らの経験を基に思いのままを書で表現する小中学生向けの講座を2月3日に催す。

 安易に「書ブーム」に便乗しての売名行為ではない事を期待しているよ。


システム手帳、2週間

 Zaurus/ザウルスが故障しそうなのでシステム手帳に戻って2週間。楽しい。
 資料やらデータやらを無地フィリルに印刷して綴るのが楽しい。たいした使い方ではないが、いくつかのリフィルを自作するのが楽しい。そして何より、書くのが楽しい。
 物書きは大好きだし、手帳にチマチマと書き込むのも大好き。
 元々メモ魔(というより、書いたらすぐ忘れるため)でもあるので、用紙の消費量は激しい。でも、楽しいので良し。

 お話を書くのなら、ザウルスの方が便利だ。テキストエディタで書いて、そのままSDカード経由でMacに読み込めるからね。でも、ネタ帳としては紙の手帳にも分がある。これも一覧性が高いというのかな、時間が空いた時にペラペラとめくって見るのも楽しい。

 ちなみに、俺のシステム手帳は、前方がスケジュール帳兼行動記録。中頃が仕事用のメモ帳。後方がプライベート用メモ帳(ネタ帳)という綴りにしているのだが、ネタ帳部分が着実に増える。2冊に訳ないとダメかもしれない(笑)。
 情報はなるべく一元管理。あちこちに分けるのは好きではないのだが。

 あぁ、なんか訳解らない記事になってしまった(笑)。

 それにしても、字が書けなくなってるよなぁ。


あなた、守ってくださいましね

 ヤモリ。
 毎年、この時期になると、窓ガラスに貼り付いてくる。


 都心に居るってのは意外とも思ったが、それこそ意外で、ニホンヤモリは家屋に生息し、野生のはあまりいないらしい。
 昔から「家守」の字を当てて、ヤモリの住む家は悪いことが起きないと言われている。
 ガラスに貼り付いている姿はユーモラスでかわいくもある。

 ちなみに、飼育するのは大変らしいね。ハエやクモ、ミルワーム等の生き餌を与えなければいけないとか。
 いや、家の周りに生息しているのをわざわざ捕獲なんて野暮な事はしないけど。
 何しろ、守り神、なんだし。


高崎駅

 新幹線あさま号で帰る。
 帰宅したら、この写真を別の場所に保存し、字下げと改行をする。
 と言うモブログとファイル管理のテストの記事。

追記
 という訳で、帰宅して、infoseekのWebスペースへ写真をコピーして、そちらへ表示リンクした。
 当然、本文の字下げと改行処理も(笑)。
 最後に、ケータイからブログ人サーバへ送った写真を削除。


霊園のとらねこ

 ちょっとごたごたしてて書けなかったけど。
 土曜日に、親父の墓へ、お盆参りしてきた。
 その霊園参道にいたねこ。
 この子も、すごく懐っこくて、近寄っただけで、足もとを8の字に動いてたよ(笑)。

 霊園内には、ハサミジャガーも健在だったけど、暑かったから、植え込みの中で寝ていて、うまい写真が撮れなかった。
 霊園は、来訪者が多い。この近所に住んでいるねこ達って、人が好きなんだろうかねぇ。みんな、懐っこいよ。


行頭字下げについて、再び

 えっと、以前にも記事にした事なんだけど、先日、ろぷさんの記事を拝見して、改めて気になりだした、忘備のために、ここに蒸し返し書き込みする(笑)。

 なんで、多くの人が、行頭の一文字分字下げをしてないんだろうか。常々不思議に思っている。
 文章の体裁にこだわっておられる方でも、この字下げに関しては、なされていない事が多い。
 結局、「個々人の嗜好の問題」という以上は、調べきれなかった。

 俺は文筆業ではないので解らないが、仕事で文章を書く場合は、どうなんだろう。自動字下げスクリプトとかあるのかな。
 それとも、原稿を渡すと、編集の人が処理するんだろうか。

 くどいようだが、「小学校で習った作法だろ!」と叫びたい。作文の作法として小学校で習ったはず。
 特に、物書きを仕事にしておられるかたには、色々な人にこの「web上の文書については字下げしない」件について、理由を聞きたい。聞いてみたい。
 日記やメモならともかく、読ませたいと思って公開する文章については、webだろうがなかろうか、一般常識に倣うのが筋だと思う。

 もちろん、文章は、体裁よりも内容で勝負だ。でも、この字下げがないだけで、ある人数の読者を逃している恐れはあるんだ。
 少なくとも俺は、同じ要旨の記事が複数あったら、文章が下手でも字下げをしている方を手にして読むと思う。

 このこだわりは変なのだろうか。
 趣味だけの物書きゆえの理想なのだろうか。
 Web文書としては邪道なのだろうか。

 TB
 もげちゃっち:ウェブ上の文章って?

 ※2004.06.18 一部訂正(見え消し線箇所)


行頭字下げ

 今日、無差別にあちこちのサイトにアクセスして確認してみた。
 ブログに限らず、日本語文章を掲載しているWebサイトの多くが、行頭の字下げをしていない。
 俺は、このブログサイトに関しては、開設以来、意図的にそれを行っていなかったが、やはり、個人的に気色悪いので、また、字下げをして書く。
 欧米由来のワープロソフトに搭載されている「段落インデント」とは微妙に違う、日本語文化のひとつだと思う。
 段落は、複数の行が集まって形成されている。字下げは、各行頭に存在する。
(とは言うものの、この行頭字下げに関して、詳しく知っている訳ではないが(笑))
 情報としての文章の質とは、直接関係ないかもしれない。でも、確か、昔小学校でも習った法則だぞ。
 なぜ、多くの方々は、行頭字下げをしないで書いているんだろう。この事に言及した記事ってあるのかな。調べて見よう。


2003/03/28

花粉多し。天気情報関係サイトで調べたら、今日はスギ花粉とヒノキ花粉を合わせて1平方cmに50個以上とのこと。そういう数値を見るだけでかゆくなる。調べるんじゃなかった。
ケータイに何度も間違い電話があった。
1日で4回も。すべて違う番号からの発信だ。
きっと誰かが複数の人にケータイ番号を伝える時、1字とか間違えたのが俺の番号になってしまったんだと思う。
迷惑だが、放っておくしかない。