Time Machineバックアップから復元できるようになった

 ここ数日間モヤモヤと悩んでいた、Time Machineバックアップから復元できない問題。
 メニューバーアイコンから「Time Machineに入る」を選んで個別のファイルやフォルダを復元しようにも、移行アシスタントを起動してTime Machineバックアップからユーザデータをまるごと復元しようにも、「ボリュームの大文字/小文字が正しくないためバックアップを作成できません」というエラーがでて復元できないという謎の症状。

 仕事で使っているMacBook Proの内蔵HDDなので思い切ったこともできずにいたが、ちょっと時間ができたので、ポータブルケースに入れたUSB外付けHDDドライブに内蔵HDDのユーザフォルダをドラッグコピーした後、リカバリーパーティションから起動(command+Rを押しながら起動)し、OS X El Capitanを再インストールした。
 クリーンインストールしてユーザデータをドラッグコピーで戻すとか色々なアプリケーションの再インストール&設定などをやっている時間までないので、アップデート時のような上書きインストールで。

 そうしたら、Time Machineバックアップからのファイル復元ができるようになったよ。
 ただし、上記のEl Capitan再インストールを行って以降に保存された日時分のバックアップからのみ。それより前のバックアップから復元しようとすると、やはり同じ「ボリュームの大文字/小文字が正しくないためバックアップを作成できません」のエラーが出る。

 しかしまぁ、MacBook Proの内蔵HDDのファイル構成か何かがおかしかったということは判ったし、一応必要な日時以後のバックアップからは復元できるようになったので、いいか。
 近日中に、もう少し時間が取れた時に、改めて初回バックアップからやってみようと思う。


復元したいのにバックアップができないというエラーになる

 先日、仕事用のMacBook Pro 15-inchで誤って消去してしまったファイルを取り戻そうと、FinderからTime Machineに入り、目的のファイルを復元しようとしたら、
「ボリュームの大文字/小文字が正しくないためバックアップを作成できません」というエラーになった。

 復元したいのに「バックアップを作成できません」とは、意味がわからんエラーだ。

 消失したファイルは、まぁ、戻らなければ戻らないでなんとかなるものだったので良いが無作為に他のファイルでも試してみたら、すべてが同じエラーになった。

 同じHDDへTime MachineバックアップをしているMacBook 12-inchでは、問題なくファイルの復元ができる。

 バックアップ用のHDDをフォーマットしなおして、初回バックアップからやってみたが、状況は同じ。
 バックアップは何事もなく完了する。が、やはりMBP15では復元ができず、MB12ではできる。

 MBP15につないだ外付けHDDにOS Xを新規インストールして、そこから起動すると、バックアップも復元もできる。
 ってことで、現在運用中のファイル? HDDの何か? が不具合になっているのだろうとは、素人なりに分かった。

 仕事で使っているMacというのが、始末悪い。
 MB12みたいに完全私用のなら、OS Xクリーンインストールとかもためらうことないのだけれど。
 消した後に、Time Machineバックアップから戻せない状態だったら嫌なのだ。

 今週末は、必要ファイルを別HDDへの手動コピーと、OS Xクリーンインストール、データを手動で戻す……をやらないとだめだなこりゃ。

 二十数年のMac歴の中で、十年ぶりくらいに久々の大きなトラブルだわ。
 参った。


Apple MacBook 12インチ付属USB-C充電ケーブル交換プログラムが発表された

 Apple USB-C 充電ケーブル交換プログラム

 昨年発売された MacBook 12インチ(Early 2015)の USB-C充電ケーブルの一部に不具合があると。

2015 年 6 月まで MacBook コンピュータに同梱されていた Apple USB-C 充電ケーブルの一部が、設計上の問題により故障することがあります。その結果、対象となる充電ケーブルを介して MacBook を電源アダプタに接続しても充電されないか、または断続的にしか充電されない場合があります。

Apple では、本プログラムの対象となるお客様に対し、新設計の USB-C 充電ケーブル (新品) を無償で提供いたします。なお、アクセサリとして別売された Apple USB-C 充電ケーブルも本プログラムの対象となります。

 この充電ケーブルには細かい文字が印刷されているのだが、対象の充電ケーブルは、”Designed by Apple in California. Assembled in China” だけで、新設計の充電ケーブルはこの文字+シリアル番号が印刷されているそうだ。
 俺の持っている物は、バッチリ交換対象だった。昨年4月末という早期に購入したので、まぁそりゃそうか。

 USB-Cケーブルはまだそれほど普及していないようだけれど、これ自体はMacBook独自仕様ではないので、市販品で代替可能だとは思うが、Appleから交換品が送られてくるというので、ありがたい(製品購入時に、有効な住所等を記入した場合は、勝手に送られてくるらしい。そうじゃない場合は、購入者から交換手続きが必要)。


[解決]iTunesに読込んだCDがiPhone上だと変にアルバム分割されて困っている

 先日、愚痴り記事を書いた本件。
 いつの間にか正常になっていた。
 一昨日以降にiTunesに読込んだ4枚のCDはいずれも、iTunesMatchを参照するiOS端末でも件の妙なアルバム分割事象は発生していない。

 なおったか? と思い、アルバム変分割されているものを一旦削除し再同期したら、無事、正常に戻ったよ。
 手順は下記。

 変分割されているアルバムの収録曲を一括選択し、デスクトップ等にドラッグコピーし。
 上記をiTunesから削除。iCloudからも削除、にもチェック。
 即、iTunesMatchをアップデート。
 コピーしておいた曲ファイルを、iTunesのライブラリにドラッグし再登録。
 即、iTunesMatchをアップデート。

 これで、同じアカウントでiTunesMatchを参照しているiOS端末で確認したら、無事、アルバム変分割が解消されてた。

 この約一ヶ月間における、iTunesMatchの不具合だったのだろうと思う。
 俺の場合、変分割されていたアルバムは11タイトル。これを2回に分けて上記作業をしたところ、全部、iOS上でも正常表示になった。
 どこかにキャッシュがあって、そのまま勝手に直ってはくれないようで、一旦削除〜同期〜再登録〜再同期って作業が必要だけれど、アルバム数枚の被害のうちなら、さっさと施しておこう。

 ともかく、なおってスッキリ……ではあるが、その反面、こういう事があるとクラウド依存するには恐いなぁと思う。被害の大小ではないんだよな。微かな不具合でもあるサービスは大規模な不具合もおこりうる。

 俺はやはり、クラウド上のはあくまでも、一時的なコピーと考えている。分散バックアップの一手段にしかすぎない。
 基本的には、手元に全部置いておきたい性分なんだよね。Macのデータも「Time Machineでバックアップとっているから大丈夫。使っているMac本体ストレージとバックアップ先のHDDが同時に壊れる事はないだろう」という程度。
 この場合、バックアップも同じ屋内にあるので、不慮の事故や災害でもろとも失う可能性はある。が、その時は、パソコンのデータがどうのこうのというレベルではない大惨事だろうと、開き直ってもいる。

 まぁ、いずれにしても完璧な物は無いわけで、——何事も——恐れていては先に進まない。もちろん大切なデータ達ではあるけれど、個人情報流出以外は神経質になるのもどうかとは思う。


iTunesに読込んだCDがiPhone上だと変にアルバム分割されて困っている

 かなりモヤモヤしている。

 先月くらいからかな。iTunesにCDを読込んでiTunesMatchに同期。そしてiPhoneで聴くと、そのCDが「アルバム」として分割されて表示されるのがいくつかある。
 CD読込みなどライブラリ本体を置いてあるMacBook Proのライブラリ上では、「アーティスト」や「アルバムアーティスト」及びそれぞれの「読み」は全て同じ。MacのiTunes上でアルバム収録曲を選択して一括入力したりと何度も確認しているので間違いない。コンピレーションアルバムでもない。

 ネット検索しても、「コンピレーションアルバムやゲストアーティストが多く、曲毎に「アーティスト」欄が違うと別アルバムになるので、その場合は「コンピレーションの一部」にチェックを入れる」とか「アルバム名に[disk1] [disk2]などと付記されていると別アルバム扱い」とかいう情報しか見つからない。
 いや、そんな初歩的な事は解っているし、コンピレーションアルバムでもない。一応——コンピレーションアルバムではないが——「コンピレーションの一部」をチェックしても、iPhone上ではアルバムが分割されたままだ。

 前述のMacBook Proのライブラリを元にしたiTunesMatchに、同じアカウントでアクセスしている別のMacBook上のiTunesでは問題なし。同じアカウントなのにiPhoneとiPadでは、特定のアルバムが分割されてしまう。しかもiPhoneとiPadで違う分割のされかたで一貫性がない。

 消極的な対処法でしかないのだけれど、どうしてもiOSのミュージックアプリ上では変に分割されてしまうアルバムは、とりあえずその収録曲を選択してアルバムと同じ名前のプレイリストを作っている。このプレイリストを再生すれば、実質、アルバムを再生するのとほぼ同じ。
 さすがにプレイリストの中身までは、iPhone上でも勝手に分割はされないようだ()。

 どうもiTunesを 12.1.2にアップデートして以降に読込んだCDでこの現象が起きている不具合って感じだな。iTunesジェダイマスターである俺様が解決策を見つけられないんだから、iTunesかiTunesMatchかの不具合と断定してしまう。
 もうね、こういう現象ってかなりイライラする性分なのよね。まったく。
 早急に改善して欲しい。iTunesMatchは年間契約の有料サービスなんだしな!


AirMac設定で「予期せぬエラー」

 事務所(仕事場)移設に伴い、Wi-Fi環境もルータである AirMac Extremeを元の居間から事務所へ移し、居間までのエリア拡張としてAirMac Expressを購入/設置していたのだが、昨日今日は、居間で当該ネットワークへの接続が著しく不安定になっていた。
 で、AirMacの設定を確認しようと、Macで「AirMacユーティリティ」を起動するも、Expressが表示されない。
 不安定な接続先が表示されない、もんだから、色々疑うわけで。
 最悪では、購入したばかりのAirMac Expressが不良品だったのか、とか。

 説明書に従い、工場出荷状態に初期化しても「予期せぬエラーが発生しました。やり直してください」とでるばかりでだめ。
 これなら、さっきまで認識されていたそのままで置いといた方がよかったのか……。

 小一時間悩んだところで、再びネット検索して得られた情報から、とりあえず——且つあっけなく——解決。

 AirMac(ルータ)側とMac側、両方の「IPv6の構成」を「リンクローカルのみ」に設定すればいいらしい。ここが「自動」でもだめだと。
 LANでのAirMac設定にはIPv6が必須というようなことは聞いたことがあるが、こんな事、普通は気づかないよ。
 買ってきたAirMac(ルータ機器)の設定ではデフォルトでは「自動」になってるし。
 これってバグじゃねーの?

 Appleのサイトにも同じ解決方法が記載されていたけど……。
 http://support.apple.com/kb/TS4597?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

 Appleらしくない事象だなぁと思った。


今日はソフトバンクの電話回線で通信障害が発生したって事でマジに焦りまくりだった

 一昨日、iPhone 5sをMacのiTunesとWi-Fi同期中に、TimeCapsule(Wi-Fiルータ)がフリーズした。
 同期はエラーで中断。TimeCapsuleを再起動し、その直後に再度同期をしたら正常に終了したかに見えたのだが、翌日iPhoneで音楽を聴いていたら、正しく再生されない曲がいくつかあった。
 昨年秋のiPhone 5s購入前後から、同期——特に音楽——が不安定になっていたので、「またかよ」と思った。
(iPhone 5s発売と前後してiOS7のリリースとそれに伴うiTunes 11.1、OS X Mavericksのリリース……と、怒濤のアップデートがあったので、どれが原因だか特定できていないのだが、周囲の知人やネット検索でも同じような症状が散見される。)
 同期中にフリーズしたので、今回はそれが原因である可能性が大なのはもちろんだが、再度の同期でもうまくいっていないというのは、どうしても例の不安定さを恨んでしまう。

 さらに何度か同期をしてみるもやはりダメな曲がある。
 ってことで、今日の昼。iPhone 5sの復元を行った。この電話回線は仕事でも使っているので、復元の前にSIMをiPhone 5に差し替え、そっちで通話を行えるようにして。
 で、作業終了後、SIMを5sに戻す。
 だが!なんと「圏外」のままじゃないか!再度5に差しても圏外。5sも5も圏外……。

 まぁ、この時、ソフトバンクで通信障害が発生してたっていう訳なのだが、もしかしてやっちまったか? しかし公式には流用できないとされているiPhone 5sと5のSIM差替えなんかで壊したとバレたら保証外かな? とか色々考えつつ、動態保存してあるiPhone 4Sにまで、滅多に使わんnanoSIM→microSIMアダプタも引っ張り出し装着しSIM差替えて試したり、あげくは、因果関係は薄いだろうとは思いつつも音楽を全消ししたり。通信障害だと気付くまでの約1時間くらい、焦りまくりだったぞまったく。
 タイミングが悪すぎる!

20140109

 まさにこれだわ(笑)。
 いや、iPhoneの故障じゃなく、通信障害もすぐ復旧したし、よかったけどね。


iPhoneのコントロールセンター表示がおかしくなった

 iOS 7で新に搭載された機能、コントロールセンター。いちいち「設定」内の階層をたどらずに、主要機能のオンオフ切替えや、旧タスクバー最左にあったのと同様に音楽の簡易操作ができる便利なものだ。

 その便利機能コントロールセンターが、今朝、iPhone 5sでおかしな表示になってびっくりした。記念に(?)撮っておいたスクリーンショットがこれ。
20131021_iphone_controls_1
「画面縦向きのロック」をオンにしているのに横向き表示。だが通常の横向きではなく、縦向きのレイアウトの下側だけが横になり長辺方向に間延びし、上部が表示されていないから、しまう事もできない。ホームボタンを押して消したけどね。

 正常なコントロールセンターは、こんな表示。
20131021_iphone_controls_2
 正常な縦向き。
20131021_iphone_controls_3
 正常な横向き。

 しかし、こういう部分での原因不明な症状ってのは怖い。電源を入れ直したら正常表示に戻ったけれど、なんだったのだろう。
 iOS 7は、まだまだ細かいバグが多いなぁ。


iOS 7になったら連絡先変換ができずに困っていたが、暫定解決

 iPhone/iPadの「ユーザ辞書」は、一括削除ができなかったりiCloud同期で挙動不審になるなどメンテナンス性があまり良くないので、俺は、まだユーザ辞書機能がない時からの伝統的裏技である「連絡先変換」をいまだに用いている。
(説明しよう!「連絡先変換」とは、iOSの日本語変換では、「連絡先」の「姓」「名」の項目が変換候補に挙がる。ここでは、それを逆手にとり「名」蘭をユーザ辞書的に利用する技の事である。)

 ところがっ! 先月リリースされたiOS 7にアップデートしたら、連絡先変換が調子悪い。日本語かなキーボード(フリック入力)でのみ、連絡先の姓名が変換候補に現れるが、日本語ローマ字キーボードでは駄目。正当なユーザ辞書も同じ症状。
 iPhoneならまだしも、iPadではローマ字入力の方を多用している、というよりかなキーボードは滅多に使わない——あの五十音配列は気持ち悪い(笑)しフリック入力は小さくて使いにくい——ので、どうしようもない。モヤモヤしつつ約一ヶ月が過ぎた。

 アップルのサポートコミュニティにも同じ症状に見舞われている人が居て、ディスカッションがなされていたが、解決策は見つからず。
 が、今日、有益な情報が投稿されていた。

20131013_renrakusaki_0
上記の元サイトはこちら
 要は、前述のデータ登録の際に、「読み」を「ローマ字で」入れておくというもの。騙されたと思って(笑)試したら、おぉ! 変換候補に出てきたよ! 連絡先変換が復活したよ。
 紹介されていた方法は、ローマ字キーボードでのみ変換できるようなので、既存の「かなキーボード(フリック)用」に加えて「ローマ字キーボード用」も登録。都合、各単語を二つずつ登録することになる。
 その修正作業は、面倒でiPhoneではやる気にならないので、多少は楽なMacでやった(MacとiOSデバイスとで、連絡先がiCloud同期対象になっているのが前提)。

20131013_renrakusaki
 俺は、ユーザ辞書目的の項目は、下記法則で入力している。
 ・「姓」=未入力
 ・「名」=単語
 ・「姓の読み」=“.”(半角ピリオド)
 ・「名の読み」=単語の読み
 こうすると、リスト上ではユーザ辞書目的の項目が“.”で集まるので管理しやすい。
 既存の該当項目をコピー&ペーストし、片方を読みをローマ字に修正する。上記例では「しょぼん」を「syobon」にした。当たり前だが、自分の常用しているローマ字入力法則にしておかないと、思ったように変換されないので注意。

 当該情報の投稿者カシー氏は、根本的な解決にはなっていないとおっしゃっているが、暫定対処とはいえ、素晴らしい対処法。いやぁ、これを発見されたのは凄い。感謝してます。
 同様の症状に困っている方はお試しあれ。

 それにしても、早くiOS標準で素直な全角スペース入力ができるようにしてください、アップルさん。


iPhoneのApp Storeの表示が重たい時はGenius for Appsをオフにすると良い

 iPhoneのApp Store(アップストア)で画面切替えや一覧表示がやたら遅く感じる。顧みればiOS 6になったあたりからそうなったような気がする。
 で、ネット検索してみたら、あっさりと対処法が見つかった。
「ゆふきちのiPhone Life|iPhoneのAppStoreアプリが重い。。そんな時はGenius for Appsをオフに!」など多数あったので、有名な症状なんだね。

 設定アプリでで、プライバシー>位置情報サービス>システムサービス の「Genius for Apps」をオフにするだけ。
130805_iphone01

 なるほど!重たくなくなった。

 iTUnes(ミュージック)などもそうだけれど、個人的にはGeniusって重たくてうざったくて大嫌いなんだよね。こういう余計な負荷もあるし。

 あ、アップルストアのGenius Bar(ジーニアスバー)には時々お世話になり助かってます(ここも、お世話にならずに済めばなによりなんだけれども(笑))。