プリンタを買い替え。初のbrother機種。

 仕事場のプリンタ(A3対応ビジネスインクジェット複合機)が年明け早々からずっと不調だったが、ついに黒が出なくなった。ヘッドの故障だな。うちは設計事務所なので、A3をガシガシ印刷できないと仕事にならない。
 ということで、買い替え。

モブログ from Instagram
 ブラザー製は初めてだが、このA3対応のビジネスインクジェット複合機は、ブラザーが先駆者だそうだ。知らなかった。
 文字の印刷品質はこれまで使っていたエプソンのPX-M5041Fの方が綺麗だったが、Wi-Fi接続での印刷がかなり速くなって満足。インクカートリッジのコストと、全色が顔料インクになったための耐水性の向上にも期待したい(この辺は、今後使用感を確認したい)。
 それと、少なくとも5年は持って欲しい。すぐ壊れては困るのだ。


会計ソフトを変更した

 昨年分の確定申告のために、今年1月に初めて使った、クラウド型会計ソフト「ネットde青色申告(以下「de」)」。実際には昨年12月に、それまでの3期お世話になったフリーソフトの「林檎経理 RingoKeiriTien」からCSV出力した仕訳データを読み込んで「de」を試用してはいたのだけれど。

「de」は操作不具合以外のサポートは別途有料だが、これまでずっと自分で帳簿付けをしてきたので、ごく基本的な仕訳のしかたは理解できているので問題なし。決算書作成機能が必要な場合は別途3000円で、それ以外は無料っていうのも、とても魅力的。
 そして、クラウド型ということで、Webブラウザ上での操作になるため、Macにも対応ってのがいい。
 だが、4ヶ月使ってきて、「痒いところに手が届かない」部分に気づいて、それがどうにも我慢できなくなってね。
 具体的には

・仕訳帳の出力が月単位でしかできない。
 これは使い始めた端《はな》から気になっていたこと。1年分一括でCSVやPDFで出力したいと思うことも多いのでは?

・事業主借/事業主貸 科目に補助科目が設定できない。
 事業主貸に「源泉所得税」と「生活費へ」って補助科目を作りたいんだけれど、叶わなかった。
 サポートに改善要望をだしたら、「発生主義の観点からいって、売掛金が振込まれた時に、源泉所得税分は租税公課で仕訳するのが妥当かと」と言われたが、所得税(の仮払い分)を、租税公課つまり経費にするのはおかしいよね。
 仕方がないので、「源泉所得税[事貸へ振替る]」っていう科目を作って、無駄なトンネル仕訳を1行付け加えているよ。

・仕訳入力で借方/貸方の両方に「摘要」欄がある。コピペが面倒。
 普通、各仕訳の摘要(メモ)なんてひとつだろ。
(借)普通預金/(貸)売掛金/(摘)契約No.000入金 ってな感じで入力すりゃ十分だ。

・決算処理後、過去期のデータをいじれるようするには、別途料金が必要。
 別に改竄しようというつもりではない(そもそも確定申告した後は、それに整合させたままにしないとまずいし)。
 補助科目を修正したいなどの場合、すでに使われている補助科目は修正できないのよ。それは良い。だったら、過去分の補助科目も一旦ダミー補助科目に変更してから、元の不要補助科目を削除するような対処くらいしたいのだ。

 我慢すればできなくもない。ってことで4ヶ月使ってみたが、俺の性格ではやはりダメだった(笑)。

 で、まぁ、「de」に決めた時に次点候補だった「MFクラウド青色申告(以下「MF」)」を昨日再び試用してみた。そうしたら、上記の不満点はすべて好み通りになっている。というか、なっていない「de」がおかしい(笑)

「MF」は無料プランだと15件/月しか仕訳入力できない。
 最初に今年1月〜4月分をCSVファイルでアップロードして、当然15件どころじゃ済まなかったができたので、「もしかしたら15件以上になったらこうしてCSVアップロードすりゃいいんじゃね? 裏技発見!」とか思ったが、それ以後は入力はもちろん、追加アップロードもできなかった(笑)。
 機能的に満足なんだから、ちゃんと有料プランに登録したよ。30日間無料(その間に解約すれば料金はかからない)で全機能が試せるし。

「de」も悪くはないんだよ。俺の要求には足りなかったというだけ。借方/貸方 両方に摘要欄があるのも、それが好みの人もいるだろう。それに、過去3年間の詳細な事業推移なんて、無料でここまでやってくれるのかと思うほど詳細なレポートだし、入力画面も結構俺好みなんだよね。何より、無料で仕訳件数も保存期間も上限なしってのはすごい。実に惜しい。
 また時々見に行って、システム改修具合によっては戻ってもいい。


Time Machineバックアップから復元できるようになった

 ここ数日間モヤモヤと悩んでいた、Time Machineバックアップから復元できない問題。
 メニューバーアイコンから「Time Machineに入る」を選んで個別のファイルやフォルダを復元しようにも、移行アシスタントを起動してTime Machineバックアップからユーザデータをまるごと復元しようにも、「ボリュームの大文字/小文字が正しくないためバックアップを作成できません」というエラーがでて復元できないという謎の症状。

 仕事で使っているMacBook Proの内蔵HDDなので思い切ったこともできずにいたが、ちょっと時間ができたので、ポータブルケースに入れたUSB外付けHDDドライブに内蔵HDDのユーザフォルダをドラッグコピーした後、リカバリーパーティションから起動(command+Rを押しながら起動)し、OS X El Capitanを再インストールした。
 クリーンインストールしてユーザデータをドラッグコピーで戻すとか色々なアプリケーションの再インストール&設定などをやっている時間までないので、アップデート時のような上書きインストールで。

 そうしたら、Time Machineバックアップからのファイル復元ができるようになったよ。
 ただし、上記のEl Capitan再インストールを行って以降に保存された日時分のバックアップからのみ。それより前のバックアップから復元しようとすると、やはり同じ「ボリュームの大文字/小文字が正しくないためバックアップを作成できません」のエラーが出る。

 しかしまぁ、MacBook Proの内蔵HDDのファイル構成か何かがおかしかったということは判ったし、一応必要な日時以後のバックアップからは復元できるようになったので、いいか。
 近日中に、もう少し時間が取れた時に、改めて初回バックアップからやってみようと思う。


独立して三年

 独立——給与生活者をやめてフリーランスになってからちょうど三年になった。
 最初は勝手がわからず無駄なことも多かったが(今も無駄は少なくはないけれど(笑))、なんとかやってこれて、今ではリピーターになっていただいているお客様も数社でき、大物案件の設計補助もご依頼をいただくようになった。
 まったくもってありがたいことです。

 しかし、とにかく忙しい。相変わらずひとりでやっているので、毎日ヒーヒー言っています。もちろん、仕事が途切れないのは嬉しいことではあるし、感謝しています。

 俺の身辺、家族・友人・知人・鴻池の猫……の皆様も、この三年間でいろいろと変化があったように思う。
 かつて一時《いっとき》ひどく落ち込んで破綻した俺がいえた事ではないけれども、みんながんばれてきとーにがんばれ。おれもがんばる。
 ひとはひとりではいきていけない。

 今月は、もうひとつ大きな節目を迎えるのだ。
 がんばろ。


開業三年目にして事務所引越、三倍になったぞ!(笑)

 前記事の確定申告同様、これも2月中にやりたかったんだけど忙しくてできずにいた事。
 仕事場の引越。
 まだ忙しくていっぺんにはできないので、8日の大安の日に、まずスティーブ・ジョブたんCEOに先に引越ていただいた(笑)。
20150310_sigotoba2

 だが実は在宅にかわりなし。一部屋空いたので、そこを仕事部屋にしたのだ(笑)。
20150310_sigotoba1
 とはいえ、今まではリビングの隅で一坪程度だったから、6畳一室になり、三倍の面積! 机や外付けディスプレイも新調して、快適だよ。
 まだごちゃごちゃしてるけど、今日からこっちで仕事をしている。
 環境が変わったからといって、俺の能力がアップするわけじゃないけど、環境によって捗るということもあるだろう。

 ちなみに弊社は、今月、事業開始三年目に突入。ますますがんばりまする。


神社の御利益は本当にあると思う

 先月までずっと立て続けに仕事が入って忙しかったのだが、なぜか9月に入ったらご依頼がぱったりと途絶えた。
 それ以前に請けている案件が残っているので、仕事そのものはある。しかし、さすがに10日間も何も新規案件が入ってこないとちょっと不安になる。

 どうしたもんだろうと、とりあえず、地元の神社でいただいてきた「仕事御守り」に手を合わせる。
 ……ん?
 あっ! 8月末に、御守りの場所を動かしたんだよ。方角とか自分の頭より高い位置に掲げるとかっていう色々な情報を元に、最適だと思える場所に。
 それがかえってダメだったのか?
 思い当たる事はそれくらいしかないので、御守りを元の位置へ戻したのが11日。
 そうしたらなんと、その日のうちに複数件のご依頼をいただいた。
 確かに、今年正月にこの御守りをいただいてきてからこっち、去年とは比べ物にならないほどの仕事量を請負っているなぁ。元の位置が最適だったのか!

 思えば、この神社には、毎年の初詣はもちろん、二人の子供の初宮参りや七五三、その他いろいろな願掛けで二十年以上お世話になっている。学業成就の御守りを持って挑んだら建築士試験にも受かったんだよ。御利益あるね、少なくとも俺にとっては。

 引越してちょっと遠くなってしまったけれど、それでも歩いて15分の隣町。
 近いうちにまたお礼参りに行ってこよう。
 これからもよろしくお願いいたします。


AutoCAD互換の無料CADソフト DraftSightを練習中

 AutoCADには慣れておらず文字編集と印刷くらいしかできないというのもあるが、我が事務所では非対応とさせていただいている。
 だが、うちは自前設計を行うわけでなく(自分が管理建築士になれないのでまだ建築士事務所にできない)、設計補助やトレースの業務なので、Webサイトに非対応と明記していてもたまにAutoCAD標準であるDWG形式にできないかとの相談もある。納品形式の変換だけならJacConvertを導入して対応しているが、あくまでもおまけサービスのひとつであり、つまるところ、いくつかの商機を失している訳だ。
 かといって、まだろく使用スキルもなく収入に繋げられない物に出費することもできない。AutoCADは零細個人事務所で導入するにはバカ高いのだ(笑)。

 とかなんとか言っていたら、DraftSightというのを見つけた。
 DWG形式ファイルの作成・編集・表示ができ、無料。AutoCADとの互換性は、操作性・ファイル形式共かなりのものだ。無料の互換CADソフトといっても、怪しいものではなく、三次元CAD大手のダッソー・システムズが開発・公開しているので不安はない。
 Windows/Mac/Linuxに対応しているし、それぞれの日本語版もある。
 数少ない「Mac版の無料のCADソフト」としても、魅力が大きい。

 商用利用も可能なので、これで練習して、物足りなくなったらAutoCADを導入すればいい。

 JW_CADに慣れた身としては、縮尺設定がよく解らなかったが、それもなんとか克服できた。
 少しずつでも業務に使えるようになれたらいいなと思う。


夢想人企画として初の確定申告

 去る17日、確定申告書類を郵便局から発送した。
 あらかじめ国税庁のサイト内「確定申告等作成コーナー」でデータ入力して書類は作っておいた。
 今までも、医療費控除とか住宅ローン控除のために何度か確定申告をしたことはあるが、今回は、昨年二月に個人事業を開業した関係で、初めての本格的な確定申告だ。白色申告なんだけどね。
 白色申告とはいっても、日ごろから記帳はしている。図面を描いて納品するという業務のため、勘定項目はあまりないし、仕入れ関係はほぼ皆無だから、比較的楽。
 大丈夫のはずと思っているが、それでも役所に提出する書類ってのは、封をするのに緊張するね(笑)

 今年の所得分から白色申告でも記帳義務が追加されたし、青色申告にしようかなと思ったが、まだそんなに儲けは出そうにないし、今年もこのままでいく。
 ちなみに、夢想人企画の初年度は赤字でした。(´・ω・`)


マグネットの上でMacを使おうっていうんだ。保証の限りではないとさ。

 俺が2月まで使っていたMacBook Pro 13インチ(Mid2010)を息子に渡し、iPadとの同期くらいにしか使わないという娘に今まで家族共用だったMacBook(Late2008)を渡し、家族全員が専用Macを持つ事になったので家族共用機スペースは不要になった。ここを本格的に仕事スペースにすべく、机配置を変更。古いゲームソフトや書籍を処分。
20130503_desk
 うむ。だいぶ「仕事場」らしくなった。LDの隅には変わりはないけれども(笑)。
 でも、全面マグネットの平行定規の上にパソコンを置きっ放しでも大丈夫だろうかね? 素人考えだけど、MacBook Proはアルミ筐体なので磁力を遮断するから大丈夫だろうと思っているが。


今までとは違うのだよ、今までとは!

 5月になりましたな。

 個人事業を開業して、早くも丸2ヶ月経過したわけだが、まだまだ収入が微々たるものだ。しかしそれは俺に営業能力が欠如しているせいでもあるので、どこからでも仕事をいただけるだけでありがたい。

 で、巷ではゴールデンウィークと言われているらしい今日この頃。その前半、休み返上でちょっと忙しかった。今後しばらくは継続的に仕事をいただけて、一番大口の業務委託契約先になりそうな設計事務所との初仕事をしていた。
 前職の時は外部へ設計業務委託を発注する側だったので、当然、自分が作業する環境……納品されてくる図面はレイヤー設定などはすべて統一——というか全国統一基準(笑)——だったので、今ではレイヤーや線の設定はもとより記号類も元請それぞれ独自で、まずそれを把握するのにひと苦労。
 まぁ、これ以上愚痴は言うまい。建築士事務所にするまでの修業だ、修業!
 ともかく、がんばろ。