会計ソフトを変更した

 昨年分の確定申告のために、今年1月に初めて使った、クラウド型会計ソフト「ネットde青色申告(以下「de」)」。実際には昨年12月に、それまでの3期お世話になったフリーソフトの「林檎経理 RingoKeiriTien」からCSV出力した仕訳データを読み込んで「de」を試用してはいたのだけれど。

「de」は操作不具合以外のサポートは別途有料だが、これまでずっと自分で帳簿付けをしてきたので、ごく基本的な仕訳のしかたは理解できているので問題なし。決算書作成機能が必要な場合は別途3000円で、それ以外は無料っていうのも、とても魅力的。
 そして、クラウド型ということで、Webブラウザ上での操作になるため、Macにも対応ってのがいい。
 だが、4ヶ月使ってきて、「痒いところに手が届かない」部分に気づいて、それがどうにも我慢できなくなってね。
 具体的には

・仕訳帳の出力が月単位でしかできない。
 これは使い始めた端《はな》から気になっていたこと。1年分一括でCSVやPDFで出力したいと思うことも多いのでは?

・事業主借/事業主貸 科目に補助科目が設定できない。
 事業主貸に「源泉所得税」と「生活費へ」って補助科目を作りたいんだけれど、叶わなかった。
 サポートに改善要望をだしたら、「発生主義の観点からいって、売掛金が振込まれた時に、源泉所得税分は租税公課で仕訳するのが妥当かと」と言われたが、所得税(の仮払い分)を、租税公課つまり経費にするのはおかしいよね。
 仕方がないので、「源泉所得税[事貸へ振替る]」っていう科目を作って、無駄なトンネル仕訳を1行付け加えているよ。

・仕訳入力で借方/貸方の両方に「摘要」欄がある。コピペが面倒。
 普通、各仕訳の摘要(メモ)なんてひとつだろ。
(借)普通預金/(貸)売掛金/(摘)契約No.000入金 ってな感じで入力すりゃ十分だ。

・決算処理後、過去期のデータをいじれるようするには、別途料金が必要。
 別に改竄しようというつもりではない(そもそも確定申告した後は、それに整合させたままにしないとまずいし)。
 補助科目を修正したいなどの場合、すでに使われている補助科目は修正できないのよ。それは良い。だったら、過去分の補助科目も一旦ダミー補助科目に変更してから、元の不要補助科目を削除するような対処くらいしたいのだ。

 我慢すればできなくもない。ってことで4ヶ月使ってみたが、俺の性格ではやはりダメだった(笑)。

 で、まぁ、「de」に決めた時に次点候補だった「MFクラウド青色申告(以下「MF」)」を昨日再び試用してみた。そうしたら、上記の不満点はすべて好み通りになっている。というか、なっていない「de」がおかしい(笑)

「MF」は無料プランだと15件/月しか仕訳入力できない。
 最初に今年1月〜4月分をCSVファイルでアップロードして、当然15件どころじゃ済まなかったができたので、「もしかしたら15件以上になったらこうしてCSVアップロードすりゃいいんじゃね? 裏技発見!」とか思ったが、それ以後は入力はもちろん、追加アップロードもできなかった(笑)。
 機能的に満足なんだから、ちゃんと有料プランに登録したよ。30日間無料(その間に解約すれば料金はかからない)で全機能が試せるし。

「de」も悪くはないんだよ。俺の要求には足りなかったというだけ。借方/貸方 両方に摘要欄があるのも、それが好みの人もいるだろう。それに、過去3年間の詳細な事業推移なんて、無料でここまでやってくれるのかと思うほど詳細なレポートだし、入力画面も結構俺好みなんだよね。何より、無料で仕訳件数も保存期間も上限なしってのはすごい。実に惜しい。
 また時々見に行って、システム改修具合によっては戻ってもいい。


スジャータ……!?

 地元ダイエー、いつも買っているトップバリュの豆乳が最近売切れなんだよね。
 で、今日は、違うのを買ってきた。
スジャータ豆乳
 安さだけで選んでしまったけど……。
「スジャータ」ブランド。スジャータって、あのコーヒーに入れるミルクのスジャータか!?

 で、飲んだ印象……。
 普通の成分調整豆乳よりさらに飲みやすいのは確かだが、豆乳っぽくない。
 不味くはない。豆乳よりは飲みやすいが——もちろん好みはあるだろうけど、そもそも牛乳や豆乳って好みがはっきり分かれるもんな——くどうようだが、豆乳の味ではないんだな。

 うまく言えないけど、しいていえば……スジャータっぽいのかな。


VガンダムがMG化

 Vガンダム(ヴィクトリーガンダム)、待望のMG化。
 詳しくは、ガンプラ秘密工場(仮)のこちらの記事でホビーショウのレポートが。
 Ver.Kaって事で、劇中の作画とは印象が異なる、わりとドッシリとしたデザイン。んでも、この太い脚は好みだな。
 つーか、そもそもヴィクトリーガンダムはカトキハジメさんがデザインを手がけて、その設定画では、脚がかなり太くて、ごつい印象だったのに、そのままでアニメ本編に登場しなかったのが残念だったような記憶がある。
 12月発売予定か。今年の年越しガンプラは、これに決まりかな。


映画「ヤッターマン」を観た

 実写版ヤッターマンを観て来た。(公式サイトはこちら
 大まかに言うと、前半は原作に忠実に、後半はオリジナルストーリーが濃くなるような流れで、途中で違和感を感じるが、嫌味はないかな。
 櫻井翔さんのヤッターマン1号と、生瀬勝久さんのボヤッキーは、前評判通り原作そっくりで良かったが、深田恭子さんのドロンジョも意外と頑張ってたな。あの甲高い喋り方なんか、よく再現してた。勉強してきたなというのは伝わってきた(ただ、やっぱりドロンジョのプロポーションではなかった(笑))。
 軽い下ネタが満載だが、子供と一緒に観ても問題なし。三池崇史監督の趣味炸裂という感じの、オバカ映画だが、こういうのは好きだ。
 ただ、「実写版」というよりは、「CGアニメ」だよ、これ(笑)。面白かったのでいいけど。

 あ、今回のオリジナルキャラクター・海江田翔子役の岡本杏里さん。俺の好みだわ。今後要チェックだな。


オールドファッション

 ミスド好きなんだけど、最近、ドーナツが小さくなったよね。実質の値上げ。
 オールドファッションとポンデリングが好きなんだが、特にオールドファッションは、見てすぐ判るほどに小さくなってた。
 新商品も、軒並み小さい。フロッキーシューは(あくまでも俺の好みとして)あまり美味しくなかったし。
 悲しいなぁ。


HGUCザクII改(ザクFZ)仮組み

 待望の……というか、かなり細身だという事前情報を承知でも、間違いなくたくさん買ってしまうであろう、HGUCザクFZ(商品名「ザクII改HG」)。
 とりあえず2個買ってきたので、そのうち1個を仮組み。

HGUCザクFZ
 んー、悪くはないけど、やっぱり手足が細いなぁ。なんだか、1/400のガンコレみたいなプロポーションだ(笑)。
 パーツ分割は意外と旧キットに似ているので(腕と脚は、合わせ目が目立ちまくりの、古くさいモナカ割多用なの)、ニコイチってのも有りかな。きつそうだけど(笑)。

HGUCザクFZ
 腰やフンドシ、ヒザの可動は俺の好みで、「ポケ戦」最終回の「及び腰」とか「ホバー走行(?)」なんかが再現でき、ある意味ではザクらしいザクではある。
 惜しい!

 ちなみに、ほったらかしのニコイチは、当然、凍結(笑)。


黒川紀章さん、お疲れさま

 建築家黒川紀章さん死去 参院選にも立候補 73歳 (2007.10.12 asahi.com)

 東京・六本木の国立新美術館など「共生の思想」に基づく作品で国際的にも知られた、建築家で文化功労者の黒川紀章(くろかわ・きしょう)さんが12日午前8時42分、心不全のため東京都新宿区の病院で死去した。73歳だった。連絡先は東京都港区赤坂1の12の32、アーク森ビル13階。葬儀は親族のみで行う。妻は俳優の若尾文子さん。9日から入院していた。

 黒川紀章さんの突然の訃報。
 近年は都知事選挙や国政選挙へ立候補して、増してやその選挙活動の手法により、変人扱いされる面もあったが、氏は決してそんな変人ではない、と思う。
 正直いって、建築家としての黒川氏はあまり好きではない。でもそれは、俺としては他の建築家の作品の方が好みに合うというだけであり、黒川氏が世界有数の偉大な建築家のひとりである事には違いない。そして、もちろん、同じ業界の大先輩としては、素直に敬意を表していた。
 ご冥福をお祈りします。


「仮面ライダー電王(第1話)」を見た

 テレビ朝日「仮面ライダー電王」公式サイト

 まず「電王」って名前、どこかで聞いたことがあるなぁ、と思っていたんだが、あれだ!「特命係長・只野仁」の只野が勤める広告代理店「電王堂」とのリンクネタですか?(笑)
 あと、デンライナーのオーナー役に石丸謙二郎さん。これは「世界の車窓から」とのリンクネタですか?(笑)

 前作「仮面ライダーカブト」が、「史上最強の仮面ライダー」という触れ込みだったのに対して、今回の電王は「史上最弱の仮面ライダー」だそうだ。なるほど、今回の主人公は、最初から最後まで、頼りなさ炸裂。悪魔だか異星人だか侵略者だかわからんけど、なんか変なのに憑依(?)されちゃう。電王に変身するのも、その魔物を封じ込めているのを解除した結果という他力本願さ。
 しかし、面白そうな話だわ。
 ヒロイン・ハナは、線が細くて、ちょっと俺の好みではないなぁ。主人公の姉も微妙だし。

 謎のいくつかが解明されないまま終わってしまったカブトより単純なストーリーっぽくて、楽しめそう。とりあえず毎週録画してHDDには保存しておこう。


買ってみる価値はありますぜ!

 ハイコンプロ34のギラ・ドーガを購入。
(先週買ったんだけど、Macが不調だったので、記事は保留してた)

 なんとかS字立ちっぽいポーズができるようになったね。うむ。
 シリーズ34個目ともなると、さすがに良く動くし、プロポーションもいい。
20061128-hcmp-ams-119-2.jpg
 劇中の精悍なプロポーションを再現していて、好みだな。
20061128-hcmp-ams-119-3.jpg
 ハイコンプロといえど、ガンプラの一種。歴としたイジェクションキット(組立ては武器類だけだが)。
 個体差なのかもしれないけど、俺が買ったのは、ゲート跡がやたら目立つ。初心者が素組したガンプラみたいで、ゲート処理せずランナーから一気にパーツ接近をもぎ取ったかのような醜いゲート跡も2ヶ所あった。
 ちゃと組立ててくれよな、「ハイ・コンプリート・モデル・プログレッシブ」なんだからさ。

 でも、相対的には良い商品。70点というところかな。ゲート跡を自分で修正する覚悟があるなら、オススメできる。

HCM-Pro34 ギラ・ドーガ HCM-Pro34 ギラ・ドーガ

バンダイ 2006-11-25
売り上げランキング : 157
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


映画「フラガール」を観た

 映画「フラガール」
 観たい観たいとおもいつつ、今日やっと劇場に行ってきた。

 ストーリーは、単純明解。もう、ネタバレする要素なんか皆無なんじゃないかと思われるくらい、単純。
 テレビや雑誌での前宣伝を見聞きしている人は、あれがほぼ全てだと思って間違いなし。
 しかし! その単純明解さゆえに、引き込まれる作品かな。

 フラガールの炭坑娘はもちろん、東京から呼ばれた元SKDの先生も師匠として更には人間的にも成長していく過程が、うまく描かれていた。
 松雪泰子さんは、あまり好みの女優さんじゃないんだけど(笑)、今回の役柄はピッタリだったな。こういう役はハマるね。
 蒼井優さんは、あまり知らない(今まで注視したことなかった)んだけど、上手いね。
 最初は悪役か?とも思われた岸部一徳さんが、頼りない面と芯のある面を持ち合わせた普通の優しいおじさんだったのが、嬉しかった。
 豊川悦司さんは、言うまでもなく上手い。今回は脇役だったけど、存在感あるよね。っつーか、40年前にあんな長髪パーマの炭坑夫はいねーだろ(笑)。

 ちょうど俺が生まれた頃のお話で「40年前」ってのを実感できる(?)ってのもあるけど、腰痛も気にならず2時間ちょっと、夢中で観れるほど面白かった。
 俺、映画では泣かないんだけど、これはやばかったなぁ。泣きそうになる場面が何度もあったよ。

「1〜2年に一度、定期的に観たい映画」がひとつ増えた。

 ねこぱんち!
映画『フラガール』公式ブログ:フラガール、興収10億円突破しました!!