バスタブ電池、1日目。

 Pocket WiFi用大容量バッテリー、通称「バスタブ電池」の使用1日目。
 結論、というか、現時点ではまだ初回残量を消費しきっていない。標準バッテリーが空になる程度の使用はしたはずだが、全然残っているというのが凄い。

 前にも書いたが、設定は、WiFiは常時オン、3Gは無通信5分経過で自動オフになるようにしている。これで、iPhone/iPadからはすぐにWiFiに繋がるし、ネット接続要求の都度——数秒のブランクはあるが——3G接続もオンになるので、iPhoneの「モバイルデータ通信」をオンにしている(普通にiPhone用のパケット通信が出来る環境)とほとんど変わらず、使い勝手は良好だ。
 昨日、購入初回のフル充電を行い、今日一日、フル充電の状態から持ち歩いた。しかし、都合により昼前くらいに電源を入れたので、8時間くらいしか使っていない。その間、ちょこちょことメール確認やらして、帰宅後管理情報を参照すると(3G回線への)接続時間は計2時間15分。
 標準バッテリーだと、こんなにもたない。2時間程度3Gアクセスしてると、待ち受け含めて6時間程度持てばいいほう。
 しかし!この状態でまだバッテリー残量表示は3/4だよ。
 まだ初回放電処理なので、不安定だろうけど、これは期待できるね。俺の使い方だと平日は3日くらい持つんじゃね?

 初回放電ということで、途中充電はしたくないので、帰宅時、前述の8時間使用の時点でPocket WiFiの電源は切った。明日、引き続き持ち歩いて使う。
 今日明日は内勤なので、あまりいじれないのでバッテリーの持ちが良いのかもしれない。週末に遊びに携行した場合のレポートは、国家試験受験の都合でもう少し先になりそうだけど、充電オタクとしては、しっかりと確認したいと思う。


内藤大助選手、4度目の防衛

 WBC世界フライ級タイトルマッチ。4度目の防衛戦を制した内藤大助選手はもちろん、山口真吾選手もなかなか強かったなぁ。これで15位って事は、上位だともっと強いってことか。
 内藤さんは、いつも謙虚で、常に「自分は弱い。ファンの応援があるから辛い練習にも耐えられるし、お客さんの声援のおかげで勝てる」と言うような事を言う。
 確かに、ずば抜けた才能がある選手とは思えないし、戦い方も、一歩間違えばやばい穴がいくつもあるように思う。いつも安心して見てはいられないんだよね。それでも勝つ。そして、終わった後には、前述のような控えめなコメントをする。その辺は、人気あるんだろうね。
 面白い試合だった。

 それにしても、テレビを見ていて、観客席の白鵬関に目がいってしまい、どうしようもなかった。なんか画面の中央のいい位置に居るんだよね。そうじゃなくても、おすもうさんの存在感って凄いのに、なんか目立ち過ぎ(笑)。


iPhone2.1ソフトウェアアップデート

 いつものように、iPhoneのバックアップ&同期をとろうと、MacにつなぎiTunesを起動。すると、iPhone2.1ソフトウェアアップデートがあるとのダイアログが。おぉ。12日リリースと予告されていたので、日本では13日だと思ってたよ。

 今回の修正・改善内容は、次の通りだと。

・ 通話発信時のエラーと通話中のエラーによる回線切断の発生頻度の減少
・ ほとんどのユーザを対象としたバッテリー寿命の劇的な向上
・ iTunesへのバックアップの所要時間の劇的な減少
・ メールの信頼性の向上(特にPOPおよびExchangeアカウントのメールフェッチ時)
・ 他社製アプリケーションのインストールの速度向上
・ 他社製アプリケーションが多数インストールされている場合にハングおよびクラッシュを生じる問題の修正
・ SMSのパフォーマンスの向上
・ アドレスデータの読み込みおよび検索速度の向上
・ 3G信号強度表示の正確性の向上
・ バッテリー寿命の劇的な向上
・ SMS着信時の警告音繰り返し機能(2回まで追加可能)
・ パスコード入力に10回失敗後のデータ消去オプション
・ Geniusプレイリスト作成機能

 予想以上に凄そうだぞ。

 で、ダウンロードとアップデート、iPhoneの再起動まで15分くらいかかって、無事終了。
iPhone2.1
iPhone2.1
「設定>情報」欄に「キャリア」っていう項目が増えている。モデムファームウェアも更新されてるね。
 前述の公式な改善内容には書かれていないんだけど、日本語入力が大幅に改善されているらしい。
iPhone連文節変換搭載
 おぉ! 連文節変換が搭載された! 速度も大幅に向上してて、やっと「普通のケータイ程度の文字入力」になった感じ。でも、今までもリセットすればその後しばらくは速くなってたので、まだ油断はできないけどな。
 それと、期待しているのは、バッテリー持続時間の向上。何しろ、前述の公式改善内容にも2度も書かれているくらいだから、よっぽどバッテリー寿命が伸びたのだろう(苦笑)。イヤミはともかく、どのくらいのもんだか、楽しみだ。

 従来のケータイは、たまにバグ修正処置がされたくらいだったが、ソフトウェアアップデートにより、不具合修正はもちろん、機能進化するiPhone。いいわ。


無音アラーム@iPhone3G

 もっと早く気付けば良かった。
 iPhoneのアラーム機能。これ、サイレントモードにしていても音が鳴ってしまう。設定音を「なし」にすると、音は鳴らないが、バイブレーションも動作しない。
 サイレントモードにしている時にはアラーム音は鳴らずにバイブレーションだけにして欲しいのだが。
 どうやら「アラームとはそういうものだ」という、これが仕様らしい。

 んでもなぁ、営業でよく電車に乗るんだけども、それで座れた時には、目的地到着時刻に合わせてケータイにアラームをセットして眠るってのがある。電車内で「レッドショルダーマーチ」が流れるのは、やっぱり迷惑だし、恥ずかしいぜ。
 前述のiPhoneの仕様上しょうがないことだけど、必要なのでってことで、「無音」着信音を作成。
 GarageBandで新規トラックに何も入力せずに8秒間ループ設定。それをiTunesに着信音として書出し。これだけ。実際には音は何もないけど、iPhoneから見たら、立派な「着信音」のひとつ。これを、アラームのサウンドに設定、バイブレーションをオンにすれば「音はならずバイブレーションだけ」のアラームになる。

 しかし、ググってみたら、すでにたくさんの人が実践してるんだね(笑)。


マクロスF(第12話)を観た

 アバンタイトルで、まず聞こえてきたのがゼントラーディ語。そして、画面にはブリタイっぽい人とエキセドルっぽい人の姿。もちろん日本語訳(笑)の字幕が。
 うわぁ。もうやられたって感じ。
 まぁ、ブリタイっぽい人の顔は予告でチラっと出てきたので、その時点で気になってはいたが。

 ガリア4に駐留する第33海兵部隊は、ゼントラ人主体の構成で、その中の一部が暴動を起こしているので、シェリルに慰問要請が。シェリルが体調不良で歌えず、代わりにランカが(勝手に)駆けつけてピンチを救う……ってのまでは予想ついたけど、ラストシーンで、ガリア4の渓谷地帯に佇む初代マクロス艦の姿が。
 なんか、凄い展開になってきたな。

 それにしても33海兵隊のメンツ、もろにゼントラ! 前述のとおり指揮官オゴタイはブリタイっぽいし、副官(名称不明)はエキセドルっぽい。あと、暴動のリーダー・テムジンはカムジンっぽい。もしかして、それぞれの子孫かクローン?
(余談だが、オゴタイって、チンギス・ハーンの子供の名前だよね。あと、ランカの所属事務所社長の名前がエルモ・クリダニク。この人、耳がとがってるのでゼントラ? ブリタイ・クリダニクと同じ姓(?)なのは意味無し?)
 副官の頭がエキセドルみたいに大きくなく、ほぼ人並みなのは、まだ若くて記録(記憶)情報が少ないからか、約50年前に文化を取り戻して以来ゼントラも記録参謀の脳以外の記憶装置を使うようになったかのどちらかなんだろうなぁ。芸が細かいね。

 あと、シェリルのマネージャー。ちょっと前から、なんか意味ありげだね。

 いやぁ、今回も面白かった!


定期券

 先日、新しい通勤定期券を買った。半年分で5万円弱。
 うむ。なんか、感動するね。この定期券だけで通勤できると思うと。

 今までは、新幹線の定期券3ヶ月分で、給料1ヶ月分くらい。さらに地下鉄定期が、前述金額くらい。通勤手当の上限を突破しているので、年間では、給料1ヶ月分くらいを自費負担してた。
 金銭的負担って、単純に言い表せないような重荷なんだよ。


これが江戸の真実!?

 今、「江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた サムライと庶民365日の真実 」という本を読んでいる。著者は古川愛哲さん。胡散臭いタイトル(笑)が気になり、あえて立読みなどせずに購入した。
 江戸物としては、石川英輔さんの「大江戸神仙伝シリーズ」と「大江戸○○事情」シリーズ」が好きだが、それらとは雰囲気がまるで違う。著者もジャンルも違うので、まぁ当り前だけど。

 帯には「時代劇で見る江戸の町は嘘ばっかり!」と煽り文がある。そんなことは解っているさ、という突っ込みはしないでおくが、タイトルにもなっている「大正時代にねじ曲げられた」という根拠については、ほとんど書かれていないのはダメだろ。でも、なんというか、ちょっとした「裏の部分」みたいな、現代日本人としては眉をひそめるようなエピソードが色々紹介されていて、面白い。
 前述の「大江戸○○事情」シリーズでは、江戸庶民の倹約生活や助け合いなどに焦点を置き描かれているが、同じ事象でも、見かたや解釈によっては対照的になるんだなぁと感じたエピソードもいくつかあって、勉強になったわ。そういう事って、現在の社会生活でもある事だもんね。

 えぐい話もたくさん書かれているので、好き嫌いがはっきり別れる本だろうな。講談社+α新書って、こういう本が多そうだけど(笑)。
 それと、200ページ足らずで800円ってのはちょっと高い。新書となってるけど、体裁はほとんど文庫と変らないじゃん。

江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた サムライと庶民365日の真実 (講談社+α新書 381-1C)
古川 愛哲
4062724790
大江戸神仙伝 (講談社文庫)
石川 英輔
4061831178
大江戸えねるぎー事情 (講談社文庫)
石川 英輔
4061854313


DVDディスクラベルに悩む

 テレビ番組の録画等のためにHDD/DVDレコーダを導入して早数年。保存用にDVD-Rに焼く事も何度となく行ってきたわけだが。
 それのラベル書きについては、いまだの「これだ!」というフォーマットがみつからない。
 DVD-Rに焼く(焼いた)時。90分とか120分とか1作品で1枚消費する場合は問題なし。ドラマやアニメ等の連続物も、サブタイトル欄を設ければ大丈夫。
 書きにくいのは、例えば30分とかの短い単発番組を複数保存したディスクの場合。

 ちなみに俺は、ディスク1枚毎にプラケースに入れるのは、かさばるので嫌いで、不織布ケールに入れている。(スピンドル入りディスク&不織布ケースで買った方が安いというのもあるが)。

 インデックスカードも使わない派なので、ディスクに直接記入することになる。
 プリンタに付属してきた専用ソフトを使って、プリンタブルCD/DVDに印刷できるのだが、前述の複数番組保存の場合は、うまく記述できないのよ。文章ではうまく説明できないけど、たとえば3番組を保存したとする。ディスク面はドーナツ型だから、この各番組の情報を均等にうまくレイアウトできないわけよ。

DVD-Rラベル
 現在は、ディスク面を4分割し、扇状になった各エリアに1番組を記述する方法をとっている。デザインセンスはともかく、現時点ではこれ以上の案は浮かばず。

 見せる物じゃないから手書きでも良いのだが、パソコンで入力した方が早いのよね。フォーマットが決まってる場合は特に。


さっき急に肩の痛みが無くなった

 腰痛と肩痛、さらに一昨日から鎖骨端(頚部)リンパ節が腫れて、苦しんだ一週間。
 腰よりも肩が辛い。激痛で夜中に何度も目が覚めてしまうほどだった。

 それが、つい1時間ほど前、肩の痛みがスーッと消えたのよ。
 四十肩になってかれこれ1ヶ月近くになるので、慢性期に入る時期ではあるらしいのだが、こんなに急激に楽になるのか?
 もちろん油断せず経過を見ていかなければならないだろう。

 前述のように時期的な事なのかもしれないけど、実は昨日と今日で、色々と処置をしてみたのよ。

・遠赤外線で保温する肩サポーターを購入、装着。
・肩全体は温めるが、腫れているリンパ節部のみ冷やす(冷えピタを小さく切って貼る)。
・市販の風邪薬を用法用量どおり飲む(素人判断でステロイド系鎮痛剤がやばいので、その代わりに関節痛を楽にするつもりで)。
・パソコン使用を我慢する。
・湿布を貼る(これは毎日)。
・ツボ「大転子」を刺激する。
・22時に就寝(これは毎日)。
・激痛を感じない程度に腕を回す(これは毎日何回も)。
・酒を飲まない(1週間飲んでいない)。

 いっぺんに色々実行したので、どれが効いたのか(またはどれも効かなかったのか)わからんけど、ともかく、痛みが引いたのは、嬉しい。


時々プログラミング熱が上がるのよ

 昔のMacにはハイパーカードというツールがついていて、簡単なスクリプト言語で、スタックと呼ばれるソフトが作れた。いや、スクリプトをあまり知らなくても、ボタン等のコントローラーやテキスト表示エリアなどの部品を並べて、アクション決められたアクションを埋込めば、意外と体裁を整えてしまえた。
 プログラミングよりもアイデア勝負の面が多く、楽しかった。たくさんのスタックを作ったなぁ。
 それ以前は、MSXでBASIC言語を使い、あれこれ遊んでいたものだ。

 そんなこんなで、市販ソフト又はオンラインのシェアウェアなどを購入したりして使う事がほとんどの昨今だが、ちょっとした自動処理にはAutometerでスクリプトを組んで使ったりしている。昔のDOSでいえばバッチ処理に近い。
 だが、またに、無性にプログラミングしたくなる時がある。いや、俺の技術ではたいしたことはできないが(笑)、とにかく、プログラミングをしたいってのが目的で、何を作りたいというわけではない。

 Macには、前述のAutometerやAppleScriptというスクリプト処理ツールや、Xcodeというプログラミングツールが無料でついている。
 Xcodeは、本格的な統合開発環境で、かつ、ハイパーカードのような簡単な部品組立てツール(InterfaceBuilder)もついている。
 時々起動して遊ぶのだが、俺はObjective-Cなんかよく解らない(笑)。
 ってことで、先日、参考書を買ってみた。

たのしいCocoaプログラミング たのしいCocoaプログラミング
木下誠

ビー・エヌ・エヌ新社 2007-06-26
売り上げランキング : 2396

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 これは、解りやすい。
 さすが、アップルの公式セミナー講師の著書だね。
 これ1冊であらゆる事を習得しようというのは到底無理だが、Cocoaプログラミングに興味があるが初めてという人(プログラミング未経験だけど、やってみたいと思っている人)にとってのの入門には、解りやすくて最適だと思う。
 大判で約350ページもある割には軽いので、学習中に参照しやすいし。