iPadの商標がアップルへ

 「iPad」商標、米Appleが富士通から取得 – 有償譲渡か(2010.03.27 マイコミジャーナル)

米特許商標庁(USPTO)資料(No.76497338)により、米Appleが、富士通から「iPad」商標を取得したことが明らかになった(17日付でAppleが商標登録)。また、協議の末金銭支払いで両者が折り合ったと報じているメディアもあるが、金額など条件は明らかになっていない。

 まぁ、こういう交渉をしようというのも当初から織り込み済みだったのかもしれないね。アップルって、自社の製品に必要な機能とかは、その機能を買取ったり企業そのものを買収したりしてるもんな。
 現在のMac OSXだって、創業者のスティーブ・ジョブズさんが起こした会社とはいえ、ネクスト社を吸収して、そこのNeXT STEPを自社の物とし、それをベースに開発されたものだし。

 ともかく、iPadに関する問題が払われた事は歓迎。


復活のEGBRIDGE

 物書堂:使い慣れた日本語入力プログラムを再び…

物書堂は、2009年10月に Mac OS X 10.6 Snow Leopard および 10.5 Leopard に対応した日本語入力プログラム“かわせみ”を発売します。

この日本語入力プログラムは株式会社コーエーよりライセンスを受けた“egbridge Universal 2”がベースになっています。

 キターーー!
 2008年1月にEGBRIDGEが発売終了して以後2年弱の間、ことえりを使って耐え忍んで来たが、やっと、その苦労が報われる。
(ATOKって、昔一時期使ったけど重くて動作が不安定だったので、個人的にはあまり良い印象がなく、だったらことえりの方がマシ、と思っている)
 物書堂を立ち上げた廣瀬さんは、エルゴソフトでEGBRIDGEの開発に携わってこられた方。昨年、物書堂が活動開始した頃から、この日を待っていた。
「かわせみ」は、買うという以外の選択肢は、俺にはない。
 早く発売しないかな。楽しみだ。


iPhone版SimCity登場!

SimCity
 SimCityのiPhone版がAppStoreでリリースされた。ちゃんと日本語化されているらしい。
 どうも、PC版SimCity3000がベースになってるみたいだね。
 今色々と忙しくてやり暇がないから、まだ購入してないけど、近いうちに必ずやるつもり。SimCity大好き。


HGUCザクII改、改造(予定)

 HGUCザク改。
 さて、プロポーションについて愚痴ってばかりじゃしょうがない。っつーか、元々、承知で購入したのだ。大好きな機体なので、あれこれと改造案を模索するのも楽しい。
 旧キットをベースにするよりは遥かに楽だろうし。

 とりあえず、細い手足をなんとかするのが第一目標。
 このHGUCザク改が発売されたらまず試そうと思っていた事を試す。

HGUCザクFZ 改造案
 HGUCに、旧キットの前腕と脚の下部(足首まで含む)を取り付けてみる。
 おぉ。手足のボリュームが増して、かなりいい感じじゃね?
 ちなみに、可動はともかくとして、HGUCのひじ・ひざ関節に、旧キットの上記パーツがそのまま取り付けられるとは、予想以上だ。
 この改造をやってくれと言っているようなパーツ構成だと思ってたが、まさかこれほどしっくり取り付けられるとは思ってなかった。
 まぁ、旧キット持ってて、これを試した人は多いんだろうなぁ(笑)。でも、旧キットのザク改は滅多に再販されないから希少なんだよね。一昨年の再販時に5箱も買った俺も、もう、手つかずが1箱と腰パーツなしが2箱しか持ってない。
 今再販したら、かなり売れると思うぞ……あ、旧キットから改修した腕と脚のパーツをBクラブ扱いで売る気だろ>バンダイ


99→100

 うちの近所のショップ99が一昨日閉店。今日、ローソンストア100になった。
 1年くらい前に、ショップ99とローソンの業務提携が発表された時、ローソンが吸収合併するかもと思ったが、その後、いつの間にかローソンが筆頭株主になってたんだ。

 ショップ99の広報ページによると、

株式会社九九プラスは、2007年3月に業務・資本提携し、2008年1月に筆頭株主となった株式会社ローソン(本社:東京、社長:新浪剛史)および株式会社バリューローソン(本社:東京、社長:河原成昭)との取り組みを本格化しますので、お知らせいたします。

 1.グループ統一PBブランド「バリューライン(VL)」商品の発売
 2.「SHOP99」、「ローソンストア100」の統合を目指した試験店の展開
 3.新フランチャイズ・チェーン(FC)パッケージによる試験店の展開
 4.ATM(現金自動出入機)の試験導入
 以上です。

2.「SHOP99」、「ローソンストア100」の統合を目指した試験店の展開
 ◎店舗名称を「ローソンストア100」にして出店します。
 ◎価格は一部商品を除き100円(税込105円)、売場レイアウト・棚割り・什器備品は「SHOP99」の仕様をベースに展開します。
 ◎中食は全品、バリューローソンとの共同開発商品を販売します。
 ◎1号店は2月26日オープン予定の「中野南台店」(東京都中野区)。3月までに7店出店(関東エリアを予定)を見込んでいます。

【検証点】
 ◎ローソンのブランド力・MD(商品政策)力、九九プラスのオペレーション力・MD力といった両者の得意分野を合体。より収益性が高く、集客力のある店舗フォーマット構築を目指します。
 ◎他社生鮮コンビニ、コンビ二エンスストア、100円ショップ、食品スーパーなどに対する競争力を検証し、お客さまにいっそう支持される店舗作りを進めていきます。

 との事で、試験店舗なんだね。んでも、目と鼻の先に本家ローソンもあるんで、ちょっと鬱陶しいぞ。

 ともかく、店内に流れる強烈なテーマソング「♪ あなたも私も きゅっきゅきゅきゅっ! しょっぷ きゅっきゅ きゅっきゅきゅきゅっ!」 ってのが聞けなくなるのが寂しい(笑)。


「紫いものお酒ImoImo」試飲モニター

B-Promotion(ビープロモーション)」のモニタープロモーション参加の記事。サントリー「紫いものお酒 ImoImo」

imoimo
 メーカーサイトによれば、新発売のこのサントリーImoImoは「スイートポテトな味わい」のキャッチコピーで、紫いもを茹でて搾汁した濃縮汁に白ワインやブドウ蒸溜酒をブレンドし、程よい酒らしさが感じられるまろやかな味わいが特徴なんだとか。
 どうしようかと思ったが、酒の試飲って事で、応募してみた。

imoimo
 とりあえず、ロックで飲んでみた。色鮮やかで、ワインみたい。
 しかし、甘い。甘すぎる。ごめん、俺は、そのままでは飲めないや。

imoimo
 届いた箱を空けて、ボトルを見た瞬間から、嫁さんは興味津々。その嫁さんにも一緒に飲んでもらった。まずは同じくロックで少し。わりと気に入った様子。嫁さんは、次に、牛乳割り。飲みやすくてお手軽で美味しいカクテルになったと。

imoimo
 俺は甘すぎて、正直いって、大好きにはなれないが、確かに、素朴な味わいは、カクテル好きには好まれるかな、と思った。紫いもベースとのことだが、それほど主張してもいなくて、メーカーサイトで紹介されているように、牛乳、緑茶、オレンジなどで割って飲んでもおいしいだろう。

 このImoImoの感想を集めたWebページが近々オープンするんだって。ImoImoに興味ある人は、他の人の意見も参考にして、お試ししてみてはいかが?

キャンペーンバナー

サントリー紫いものお酒「Imo Imo」


やっとTimeCapsuleが!

 TimeMachineによるMacのバックアップ機能に対応に対応するHDD内蔵の無線LANベースステーションTimeCapsuleが、本日より順次発売。キターーーーー!
 発表以来、今垣間かと待ち焦がれているTimeCapsuleが、遂に。

 ちなみにWindowsでも使えるよ。単なるNAS内蔵無線LANとしてだけなら(笑)。


新MacBook & MacBook Pro

 アップル、MacBookとMacBook Proをモデルチェンジ (2007.02.27 PC Watch)

 MacBook と MacBook Proがモデルチェンジ。ふむ。CPUがPenrynベースになったり、MacBook ProではiPod touch や MacBook Air でおなじみのマルチタッチトラックパッドが採用されたりと、中々魅力的だね。
 前モデルと比べると「ちょっと大きなマイナーチェンジ(笑)」ってな感じだけど、当然、代を重ねる毎に進化はするからなぁ。俺の初代MacBookと比べると、さすがに2年の歳月が流れているわけで、羨ましい(笑)。

 っつーか、本体のモデルチェンジもいいけど、TimeCapsuleの発売開始は、いったいいつよ? そっちの方を待っているのだけれど。

 関連サイト

 アップルジャパン
 http://www.apple.co.jp/

 MacBook
 http://www.apple.com/jp/macbook/

 MacBook Pro
 http://www.apple.com/jp/macbookpro/


Air

 Airといっても、エヴァンゲリオンのサブタイトルではない(笑)。

 MacWorld2008で発表されたね。噂に上がってた、サブノートMac。
 MacBook Air。厚さ2センチ弱、重さ1.4キロ弱。それなのに、画面やキーボードは妥協なしのフルサイズ。
 これ、名機PowerBook Duoの現代版だね!
 スペックを見ると、Windowsサブノートとも十分張り合える価格かと(でも、俺にとっては「高値の花」だけど)。

 それと、TimeCapsule(タイムカプセル)。言ってしまえばHDDを内蔵した無線LANルータ。
 ってことで、当然、無線LAN経由でTimeMachineの自動バックアップ処理用に活躍してくれる。
 たぶん、近いうちに(現在封印されている)ネットワーク接続HDDへのTimeMachineバックアップが可能になるアップデータがリリースされるんだろうね。で、すでにAirMac ExtremeとUSB接続HDD or NASを持っている人は、それが活用できるようになると。
 閑話休題。AirMac Extremeと同等機能に1万4千円追加するだけでTimeCapsuleの500GB版が買える。お買い得だと思うね。ベースステーションとNASが別個だと多少面倒だし。たぶん、我が家では導入するだろう(笑)。


空を飛ぶ夢

 俺は、あまり夢は見ない。見ているのかもしれないけども、起きた後も覚えている事はほとんどない。

(以前にも書いたかもしれないけど)そんな数少ない夢の記憶のほとんどには、俺が空を飛んでいるシーンがある。
 ロボットや飛行機を操縦して飛行していたり。
 ハンググライダーやスカイダイビングをやっていたり。
 自力で何百メートルもジャンプしていたり。

 空を飛びたいという願望が皆無といったら嘘になるけど、固執してる訳でもないし、むしろ、実際に体験できそうなハンググライダーやスカイダイビングなんかは恐くてやりたくないし、数年に1度は乗る飛行機ですら、あんな鉄の固まりが飛ぶことには不信感をもっている(笑)。
 残るのは、正真正銘「夢の世界」である、自力飛行か。

 俺が高度ジャンプや自力飛行している夢の中では、だいたい、その能力は特殊なものじゃなく、誰でも出来る普通の事って設定なんだよね。
 ガキの頃の俺が、友達と空中で三角ベースをやっていたりとか。なんか、飛行は日常なわけよ。
 だから、自分が超人になりたいとか、そういうのでもなさそうだ。

 いや、夢占いの類いはどうでもいいので、却下だが(笑)。