アキハバラデパート閉店

 さらばアキバデパート (2006.12.26 YOMIURI ONLINE)

 JR秋葉原駅と接続しており、電気製品以外の様々な商品を扱う店が入る「アキハバラデパート」が今年いっぱいで閉店する。デパートの運営会社が全面刷新を検討しているためで、秋葉原の名物の一つとして訪れる人を迎えてきた「実演販売」コーナーも姿を消すことになる。同デパートには連日、閉店を惜しむファンや常連客が詰めかけている。

 既に数年前に閉店は決定されていたんだけど、ついにこの時が来てしまった。

 子供のころ、交通博物館に連れていってもらった時には、まず午前中に神田明神にお参りをしてから、アキハバラデパートで昼食、その後、メインに交通博物館という流れだった。交通博物館も今年の5月に閉館したしなぁ。
 高校生の頃は、秋葉原は通学の乗換え駅だったので、放課後にちょくちょく立ち寄った。その頃(25年近く前)にすでに「百円均一専門商店」が存在していて、小遣いの少ない俺らはとても便利に利用させてもらった。
 もちろん、現在でも、嫁さんや子供と一緒に秋葉原にでかけると、あの電気街口周辺に堂々を存在するアキハバラデパートは、アキバの象徴だという認識でいた。

 闇市〜電気街〜パソコンタウン〜オタクの街……と変貌してきた秋葉原、最近では飲食店も多くなったし、マンションなどの居住区も増えた。
 なんらかの泥臭いマニアックな街のままで存続して欲しいけど、今後はどうなるんだろう。


日本のおばあちゃん (BlogPet)

きょうびといんで、作品お祈りしないです。
ここまでびといんはお祈りしたかったの♪

神田川夜景神田川。
昌平橋から万世橋方面を撮影。
右のライトアップされているのは中央線のの高架で、下は交通博物館になっている。
うまく写っていないかも知れないけど、最近、灯りが赤っぽくなったような気がする。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「晋作」が書きました。


神田川夜景

20051208201805

神田川夜景

 神田川。昌平橋から万世橋方面を撮影。
 右のライトアップされているのは中央線のの高架で、下は交通博物館になっている。
 うまく写っていないかも知れないけど、最近、灯りが赤っぽくなったような気がする。


気分はヒビキさん

 嫁さんと、秋葉原へ買い物にいった。
 注文した商品のセットアップに30分程度時間がかかるというので、その間お茶でも飲んで待つか、ということになった。
 で、交通博物館の裏手にある、甘味屋「竹むら」に行く。
 昭和初期のままの建物で、東京都から保護指定を受けている。
 入り口を通る時に、「おやっさん、いる?」とか言いそうになった。
 気分はヒビキさんな俺。
(この店は、よくドラマにも登場してて、最近では「仮面ライダー響鬼」で、柴又の団子屋「たちばな」としてロケに使われている)

 ちょっと高級な甘味屋さん。でも、気兼ねなく入れる雰囲気は、さすが下町。ここから歩いて数分のところには、銭形の親分がいたしな(謎)。
 席につくなり、
「あの階段の途中に忍び返しがあるんだよな」
「おやっさんはいないの?」
「厨房の奥から、猛士事務局へいけるんだよ」
 などと、怪しい会話をかわす、我ら夫婦。

 やっぱり、事務局への入り口は極秘らしいね。発見できなかった(笑)。

 あ!
 俺は「田舎しるこ」、嫁さんは「粟ぜんざい」を注文した。
 しつこい甘さじゃなく、美味しかった。
 子供たちへの土産に、「揚げまんじゅう」も買った。
 まんじゅうの天ぷらって感じなんだけど、これも絶品。


スーに逢いに行く(国立科学博物館・恐竜博2005)

 昼間のモブログのとおり、開催前から行きたくてしょうがなかった、国立科学博物館(科博)恐竜博2005を、家族で見てきた。
 天気も良かったし、凄く込んでいて入場制限がかかり、チケット購入列に30分、その後入場列に10分並んだ。
 家族連れが多かったけど、客の年代は様々だったね。やっぱり恐竜は人気があるな。
「恐竜から鳥への進化」がテーマ。そのとおり、近年支持されている「恐竜は絶滅したのではなく、鳥へ進化して現代に続いている」という説に沿って、その進化の過程を追うような形で化石や模型が展示されている。
 そして、今年のメイン。世界でもっとも有名な恐竜、ティラノサウルスの「スー」の複製全身骨格。さすがに大きい。1ショットには納まらなかったので、2枚をパノラマ合成。
 数日前まで、てっきり本物が来日するのかと思っていたが、本物はアメリカのフィールド博物館から門外不出らしい。
 でも、複製とはいえ、すごい迫力。これだけの物(の全身の90%以上)が発掘され、フィールド博物館には実在するんだと思うと、感慨深い。
 記念グッズをいろいろと購入。公式カタログと、スーの頭がい骨ピンズ。そしてもちろん、海洋堂製のスーのフィギュア。復元模型と骨格模型。海洋堂は、やっぱりいい仕事してるね。
 その後、常設展示へ。科博は今、本館を改修工事中で、常設展示は新館のみと告知されていたので、物足りないかなと思っていたが、まぁ、以前よりもだいぶ展示物が増えていた(本館にあった物をいくらか移動してきたのだろう)。
 でも、入っていきなり、クジラの腸に住む寄生虫だとか、牛の内蔵だとかの模型があって、気色わるかった(笑)。
 途中で、こんなのもあったので、くろおびさんへ写メールを送る。
 いやぁ、楽しかったな。
 今後、7/3までの科博の後、名古屋・大阪・北九州と巡回するそうなので、機会があったらぜひ見て欲しい。オススメだよぉ。


無料博物館/荒川知水資料館

 全国には無料で楽しめる公営などの博物館が多数ある。
 我が東京都内にあるそれらで、俺が見学済みの施設を、(独断と偏見に満ちた内容で)紹介していくシリーズ。

 荒川知水資料館(北区志茂)

 東京メトロ南北線赤羽岩淵駅から徒歩10分、JR赤羽駅から徒歩20分と、ちょっと歩くと、荒川に出る。
 その荒川と隅田川の分流点、国土交通省荒川下流河川事務所の隣接地にあり、同事務所と北区が協同で管理運営しているのが、ここ知水資料館。
「ちすいしりょうかん」と読むが、河川事務所が管理しているからといって「治水〜」ではない。
 多くの人に荒川の事を知ってもらおう、という目的で命名された。

 いつもの見学レポートでは、職業柄、建物外観の感想から入るのだが、訳あって今回はやらない(笑)。

 ここでは、荒川(特に下流部)についての歴史や生物等、環境教育や総合学習に役立つ展示や資料が多数あり、荒川に関する書籍も閲覧することができる。
 土日には、子供のためのワークショップ(有料)も開催されているので、小学校の自由研究題材を得るには良いと思う。
 最近はすっかり景観に馴染み、自然の川だと思っている人も多いだろうが、この資料館を一通り巡ると、荒川下流部は、かつては荒川放水路と呼ばれた人工河川であることを改めて認識させられる。
 また、大人的な見方・言い方をすれば(笑)、この放水路掘削を主とする水害対策工事の統括を務めた、青山 士(あおやま・あきら=荒川下流河川事務所初代所長)の功績にも感動を覚える。

 この知水資料館には、個人的な思い入れがある。建築工事に少し関係しているのだ。。
 なので建物の仕様への批評は他の方に任せるという訳だ(笑)。

 ともかく、目の前には荒川が流れる。放水路の歴史の中で重要項目である、旧岩淵水門(赤水門)周辺は、散策歩道として整備されている。
 晴れた日に、ここからのんびりと川沿いを歩いて下るのもいい。
 1時間も歩けば、金八先生の舞台となり、ロケ地になった、見慣れた?風景も、たくさんあるよ。

 関連リンク
 ARA 荒川下流河川事務所公式サイト


無料博物館/北区地震の科学館

 全国には無料で楽しめる公営などの博物館が多数ある。
 我が東京都内にあるそれらで、俺が見学済みの施設を、今後少しずつ順番に、(独断と偏見に満ちた内容で)紹介していく。
 今回は、そのシリーズ第1弾。最近見学した中では、断トツの怪しさを感じたこちら(笑)。

 北区防災センター 地震の科学館(北区西ヶ原)

 ここを訪れて、建物を見た時の我ら家族の第一声は、「怪しい」「地味っぽい」「しょぼい」……
 昭和59年開館という、ちょっと古めの建物外観は冗談ではなくしょぼくて、且つ、なんとなく怪しい雰囲気を感じる。
 例えるなら、黒十字軍の秘密研究所風(キレンジャーかモモレンジャーあたりが、捜索中に迷い込むアレだ…って、わかんねーよ(笑))。それなりに味があるといえなくもない(笑)。
 上記の公式サイト上の写真は、多分新築当時の綺麗な状態(笑)。
 展示室は、薄暗い。博物館の類は、展示室が低照度な所も多いが、それとは微妙に意味が違う。外観の怪しさとマッチしているとでも言えば、少しは伝わるだろうか。
 展示物は、見ごたえ有り、とまではいかないものの、そこそこ楽しめる。ただし、古くさい(笑)。
 しかし! ここのメインは、それではない。地震体験ルーム(起震機)だ。
 これも、一見するとテレビのお茶の間コントのセットのようで、しょぼいが、実はコンピュータ制御により、プリセットされた過去の大地震の揺れを再現できるというすぐれ物。関東大震災、阪神淡路大震災等、有名な地震を体験できる。
 なめてかかると、ひどい目に合う。マジに怖い。
 おじさんの説明も、楽しくて勉強になる。
 地震体験の後、「煙もやってくかい?」というおじさんの誘いも、またまた怪しかった。これは避難路の煙妨害の体験の事だが。

 この施設、くどいようだが、全体的に微妙な怪しさで覆われているが、決して悪くはない。
 一度は行ってみる価値はある。二度目となると、考えるけど(笑)。
 近所には、旧古河庭園飛鳥山公園があるので(その途中に地震の科学館がある)、セットで散策コースに組んでもいい。

(2003年10月見学)


2004/01/17

「詩蘭堂」の一行詩を更新。

 トップページの写真差し替え。江戸東京博物館の、日本橋町人街模型の一部。
 トリミングが難しいね。もっとパノラマで撮影しておけばよかった。


2003/03/09

京都旅行二日目。京都は午前中ずっと雪が降ったり止んだりだった。
旅館を出る時、「今日は雪が降って寒いから」と、使い捨てカイロを10個くらいくれた。ひじょうに嬉しかった。「はんなりとしたおもてなし」というキャッチフレーズだったが、あたたかい雰囲気の、良い宿だった。今まで何度かヤフーで宿をオンライン申込みした事があるが、どこもハズレはない。
で、今日の見学計画。まず四条河原町にあるブリキのおもちゃ館へ行くことにする。
が、近所まで行くが見つからないので電話で確認したら今日は休みらしい。残念。
しかし、駅まで戻る途中で発見…発見したが、店構えが期待していた物とかなり違う。どう見ても、町のおもちゃ屋の2階に店主のコレクションを陳列しているだけという感じ。看板は「博物館」だったけど(笑)。
休みなので実際に中に入ったわけじゃないので未確認。
雪が降っていたが、京都らしい所へ行こうということで、清水寺へ。
天気が悪いのに、結構観光客が多い。さすが、清水寺。
菩薩様の胎内めぐりに、初めて入る。中は真っ暗だが、子供たちも大喜び。こういうの、喜ぶよね、子供は。
本堂の舞台からの眺めは、雪くめっていたけど、それはそれで風情があった(と思い込むようにする)。

帰りに秋葉原で地下鉄に乗り換える前に、家族の了解を得て、ソフマップに寄り、スタイラスペンを購入。
3本セットで1479円。高い。それに3本もいらないし。旅の帰りで疲れていて面倒くさかったし、たまったポイントで買えるのでと思い、レジへ。
もう無くさないようにしよう。


2003/02/09

昨日の事を追記。
交通博物館での「寝台特急スペーシアは電車ではない!」という説明で、「電車」の定義を初めて知った。少しショック(笑)。さすがに蒸気機関車やディーゼル機関車を電車とは言わないと判っていたが、「電動機付客車」の略が電車だったとはねー。誤解してた人、結構多いと思う。
客車に動力がなくて機関車に引かれているだけのスペーシアのようなのは、電車じゃないのね。電気機関車……変だな、列車と言えば良いのか(笑)。
ひとつ話のネタが増えた。有意義な日だ。