合格通知

 昨日8月23日は、二級建築士試験「学科の試験」(7月3日実施)の合格発表だった。
 公表開始の朝9時半。合格発表が掲載されているサイトへアクセスしたよ。俺の受験番号がちゃんとあった!
 まぁ、資格学校の即日解答速報では余裕の合格予想が出ていたんだけれども、やはり正式の合格発表があるまでは少なからず不安はあったわけだ。答案マークシートの(名前の)フリガナ欄を記入し忘れたしね(笑)。
 そして、帰宅したら、合格通知も届いていた。
合格通知
 これで心置きなく、二次の設計製図試験に没頭できる。いや、もちろん学科試験が終わった直後から製図の講義も受けているし、平日も毎日宿題や独自練習に勤しんでいるけれどもね。

 現時点では、なんとか合計4時間程度(エスキス60分、平面図80分、矩計図40分、伏図30分、立面図15分、仕上げ15分)で課題の設計条件を満たす、最低限の図面ができるようにはなった。これでは見直しの余裕があまりないし、難しくてエスキスに手間取ったらアウトなので、作図をもう少し早くしたい。

 あとは、9月11日の製図試験に向けて、ひたすら描くのみだな!


一次試験終了!

 国家資格の学科試験が終わった。
 大昔に2度、そして去年も受けているので、今年は都合4回目。昨年は惨敗だった。

 昨年もそれなりに一生懸命だったんだけど、独学の限界を感じて、今年は資格学校に通学して、昨年にも増して勉強したよ。
 で、今年。手応えはあった。合格の自信もかなりある。でもね、ひとつの科目がスゲー難しかったよ。この試験は、各科目25問が4科目、全て五肢択一式なんだけど、いわゆる「過去問」でまったく見た事がない選択肢がたくさんあった。しかもそれが俺の苦手な科目だったから、「ギリギリ合格だな」って予想してた。

 試験を終えて、その足で資格学校へ行って、解答速報に照らして合否予想をもらう。
 ちなみに、問題冊子には計算などを書き込んでいい。試験終了まで在席していたら、それを持ち帰れる。なので、自分の選んだ選択肢に○をつけたりしておくわけね。資格学校も、社員かアルバイトなんかを受験させて問題冊子を持ち帰ったりしてるんかね。それともすぐに問題は公表されるんだっけ?
 閑話休題。解答速報。その結果は、予想以上の得点だったわ。

合否予想

 正解率によって補正されることもあるが、例年の合格ラインは、各科目13点以上かつ合計で60点以上。余裕じゃん!(笑)
 五肢のうち三つは消して、残り二択までにはできて悩んだ問題も意外と合ってるのがあった。ってことで、まぐれ当りもあるんだけども、正解は正解だよね(笑)。

 次は、9月の実技試験へ向けて、引き続き、通学する。学科よりもっと大変なんだよな。
 ともかく、やるぞ。


乾電池ケース

 収納の奥から、発掘した。
 古のPDA(笑)Newton MessagePad のバッテリーケース。

バッテリーケース

 Newtonのバッテリーは単三乾電池大のセルを4個くっつけた形状で、このバッテリーケースも単三乾電池4本が丁度入る。
 再利用するか。単三エネループを入れて携帯しよう。
 現在も4本入りケースを使っているが、これで合計8本携帯できる。


今日は自転車

 今日は祭日だけど、ウォーキングはしなかった。無理をせず週末だけにしとく。
 でも、天気が良かったので、午後に自転車で少し走り回ってきたよ。
 家から2キロくらいの所にあるホームセンターに買物に行く時、遠回りして20分くらいかけて6キロ。買物の後、帰りは5キロを15分くらいで。往復とも、iPhoneアプリでの計測では平均時速18キロ。
 合計約11キロを都合35分。橋も渡らず平地ばかりだたっけど、重量18キロのギアなしシティサイクルでもこの程度はいけるのか。本当か?
 家から勤務地まで、MapFanのルート検索で約10キロなんだよね。その行程を平均時速18キロで走り続けられるとは思わないけど、今の事自転車でも1時間くらいで通勤可能なのかな!?
 まじに、クロスバイクが欲しくなってきたぞ(笑)。


ザクマニア30周年記念モデル

 タイトルは、別にザクマニア歴30周年という訳ではないけど。いや、俺はザクマニア歴30周年だけどな(笑)。いやいや、そういう事じゃなくて……(しつこい!)

 はかったな、シャア!! 「ザクマニア」にガンダム30周年記念モデルが追加(2009.10.17 マイコミジャーナル)

ハピネットは、ガンダム30周年を記念したスペシャルバージョンとして限定生産される「ザクマニア30th限定版〜はかったな、シャア!!〜」を2009年11月6日より全国のセブン-イレブン(一部店舗除く)で先行販売する。価格は1,260円。一般販売は11月20日からの予定となっている。

 一般販売は11/20からだって。アマゾンで予約しちゃったよ。
 3月に発売された第1弾「ジオンの脅威編」と第2弾「ランバ・ラル特攻!」も発売当初に買って持ってるんだけどね(笑)。
 ザクは幾つあっても良いし。
 3セットで合計45体のザクに! 楽しみだな。


皮算用

 iPhone 3G Sが登場。日本でも6月26日から発売とソフトバンクから発表された。
 新型もiPhone for everybodyキャンペーンが適用され、本体価格とパケット定額料の割引がされる。新規契約では割引適用後の本体価格(実質負担額)は2年しばりで、16GBが480円/月、32GBが960円/月。安いよねぇ。
 去年7月に8GBを機種変更で購入したんだけど、今、割賦金3180円-月月割1639円=1541円/月を払っている。4月にiPhone for everybodyキャンペーンに申込んだので、5月分からパケット定額が1500円安くなったのが救いだな。
 今32GBに機種変更したら、単純に考えて1639円の割引がなくなって960円の割賦払いが増えるという事で、合計2599円の負担増かな。でもまだ機種変更価格は発表されていない。新機種の機種変更って新規契約よりかなり高いんだよな。
 悩ましいやね。

 とりあえず17日から無料ダウンロードできる iPhone OS3.0でバージョンアップ適用するのが楽しみ。
 コピー&ペーストと、Spotlight検索が追加されるのが嬉しい。


粗大ゴミを処分する

 粗大ゴミ。東京都23区の場合は、有料で区が収集してくれる。粗大ゴミ受付センターに申込んで、その料金分のシールを近所のコンビニやスーパーで購入して貼付けて、収集予約した日に家の前などに出しておく。
 壊れたプリンター複数、湯沸し器、ガスコンロ、結婚間もない頃使っていた食器棚、その他いままで庭の隅や物置に散々放置したままだったので、その粗大ゴミの数30個。料金合計は300円券43枚で12900円。まぁ、民間業者に依頼するよりは格安だろうね。
粗大ゴミ券
 インターネットでは1回につき10個までしか収集申込できないので、10個、10個、7個、3個の4回に分けて予約。


iPhone OS2.1でのバッテリー持続時間

 iPhone2.1ソフトウェアアップデート(iPhone OS2.1)を適用してから、もうすぐ丸1日経過。日本語変換や3G電波受信状況などが大幅に改善され、実に 快適だが、ほかに「バッテリー寿命の劇的な向上」も気になるところ。
 しかし、iPhoneって、元々、スマートフォンとしてはバッテリーの持ちは良い方だと思ってたけどね。

 2.1にアップデート後、充電完了させて以後、最初の20時間で、こんな感じ。
iPhone2.1時族時間
 約20時間半のうち、音楽を聴いたのが2時間、Big Canvas PhotShare で巡回・投稿したりが20分、SafariでのWebブラウズが30分。他にメールやらカレンダーやらをちょこちょこと。それら合計の使用時間が、たぶん、約4時間半だ。
 ここまでで、バッテリー残量表示が半分弱。細かくは分からないけど45%くらいなのかな?
 平日の、内勤の日だと、満充電で朝出かけて夜帰宅した時に、だいたい、使用時間3時間前後で、バッテリー表示は赤。しかも、その3時間のうち2時間強は音楽を聴いているだけで。途中でMacとの同期が必要になり5分弱だけUSB接続してしまったが、それにしても、持続時間は向上しているっぽい。
 てっことで、バッテリー持続時間の向上は、実感できるような気がする。まだアップデート後初回だし、休日と平日とで使用ルーチンも違うので、「実感できる」とは言えないし、たぶん永久に断言はできないだろうけど(笑)、いい感じではある。


ソフトバンクが iPhone の料金を発表

 iPhone 3G向けサービスの詳細について (2008.06.23 ソフトバンクモバイル プレスリリース)

 ソフトバンクから、iPhone(アイフォーン)の価格と料金プランが発表された。
 端末価格は、新規契約の2年しばり分割払いの実質負担額で、8GBが23,040円、16GBが34,560円。
 料金プランは、iPhone専用のホワイトプランにパケット定額フル(加入必須)とS!ベーシック基本料(加入必須)の合計で月額7280円。
 いやぁ、端末価格も月額料金も、かなり頑張ってくれた設定じゃね?
 機種変更だとちょっと高くなるんだろうけど、それの値段も気になるなぁ。2年分割じゃなく一括払いにしてヨド●シカメラで購入しようかしら。そうすればポイント還元もあるし。

 しかし、携帯電話番号で送受信できなくなるのとメールアドレスが変わってしまうのは仕方ないにしても、ソフトバンク同士メール送信無料の対象外だとはなぁ。
 あと、USIMカードがiPhone独自のになるので、機種変更(3Gケータイは実質買い増し)後に従来機種に差し替えて併用ってのができなくなるみたいだ。悩ましいやね。


Mail.appを高速化

  過去、Eudora(ユードラ)や++Mail(ぷらぷらメール)やら、いろいろなメールクライアントソフトを使ってきたが、Mac OSXになってからは、ずっと、アップル純正のMailを使っている。
  Spotlight検索の仕組みを応用した「スマートメールボックス」機能が、かつて惚れ込んだぷらぷらメールの「抽出」機能同等で、使い勝手も良好。
  もちろんSpotlight検索でも各受信メールも見つけ出してくれるし。
  メールデータは過去のものを引き継いで読込んでいるので、一番古いのは1994年に受信したもので、(スパムは論外として)基本的には不快なメール以外は宣伝だろうがメールマガジンだろうが、自分がケータイから自分宛に送った忘備用件だろうが、そのまま残してある。Spotlightで探すと、意外と有用な過去ネタを拾えることもあるんだよ。
  しかし、送受信メール合計4万件強になってるから、処理が重たい。
  どうにかならないものかと探してたら、SpeedMailってソフトを見つけた。
  詳しい仕組みはよくわからないけど、紹介してるサイトを参照すると、なんか、Mail.appのデータベースのガベッジコレクションを行うコマンドを実行するUIなんだって。同じことをターミナルからも実行できるらしい。要するに、メールのデータに貯まった体脂肪を除去して動きをスムーズにしましょうってなもんだと理解した俺。
  で、SpeedMailを実行した結果。かなり動作が速くなったのよ。びっくりするくらい。各人のメール蓄積環境にもよるのだろうけど、純正のMail.appを使っているMacユーザは多いと思う。時々SpeedMailを実行するのもいいかもと思うよ。