ザクとうふ

 今日発売とは知っていたが、「豆腐かよ」と思って二の足を踏んでいた、その名も「ザクとうふ」を、嫁さんが——別に俺が言った訳でもないのに、スーパーで自分で見つけて——買っておいてくれた。さすが、伊達に俺と二十年以上付き合ってないな!(笑)

20120328_zaku-touhu0
 相模屋というところの製品。量産型ザクをイメージして、枝豆のとうふだって。

20120328_zaku-touhu1
20120328_zaku-touhu2
 これは、ランバ・ラルの名台詞「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」の引用と思われるので、ちょっと違和感。
 いわゆる「絹ごしとうふ」ではなく「充填とうふ」だからだそうだが、そこは別にアピールしなくてもよかったんじゃね?まぁ、粉飾記載するよりははるかにいいし、好感だけどな。

20120328_zaku-touhu3
 あけると、こんなのが入っていた。どう見ても、ザクの頭。それ以上でもそれ以下でもない。つーか、意外によく出来てるな。

20120328_zaku-touhu4
 数量限定で、「ヒートホーク型スプーン」が付属してた。これが欲しい人は、早めの購入をおすすめする。
 このヒートホーク・スプーンが、これまた素晴らしい造形なんだわ。ガンプラHGUCのパーツからスケールアップして作ったような気がしないでもない。

20120328_zaku-touhu5
 で、とうふ本体の裏というか、開封面。ここにも栄光のジオン公国紋章がある。開封を前に、未の引き締まる思いだ。ジーク・ジオン!

20120328_zaku-touhu6
 とうふ中身を、皿にあける。枝豆を原料にしているとあって、普通のとうふより緑色してる。
 そして、食べると、確かにしっかりした枝豆風味が! そして食感もしっかりしていて、キャラクタ物というか食玩程度と思っていたが、こりゃやられたわ。
 この舌触り、これぞとうふよ!

 しかしね、なんかこれ、直径約7センチ200gもあるのよ。焼酎お湯割りを飲みつつ食したが、それでもひとりで食うには、ちょっと飽きる。嫁さんと一緒に食ったよ。

 ともかく、意外の連発で、おいしく戴きました。


ってことで、GPSロガーに移行

 前回の記事のとおり、Eye-Fi Pro X2を購入したものの、俺の希望の目的にはかなわずガッカリしたのだが、もはや「I-10で撮影した写真にも簡単にジオタグを付けたい」熱は高まる一方。
 今まで気になってはいたけど、買わずにいたGPSロガーを買ってしまったよ。

 選んだのは、ソニーの GPS-CS3K というやつ。
SONY GPSユニットキット GPS-CS3K
B001U65SL4

 こいつは、電源を入れると、GPSによる測位結果を粛々と記録してくれるというもの。公称値で単三電池1本で15時間程度使えるらしい。
 これを持ち歩けば、俺が移動記録をため込んでくれる。
GPSロガー
GPSロガー
 で、この小さい機器本体だけで、デジカメ写真にジオタグを付与することができるんだよ!
 デジカメで撮影した写真が入っているメモリースティックDuoかSDカードをそのまま挿入することができて、撮影日時と記録された位置情報の日時を照合して、写真にジオタグを追加してくれる。もうね、ひじょうに簡単だよ。
 付属ソフトはWindows用で、Macでは使えないけど、上記のとおりGPS-CS3K本体のみでもサクっとできるので、問題なし。
 ちなみに、付属のUSBケーブルでパソコンに繋げば、マスストレージデバイスとして認識されるので、Macでも位置情報ログデータをコピーすることは可能。それを汎用のデータ型式に変換するフリーソフトもいくつかあるらしので、MacでもログからGoogleマップに移動ルートを表示させる事とか可能のようだ。

 明日から色々使ってみる。


iPad用ケース2種類購入

 先日、iPad用のケースを2種類購入した。今までにも、クリスタルケースと、他に安いものを2つ購入したんだけど、クリスタルケース以外は、どうも気に入らない。
 今回は、発売を待ちわびた物で、家電量販店で見つけて、即買い。

 ひとつは、SimplismのCrystal GABAN case(クリスタル画板ケース)。同じSimplismの先発商品クリスタルケースを使用し、とても満足しているが、これは、その名のとおりクリスタルケースの四隅にストラップ取付部がついたバージョン。
 付属のストラップをつければ、肩掛けや画板スタイルでiPadを使用できる。まち歩きなんかで便利かな。

iPadケース

 もうひとつは、TUNEWEARのFull Leather Vellumcase(ベラムケース)。牛本革を使用したスリーブケースで、他のケースを装着したiPadも収納可能。実際、クリスタル画板ケースを装着したiPadも入った。四隅に突起があるにも関わらず、キツキツではなく、ひじょうに収まりがいい。スリムなのに、素晴らしい。iPadを取り出した時は、丸めて傾斜台としても使える(笑)。

iPadケース

 ベラムケースに付属のハンドストラップも同じ本革でしっかりした作り。これをクリスタル画板ケースに付けても、いい感じだ。
 安くはないけど(この仕様のわりには安いのかもしれないけど)、所有欲を満たしてくれる良品。買って良かった。

iPadケース


通称「バスタブ」

 iPad Wi-Fi(3G回線なし)を購入した時に、これ用の屋外通信手段として、Pocket WiFi(ソフトバンク版のC01HW)を買い、さらにiPhone3GSもモバイルデータ通信(いわゆる3G回線でのパケット通信)をオフにしてWiFiのみで運用していた(通話やSMSは普通にできるよ)。
 快適に屋外WiFi環境を満喫していたわけだが、やはり覚悟していたとおり、Pocket WiFiのバッテリーがねぇ。このサイズのガジェットで充電池のみで4時間通信できるのは、確かに「長時間」といえる。WiFiは常にオン(無線電波を出しっ放し)3G回線は5分でオフの自動設定。これで待機を含めて5〜6時間は使えるので、たいしたもんだ。が、それでは絶対的価値としては短い。
 ソフトバンクの圏内ならそれこそいつでもどこでも通信可能だった——至極普通の(笑)——使い方をしていた時と比べると、いささか不便だ。
 そんなわけで、Pocket WiFi互換の大容量バッテリー、通称「バスタブ電池」を購入。んー、常套手段だわ(笑)。

Pocket WiFi 大容量バッテリー(バスタブ)

Pocket WiFi 大容量バッテリー(バスタブ)

 重ねてみた。上の黒いのが標準付属品、下が大容量。
 厚みは通常の三倍!(笑)

Pocket WiFi 大容量バッテリー(バスタブ)

 容量は標準1500mAhに対して3900mAh。2.6倍。でかいはずだよね。
 取説によると、空の状態からフル充電させるまで12時間とある。標準品が4時間だから、順当だね。
 ちなみに、開封時のバッテリー残量表示は半分。まずこれを初回のフル充電に向けてACアダプタ接続。4時間かかったよ(笑)。

Pocket WiFi 大容量バッテリー(バスタブ)

 電池がでかくなるので、当然、標準のカバーは使えず。深い形状の専用カバーが付属する。
 これが「バスタブ」のゆえんたる物だ。確かにバスタブに見える(笑)。

Pocket WiFi 大容量バッテリー(バスタブ)

 ちなみに、バスタブカバーを装着して標準バッテリーを入れると、ちょっと動かすだけでカバーの中でバッテリーが外れてしまう。標準バッテリーも鞄の中に入れておくつもりだが、標準カバーも一緒に持っていくのを忘れないようにしないとな。

Pocket WiFi 大容量バッテリー(バスタブ)

 装着すると、こんな感じ。コロコロしちゃった。けど、俺はかばんに入れて携帯しているので、問題なし。
 俺の使い方では、容量比で単純に2.5倍以上(12時間以上)、1度のフル充電で使えればいいな。
 明日が楽しみ。初回完全放電させるんだ。


iPadが届いた

 5月11日にオンラインのアップルストアに予約注文した iPad が、昨日28日に届いた。

iPad

 購入したのは、Wi-Fi 32GBモデル。3G回線(ソフトバンクの携帯電話回線)モデルは店頭予約しかできなかったので出向くのは無理ってのもあったけど、iPhone を使っているし、外に持ち出すとしても路上で使う事はあまりないだろうと。
 んでもね、実は、iPad購入の準備で Pocket Wi-Fi(ソフトバンク版)を既に契約済み(笑)。

iPad

 さて。Amazonに合皮のブックカバー風ケースを注文しているんだけど、まだ届かないので、とりあえず昨日、ヨドバシアキバで Simplism の クリスタルカバーを買ってきた。液晶画面保護シートも付属しているので、表裏を保護できる。
 iPhone用のを愛用していて、性能については不安はなかったが、やはりいい感じだ。
 本体の美しさを損なわず保護できる。

iPad

 液晶保護シートを貼るのは、自信があるんだ。もちろん、風呂場で全裸で貼る。
 気泡混入ゼロ。

iPad

 基本的にiPadでもiPhone用アプリはほとんど動く。「ほとんど」というのは、カメラやGPSなどiPadに物理的に搭載されていない機能に頼るアプリは無理だという事。
 充電マニアとしては(笑)、バッテリーログもそのまま動く(今のところ正常動作している)のは嬉しい。

iPad

 iPadと同時に注文してあった Apple Wireless Keyboard をBluetoothで接続すると、文字入力が格段に便利になる。
 まだiPad本体を立てて置けるケースが届いていないので、実際の作業はやりにくいけどね(笑)。

 もう少し使ってみて、あらためてレポートを書こうと思う。


通常の8倍

 iPhone 3G/3GS用カメラキット「PIP-CK1シリーズ」新発売

 プリンストンから、iPhone用の光学8倍ズームレンズが発売される。

「PIP-CK1シリーズ」は、iPhone 3G/3GS搭載のカメラで光学8倍ズーム撮影や三脚で固定しての撮影が可能になる望遠レンズキットです。
本キット付属のiPhone 3G/3GS用ケースには、ズームレンズを取り付ける事が出来るレンズ穴が装備されており、ズームレンズを簡単に脱着することができます。ズームレンズは、フォーカスリングをまわしてピントを調整するだけで、標準では撮影ができなかった遠景を撮影する事が可能です。
小型アルミ製三脚と固定用ホルダーも付属しており、iPhone 3G/3GSを平坦な場所に設置して集合写真や夜景を撮影することも可能です。また、様々なカメラアプリケーションと組み合わせる事で、撮影できる幅がさらに広がります。

 これだけのパーツがついているキットが、実売3980円ってのが、どうなのかね。安っぽいかもしれない。でも、安いんだからしかたがない。まぁ、プリンストンなら、iPod/iPhone用の周辺機器をたくさんリリースしていて定評があるし、大丈夫だとは思う。
 こういうバカな周辺機器って、大好き。欲しい。


TV&バッテリー購入

 先週9日。iPhone用TV&バッテリーが全国発売された日、仕事で午前中の外回りを終え、帰社する途中、JRから地下鉄に乗り換える秋葉原についたのが丁度昼休みだったので(笑)、ヨドバシAKIBAに寄って、購入してきた。13時前で残り6個くらいらしかった。仕事帰りだったら売り切れていたかも。
iPhone用
 正面外観は、iPhoneと統一感あるそっくりなデザインでいい感じ。しかし背面は塩ビの安っぽい玩具みたいな質感で、iPhoneとはまるで違う(笑)。
 ワンセグは、試しにちょっと視聴しただけだが、こんなもんかな。たぶん今時のケータイの方が画質はいいと思う。でも、俺としては満足。つーか、ワンセグは「あれば便利だろうな」程度にしか思っていないので、これでいいやと。
 外部バッテリーとしてiPhoneへの充電。こっちの方を重要視している。iPhoneのバッテリーが空の状態でも充電開始できたのは、さすが公式製品だね。で、空の状態からはiPhoneをフル充電にはできなかった。TV&バッテリーの方がiPhoneよりも蓄電容量が少ないので。でも、これは仕様通り。
 まぁ出先では空から満充電にまでしたいということは今のところ、なったことがないので、あくまでも補助バッテリーとしては十分かな。
 あ、TV&バッテリーにはこれ自身への充電用としてのUSBケーブル(A型〜B型)が1本付属しているのみで、充電にはiPhone付属のACアダプタを使用、iPhoneへの充電にはiPhone付属のUSBケーブルの使用が推奨されているが、ACアダプタはともかく、2本のケーブルを持ち歩くのはかさばるので、B型UBS端子→iPodDockコネクタ変換パーツを用意すれば楽。
UBS-iPod変換
 それ、すでにTV&バッテリーユーザー必須のアイテムとの意見も多いよね。俺も、近所の100円ショップで購入してきた。


イヤホンを新調した

 中学生の息子の誕生日プレゼントに、iPod nanoを買ってあげた。

 約1年半、俺のお古の2時間くらいしか動作しないiPod(第3世代)を使っていたので、現行最新型を開封したら嬉しそうだったよ。よかった。
 このnano(第4世代)はモーションセンサー搭載で、「振ってシャッフル再生」なんかも出来て、楽しそうだ。進化してるなぁ。

 で、イヤホンがiPodと同時購入で1割引だったので、俺用に一緒に買って来た。
 ソニー、MDR-EX300SLの赤。

 iPhoneで使うので、マイク付アダプタも。

 EX300SL。今まで2千円程度のしか買った事が無い俺にはちょっと高いけど、評判良いのでこれにした訳だが、かなり満足。ソニーお得意のドンシャリだけど、メリハリが効いていて、いい感じ。「新形状ハイブリッドイヤーピース」で装着感も向上している。
 つーか、半年間iPhone付属の純正イヤホンを使ってきたので(マイクと簡易リモコンが必要なので)、これより悪いはずはないのだろうけど(笑)。いや、EX300SLはもちろんいい製品だよ。うん。


遺物を再利用

 先日の記事でも書いたように、出先でのiPhone緊急充電用に、エネループ(USB充電器KBC-E1S KBC-E1Sと単三エネループ)を持ち歩いている。
 単三エネループ充電池を入れる容器を買おうかと思ったのでが、確かちょうどいいのが押入にあるはずだと思い、発掘してきた。
Newtonバッテリーケース
 昔使っていた、世界初のPDA、アップル製Newtonメッセージパッド用充電バッテリーに付属していたケース。Newtonは単三電池4本又は専用バッテリーで可動し、専用バッテリーは単三電池と同じ形のセルが4つ繋がった物で、形状は単三4本と同じだった。つまり、単三電池を持ち歩くケースとしてピッタリなんだ。
 10年以上前に使っていた元祖PDAの電池ケースに、iPhoneのための電池を入れて携行する。うーん。感慨深いものがあるなぁ。


iPhoneの外部電源

 現在ケータイはこれしか所有していないので、iPhoneを日々持ち歩いているのだが、バッテリーの持ちが、やっぱりつらいや。
 内勤の時はいいんだけど、営業やら現場やらで出歩く時には、公共交通機関での移動中は音楽聴いたり、他に色々とiPhoneを使ってしまうので、夕方に帰社するまでにギリギリ持つかなって感じ。
 ってことで、8月末から、エネループのモバイルブースターを、かばんに常備している。
20081011_eneloop.jpg
 これ、iPhoneでバッテリー残量が赤表示の時には使えないらしいって口コミを承知で購入した。
 単3型エネループ2本を入れて使うんだけど、出力DC5Vの500mAで70分とある。iPhone付属の電源アダプタが出力1Aってのを考えると、1回(満充電のエネループ2本を入れて)の充電で半分くらいしかできない。
 これを常用するのは危険だけど、「今、iPhoneのバッテリ残量が半分くらい。この後、いつ充電できるか」ってのを懸案して、間に合いそうになかった場合だけ利用するのがいいと思う。
 このブースターだと、バッテリ残量が赤くなると、うまく充電できない事もあるしね。
 ともかく、俺の使い方としては、重宝しているので、このiPhone充電用に単3エネループをまた注文したよ(ついでに、リモコン用に単4も)。

SANYO USB出力付き充電器セット KBC-E1S KBC-E1S SANYO USB出力付き充電器セット KBC-E1S KBC-E1S

三洋電機 2007-12-11
売り上げランキング : 896
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

SANYO eneloop ニッケル水素電池 単3形 8本パック HR-3UTG-8BP SANYO eneloop ニッケル水素電池 単3形 8本パック HR-3UTG-8BP

三洋電機 2005-11-21
売り上げランキング : 16
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

SANYO eneloop ニッケル水素電池 単4形 4本パック HR-4UTG-4BP SANYO eneloop ニッケル水素電池 単4形 4本パック HR-4UTG-4BP

三洋電機 2006-01-31
売り上げランキング : 42
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools