MacBook Pro 購入

 いや、iPadやらエアコンやらを買ってしまったので、今年は買うつもりはなかったんだけどね。
 先日、家族共用にしている初代MacBookが調子悪くなってしまったので、家庭内スライドアップグレードを決行。

 MacBook Pro 13″購入 → 俺のMacBook(Early2008) → 家族共用MacBook(初代) → 売却処分

 予算も厳しいので、MBPとはいっても最下位モデルで、ほとんど白MacBookと変わらないスペックだけど。
 まぁ、光るキーボードは、ちょっと格好良いな。薄暗い所では使わないので、実用性はあまり感じないけども(笑)。

MacBookPro

 データ移行はTimeMachineバックアップから戻そうと思ったんだけど、なんかMBPが有線でも無線でもTimeCapsuleに繋がらないので、今まで使っていたMBに内蔵されているSSDを引っこ抜き、新しいMBPにUSB接続して移行アシスタントを実行して、無事データ移行は完了。

 画面は確かに綺麗なんだけども、今まで使ってたMBよりもずいぶんギトギトして青っぽい。Windowsマシンみたいな色味だよ(笑)。ちなみに、前機でもガンマ値は2.2にしていたので、それのせいではないはず。
 最近のLCDディスプレイって、みんなこんなもんなのかな? 慣れの問題かねぇ。

 ともかく、新しいMacは嬉しいやね。


iPhone割引キャンペーンが延長

 「iPhone for everybodyキャンペーン」の受付期間を9月30日まで延長(2009.05.26 ソフトバンク プレスリリース)

ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)は、2009年2月27日の開始以来ご好評いただいている「iPhone for everybodyキャンペーン」の申し込み受付期間を、2009年9月30日(水)まで延長いたします。

本キャンペーンは、革新的な「iPhone™(アイフォーン) 3G」の購入にかかる実質的なご負担額(注)が8GBモデルの場合は0円に、16GBモデルの場合は480円/月になり、さらに、パケット通信料定額サービスの上限料金が、通常5,985円/月のところ4,410円/月でご利用いただけるものです。

 このキャンペーンが始まったから嫁さんもiPhoneに機種変更したので、好評なのは解るがこの時期にキャンペーン延長か。ってことは、7月発売とも噂されている新型iPhoneも——最初から——everybodyキャンペーンで買えるのか!?
 現行機種の在庫処分が目的なら長くても6月一杯までとかにするだろう。新型iPhoneの発売が10月になるって事も考えられるけど、どうだろ。いずれにしても、このタイミングで割り義気キャンペーンを9月一杯まで延長ってことは、アップルからソフトバンクに新型iPhoneの発売時期の情報が入ったんじゃないかなぁと想像する。

 新型は現行のからメモリ容量倍増らしいから、キャンペーンが適用されるとすれば16GBが実質0円、32GBが実質480円になるのかなぁ。機種変更の場合はどうなるんだろ(買う気満々(笑)>俺)。


粗大ゴミを処分する

 粗大ゴミ。東京都23区の場合は、有料で区が収集してくれる。粗大ゴミ受付センターに申込んで、その料金分のシールを近所のコンビニやスーパーで購入して貼付けて、収集予約した日に家の前などに出しておく。
 壊れたプリンター複数、湯沸し器、ガスコンロ、結婚間もない頃使っていた食器棚、その他いままで庭の隅や物置に散々放置したままだったので、その粗大ゴミの数30個。料金合計は300円券43枚で12900円。まぁ、民間業者に依頼するよりは格安だろうね。
粗大ゴミ券
 インターネットでは1回につき10個までしか収集申込できないので、10個、10個、7個、3個の4回に分けて予約。


切り株

 年末から、処分する粗大ゴミをいろいろと選別しているのだが、なんか庭に切り株が置いてあった。直径30センチ、高さ50センチくらいのやつ。根付いているものではなく、幹の輪切りというようなもので、家族の誰かが、いつ頃か、拾って来たのだろう。
 この切り株も、最初は区の粗大ゴミ収集に出すリストに入れていたが、庭に穴を掘って埋めた。
 天然木なので、いずれ土に帰るだろうから、大丈夫だよね。


21/400本(累計421/400本)

 部屋を少し片づけた。インフルエンザも治ったし、年末だしね。
 そしたら。

廃棄処分ビデオ
 去年の春にVHS400本を廃棄処分したんだけど、死角にまだあったのよ、ビデオテープが。21本。全部不要タイトル。
 廃棄累計記録が仮分数になってしまったじゃんか(笑)。

 この中に、ガンダムSEEDの1話〜20話もあった。2002年の本放送時リアルタイムで録ってたらしい。しかも120分テープに5話録画してるのでCMカットダビングまでして。なんだか負けた気分だ(笑)。

 それと、割り算(分数)で分母より分子のほうが大きい数式の事は「仮分数」っていうんだね。俺、今までずっと「過分数」だと思ってた。うーむ。理系人間として失格だな。


処分

 あの反則一家に処分。
 父のセコンドライセンス無期限停止って、まだゆるいよな。剥奪にしないと。
 テレビでも言ってたけど、この処分期間中に反省し、「まず人としての礼儀から学び直せ」って。ホント、そうだよ。


400本〜2007年Ver.

 約1年前に、ビデオテープ400本を処分したのだが、また増えた(笑)。
DVD400本
 録画したDVD-Rをざっと数えたら、400本突破。
 そろそろ、ふと見たくなった時に目的のDVDを探すのが大変になってきた。
 だいたい録画順に並べてあるのだが、完全ではない。

 で、シコシコと表計算ソフトでリストを作成している。
 めんどくせー。もっと少ない時からリスト整理しとけば良かった。少ない時にはなかなかやらないんだよね(笑)。
 っつーか、ビデオテープもまだDVDに焼いてないのが50本くらいあるんだった……。


MGザク[Ver.2.0]製作(7)

 MGザクVer2.0製作レポート。

MGザクver.2.0
 昨日の記事でも触れたが、素組表面処理に、メラミンスポンジを使ってみた。
 百均で買ってきたでかいヤツを、太さ約5ミリに切り出してみた。この太さに大きな根拠はない。切るのに使ったオルファのカッターで、刃を1メモリ分出して気ったらこうなっただけ。ちなみに「オルファ」の由来は「折る刃」なんだよ。
 閑話休題。
 あと写真に写ってる布は、着古して廃棄処分にしたTシャツの切れ端。これでパーツ水洗い後のふき取りとか、コンパウンド磨きとかしている。模型用クロスなんて買う必要なし。

 俺はいつも、ペーパー掛けは、400番→800番→1200番→1500番の順番で掛けて最後に水洗いしてからスミ入れで完成させるんだけど、今日は最後の1500番の代わりにメラミンスポンジを使った。

 サンドペーパーよりも細かい部分も施せるので良いね。
 試しに800番をかけた後(跡)はメラミンスポンジでは消せなかった。これは少佐さんからいただいたコメントの通りだね。
 なんとなくの印象だけど、メラミンスポンジは、目数でいったら2000番くらいかもしれない。あくまでも「無塗装仕上げ時の簡易ツヤ消し処理」のためであり、この前段で最低でも1000番をかけておく必要はあるし、もちろんメラミンスポンジではヒケやパーティングラインの解消はできない。

 ただ、簡易とはいえ、簡単にすげー綺麗になる。600番→1000番→メラミンスポンジという工程でもいいかもしれない。そうすればコストは半減だし(笑)。

MGザクver.2.0
 ってことで、表面処理とスミ入れまで終わり。

 俺、スプレーは大嫌いなので、この手軽にツヤ消し仕上げが味わえるメラミンスポンジ工法は気に入った!


DVDで「ミクロの決死圏」」を観た

 4月にVHSテープ約400本を廃棄処分したのだが、その廃棄仕分け作業中に、映画「ミクロの決死圏」のテープを何本も発掘した。
 テレビで放送されるたびに、大量の所有品から探すのが困難で(笑)その時々にとにかく録画保存していたんだろうな。

 ビデオデッキなんかない子供時代から、放送されるたびにテレビの前にかじりついて見入っていたのを思い出す。

 嫁さんも大好きな作品で、テレビ放送を録画したテープを数本持っていたらしい。たぶん、ついこの間まで、我が家には「ミクロの決死圏」のテープが10本くらいあったんじゃなかろうか。色々な意味であやしい(笑)。

 数日前に、嫁さんとそんな事を話していると「二人してそんなに好きなのに、なんでDVD買わないんだろうね」という事になった。
 そのとおりだよな。
 ってことで、早速購入。廉価版が出てるんだね。

ミクロの決死圏
ミクロの決死圏 スティーブン・ボイド アイザック・アシモフ リチャード・フライシャー

おすすめ平均 star
star何度見ても飽きない面白さ、いつまでも新しく色褪せない60年代SF映画の名作です。

Amazonで詳しく見るby G-Tools

 届いたDVDを、夫婦で観た。
 言わずと知れた古典SF。40年前の特撮。体内の幻想的な描写は、サルバドール・ダリがデザインしたことで有名。まさに原題の「FANTASTIC VOYAGE」のとおり。
 体内に入ったメンバーを異物と認識して襲ってくる抗体や白血球など、やっぱり何度見ても面白い。

 俺が生まれた年の作品ってこともあって、やっぱり好きだな「ミクロの決死圏」。