かわいいか、かわいくないかが命の分かれ目……?

 ツイッターで「かわいいか、かわいくないかが命の分かれ目」みたいな一文が目に付いた。某県の動物保護団体のサイトの文章からの引用のようだった。
 この一文だけを拾って持論を展開するほどの馬鹿ではないし——そもそも、そういう論客でもないのだけれど——この機会に、いなりを迎えた顛末をちょっとだけ、綴ってみる。

 いうまでもなく、イヌ、ネコにも命はある。虐待事件は論外だが、行政殺処分なんかもなくなって欲しいと切に願うが、自分では特になにも行動を起こしていない。
 いわゆる「野良犬」は見かけなくなって久しいが、「野良猫」は家の近所でも散見する(「地域猫」という言い方は詭弁のような気がして、個人的には好きではない)。不幸な野良猫を減らそうと、保護したり、増えないように避妊・去勢手術をしているボランティアさんもたくさんいらっしゃるようだ。
 現在我家にいる〈いなり〉も、そういうネコの保護活動をされている方からのご縁で、我家の子として迎えた。

 で。冒頭の「かわいいか、かわいくないか」とは、どういう意味なのかが解らなかったのだ。外見の愛らしさ? トイレを覚えないとかわいくない?

 俺はネコ好きなので、どんなネコでも可愛くみえる。
 いなりを見つけたのは、保護主さんのWebサイトだった。「おだやかでおとなしくいい子なんだけれど写真映りが悪いので、なかなか里親がみつからない」との事。
 確かにちょっと藪睨みで、現在でも写真を撮ろうとすると嫌な顔をするが(笑)、俺は、そのWebの写真で一目ぼれ。当時はまだ先代の〈にゃあ〉が存命だし、いなりは家猫訓練中で里親募集はしていなかった。それに二頭は飼えないなと思っていた……という矢先ににゃあが16歳で他界。その直後に、あの子が里親募集サイトに掲載されている!
 すかさず保護主さんにアポをとり、ご対面。もう、運命を感じたというか、にゃあの「さびしがらないで」という導きというか、そんな気がして、いなりを引き取った。当時推定2歳。
 保護主さんには「子猫は比較的早く里親が見つかるが、大人猫を希望している人の方が信用できる」と言ってもらえた。まぁ、俺自身は一目ぼれしただけで、そんなに深く考えてはいないんだけどね(笑)。

 行政殺処分に持ち込まれる動物に「飼えなくなった」というのが意外に多いらしい。そんなやつは最初から飼うな! と言いたい。俺はネコしか知らないが、一緒に暮らすと家族だよ。家族の面倒は最期までみようよ。
 現在が幸せかどうかは、いなりにしか解らない。残念ながら人間とネコでは言葉が違うからね。
 でも、俺なりに最大限の愛情をそそぐ事(と共存のためのしつけ)はしているつもり。
 写真映りはブスでも(笑)、君の穏やかで、スリスリゴロゴロ甘えん坊な性格は、家族みんながわかっているよ。
20130302_inari_2
20130322_inari-2


みやびさん、お疲れさま

 いなりとのご縁を頂いた元保護主さん宅の猫・みやびさんが9歳で亡くなったそうだ。
 そもそも1年前に重病で体重2kgの状態で、そのまま看取るのも覚悟のうえで保護した子との事。
 家族として猫10頭と犬1頭、他に常に2〜3頭の猫を保護して、家猫修行をさせ、しっかりとした里親さんを見つける活動をしていらっしゃる方。

 いなりとのお見合いで先方に伺った時に「子猫だとすぐに里親がみつかるが、(いなりのような)大人猫をかわいいと言って里親になってくれる人の方が信用でいる」とおっしゃってくれた。
「(保護活動は)できる範囲でしかやっていない」と言われるが、生半可な気持ちでできる事ではない。あえて下衆な事を言えば、そこいらの“外猫に無責任に餌をやるだけのネコジイやネコバア”とは大違いだ。
 まぁ、どういう対処にせよ、俺も含めて人間の身勝手ではあるのもまた事実だろう。なにしろ、現在の人間は、猫族の言葉が理解できないのだから。ドラえもんのホンヤクコンニャクが欲しいと、常々思うよ。マジに。

 閑話休題。
 さきほど、お悔やみと、いなりの近況報告もかねて、ちょっと電話でお話しをしたが、あらため素敵な方だと思ったよ。前述のような活動をされている方なので、猫さんを看取る事も少なくないのだろう。でも、それを事務的に処理するのではなく、生前は親身になって世話をする。そんな当り前の事とはいうけど、当り前の事をするのって、意外と大変なんだよね。今の俺の心身状態からも、それは痛感する。
 でもね、犬や猫くらい人間になつくと、家族だよ。我家では溺愛も、もちろん虐待もしない。家族だからね。家族として躾けて、好き放題にはさせない。入っちゃ行けないところはダメだとかね。
 あ、俺の事はどうでもいいや(笑)。

 最後にみやびさんこれだけは言いたい。「良い人に保護されてよかったね。最後の1年間は幸せだったでしょう」と。「お空で、にゃあに会ったら、よろしくね」と。

 慎んで、みやびさんのご冥福をお祈りします。


猫ドアの練習

 洗面所に猫トイレを置いてあるので、廊下からリビングへのドアと、洗面所へのドアに、猫ドアをつけてある。
20121113_necodoa1
 三年前にこのマンションを購入し、引越し入居前に当該二箇所のドアに電動ドリルで開口。当時ネット仲間等に「男らしい!」と言われた(笑)アレだ。
 先代ネコのにゃあは、引越し三日目くらいには自分で出入りしていたので、楽だった。

 いなりも、我家の子になって10日経過したので、そろそろ猫ドアの練習をしている。
「はい、くぐってみな」と開けてやっても、尻込みしてしまう。
 廊下側からリビングへは、なんとかくぐるが、リビングから廊下へはいかないね。いなりは保護主宅でも猫ドアは未経験だし、人間が嫌われたら元も子もないので無理強いはしないけど、本格的に寒くなる前に覚えて欲しいもんだ。
20121113_necodoa2
「猫ドアなんかめんどうくさいよー」なんて言わないで、徐々にでいいから、頑張って覚えてください。


いなり、やっぱり寂しいのかな

 iPhone用のゲームアプリで「つみネコ」(→iTunes Storeへ)というのがある。
20121103_tsumineko_icon
 キャラクターグッズも販売されているロングセラーの人気アプリで、ここでは説明は省略するが、ともかく、先程つみネコで遊んでいた時の事。
 このゲーム、プレイ中は始終「にゃーにゃー」とリアルな猫の鳴き声がするのだが、ちょっと大きな音量でやってしまったら、いなりが反応して「にゃーにゃー」鳴き出した。
 そして、「つみネコ」をやっている俺のそばまで飛んで来て、あたりをきょろきょろ。本当に猫がいると思って探していたのだろうか。
 ご縁をいただいた保護主・ぽちさんのお宅には、十数匹の猫がいて賑やかだったのに、我家にきて他の猫がいなくなって寂しいのかな。そう思うと、ちょっと涙が出た……。

 残念ながら、人間である父ちゃんたちは、君の事を全て解ることはできないかもしれない。猫はいなりだけだし人間を入れても全体数はぽちさんのお宅の半分以下になってしまった。
 でもね、いなり。我家は、俺と母ちゃん、姉ちゃん、兄ちゃん、そしていなりの5人家族だ。家族はみんないなりが大好きで、幸せになってもらいたい。その気持ちはぽちさんと同じだから。
 寂しがらないで、うんと甘えていいんだから。

20121103_inari-bed
 いなり、今日初めて、自らベッドに入ったよ。


新しい家族〈いなり〉

 ご縁があって、我家の養子となりやってきた〈いなり〉。
 保護主のぽちさん宅で家猫修行も含め約10ヶ月間、大切にされてのんびり暮らしていた、控えめで穏やかな性格の推定2歳の女の子(保護中の仮名「ニム」)。
 小柄だけど、健康そうな可愛い子。父ちゃん、一目惚れだよ!

 ぽちさんに連れられて、千葉から引越してきた。
 穏やかな性格とはいえ、知らない家に連れてこられちゃぁ、不安だよね。キャリーバッグから出すと、一目散に部屋の隅へ入ってしまった。
121028_inari_0
 3時間くらいたった頃、一旦出て来たので、だっこ。まだ緊張してるね。
121028_inari_1

 その後は洗面所に立てこもり。
「ぽちさんちに帰りたいにゃ」
 そう訴えているような顔で見ている。
121028_inari_2
「いなり。君は今日から、ここの子だよ」
 撫でてあげると、シャーシャー言うわけでもなく、噛み付くわけでもなく。確かにおとなしく、人間嫌いではなさそうなのは確かだ。慣れない家で不安なだけだろう。
 お、シャッターチャンス!
121028_inari_3
 ほら、いなりは美人ネコさんだね。まぁ父ちゃんは、そんなの先週ぽちさんのお宅で初めて君に逢った時から知っているけどね。

 洗面台に飛び乗り探索して、そのまま箱座りでくつろいじゃってるよ。
121028_inari_4
121028_inari_5
 しかし、いなり、今日は構わないけど、そこは邪魔だし、濡れるぞ(笑)。

 抱っこして居間に連れて来たら、また部屋の隅——の嫁さんのMDなんかがある棚の奥——に逃げ込んじゃった。またここで箱座りしちゃっているよ。
121028_inari_6
 少しずつでいいから、みんなの所に寄っておいでね。

 最後に。ぽちさん、素敵なご縁に感謝します。また、遠くて悪天候の中いなりを送って来ていただき、いなりのご飯まで戴きまして、ありがとうございます。
121028_inari_7
 我家ではニム=いなりひとりを引き取るので精一杯ですが、ぽちさんの今後のご活動を応援しております。
 そしてもちろん、いなりは大切な家族の一員として、愛情をもって、幸せになってもらいます。

 今回お世話になったぽちさんのブログ「ぽちんち」はこちら