Time Machineバックアップから復元できるようになった

 ここ数日間モヤモヤと悩んでいた、Time Machineバックアップから復元できない問題。
 メニューバーアイコンから「Time Machineに入る」を選んで個別のファイルやフォルダを復元しようにも、移行アシスタントを起動してTime Machineバックアップからユーザデータをまるごと復元しようにも、「ボリュームの大文字/小文字が正しくないためバックアップを作成できません」というエラーがでて復元できないという謎の症状。

 仕事で使っているMacBook Proの内蔵HDDなので思い切ったこともできずにいたが、ちょっと時間ができたので、ポータブルケースに入れたUSB外付けHDDドライブに内蔵HDDのユーザフォルダをドラッグコピーした後、リカバリーパーティションから起動(command+Rを押しながら起動)し、OS X El Capitanを再インストールした。
 クリーンインストールしてユーザデータをドラッグコピーで戻すとか色々なアプリケーションの再インストール&設定などをやっている時間までないので、アップデート時のような上書きインストールで。

 そうしたら、Time Machineバックアップからのファイル復元ができるようになったよ。
 ただし、上記のEl Capitan再インストールを行って以降に保存された日時分のバックアップからのみ。それより前のバックアップから復元しようとすると、やはり同じ「ボリュームの大文字/小文字が正しくないためバックアップを作成できません」のエラーが出る。

 しかしまぁ、MacBook Proの内蔵HDDのファイル構成か何かがおかしかったということは判ったし、一応必要な日時以後のバックアップからは復元できるようになったので、いいか。
 近日中に、もう少し時間が取れた時に、改めて初回バックアップからやってみようと思う。


復元したいのにバックアップができないというエラーになる

 先日、仕事用のMacBook Pro 15-inchで誤って消去してしまったファイルを取り戻そうと、FinderからTime Machineに入り、目的のファイルを復元しようとしたら、
「ボリュームの大文字/小文字が正しくないためバックアップを作成できません」というエラーになった。

 復元したいのに「バックアップを作成できません」とは、意味がわからんエラーだ。

 消失したファイルは、まぁ、戻らなければ戻らないでなんとかなるものだったので良いが無作為に他のファイルでも試してみたら、すべてが同じエラーになった。

 同じHDDへTime MachineバックアップをしているMacBook 12-inchでは、問題なくファイルの復元ができる。

 バックアップ用のHDDをフォーマットしなおして、初回バックアップからやってみたが、状況は同じ。
 バックアップは何事もなく完了する。が、やはりMBP15では復元ができず、MB12ではできる。

 MBP15につないだ外付けHDDにOS Xを新規インストールして、そこから起動すると、バックアップも復元もできる。
 ってことで、現在運用中のファイル? HDDの何か? が不具合になっているのだろうとは、素人なりに分かった。

 仕事で使っているMacというのが、始末悪い。
 MB12みたいに完全私用のなら、OS Xクリーンインストールとかもためらうことないのだけれど。
 消した後に、Time Machineバックアップから戻せない状態だったら嫌なのだ。

 今週末は、必要ファイルを別HDDへの手動コピーと、OS Xクリーンインストール、データを手動で戻す……をやらないとだめだなこりゃ。

 二十数年のMac歴の中で、十年ぶりくらいに久々の大きなトラブルだわ。
 参った。


[解決]iTunesに読込んだCDがiPhone上だと変にアルバム分割されて困っている

 先日、愚痴り記事を書いた本件。
 いつの間にか正常になっていた。
 一昨日以降にiTunesに読込んだ4枚のCDはいずれも、iTunesMatchを参照するiOS端末でも件の妙なアルバム分割事象は発生していない。

 なおったか? と思い、アルバム変分割されているものを一旦削除し再同期したら、無事、正常に戻ったよ。
 手順は下記。

 変分割されているアルバムの収録曲を一括選択し、デスクトップ等にドラッグコピーし。
 上記をiTunesから削除。iCloudからも削除、にもチェック。
 即、iTunesMatchをアップデート。
 コピーしておいた曲ファイルを、iTunesのライブラリにドラッグし再登録。
 即、iTunesMatchをアップデート。

 これで、同じアカウントでiTunesMatchを参照しているiOS端末で確認したら、無事、アルバム変分割が解消されてた。

 この約一ヶ月間における、iTunesMatchの不具合だったのだろうと思う。
 俺の場合、変分割されていたアルバムは11タイトル。これを2回に分けて上記作業をしたところ、全部、iOS上でも正常表示になった。
 どこかにキャッシュがあって、そのまま勝手に直ってはくれないようで、一旦削除〜同期〜再登録〜再同期って作業が必要だけれど、アルバム数枚の被害のうちなら、さっさと施しておこう。

 ともかく、なおってスッキリ……ではあるが、その反面、こういう事があるとクラウド依存するには恐いなぁと思う。被害の大小ではないんだよな。微かな不具合でもあるサービスは大規模な不具合もおこりうる。

 俺はやはり、クラウド上のはあくまでも、一時的なコピーと考えている。分散バックアップの一手段にしかすぎない。
 基本的には、手元に全部置いておきたい性分なんだよね。Macのデータも「Time Machineでバックアップとっているから大丈夫。使っているMac本体ストレージとバックアップ先のHDDが同時に壊れる事はないだろう」という程度。
 この場合、バックアップも同じ屋内にあるので、不慮の事故や災害でもろとも失う可能性はある。が、その時は、パソコンのデータがどうのこうのというレベルではない大惨事だろうと、開き直ってもいる。

 まぁ、いずれにしても完璧な物は無いわけで、——何事も——恐れていては先に進まない。もちろん大切なデータ達ではあるけれど、個人情報流出以外は神経質になるのもどうかとは思う。


そうか、AirMac DiskはTime Machineバックアップ対象外だったよなぁ

「何を言っているんだ、バックアップに使えるよ」と叱られそうだけれども、そうではなく。

 Apple純正のWi-Fiルータ、AirMac Extremeには拡張用のUSB2.0ポートがひとつあり、ここにHDDを接続して、ネットワークドライブとして使える機能があり、これをAirMac Diskと呼ぶ。ファイル置場としてだけではなく、これをTime Machineバックアップ先にも指定できる。

 UBSハブを使って2台のHDDをつなぎ、1台を共有ドライブ(これをAとする)に、もう1台をTime Machine用(これをBとする)にしようとした。2台つなぎそれらを認識することはできた(※Appleが公式には認めてはいません。試すかたは自己責任でどうぞ)。
 しかし、AをBへというか、他のどのドライブへもTime Machineバックアップはできないんだよね。

 Time MachineはMacのディスクのバックアップを行う機能なので、言われてみれば当たり前なのだが、このことをすっかり忘れていたよ。
 バックアップ対象にするには、どれかのMacにつないで、そのMac(の外付けディスク)を共有させるしかないのか。

 ファイルサーバにしている中古のMacBook 13-inch Aluminum 2008を処分しようと思ったのだが、まだまだ活躍してもらうか。


EvernoteのMac上のローカル保存場所は見つけづらかった

 なんかEvernoteの同期がうまくいかなかったので(それはすぐに解決、というか何事もなく同期できるようになってた)、どうしたもんかと、とりあえずMacのローカルファイル保存場所はどこかFinderで検索したらとても紛らわしく、どれがノートのデータなんだかわからんかった。ライブラリフォルダがエイリアスで入れ子になってたりしてて、まるで迷宮。
 以前からこんなだったっけ? 素直に「ライブラリ/Application Support」の中に入っていたような気がするが。
 まぁ、それは今さらどうでも良い。時々、Evernoteのエクスポート機能ですべてのノートをenex形式で書き出しはしてるんだけど、これはEvernoteじゃないと読めない形式。どうせそうなら、元データ(のフォルダ)をそのままどこかにコピーしといた方が早いのではないかと思った次第。

 ところで、Mac版の場合、簡単に元データの場所を見つける方法があった。Windows版もたぶん同じような操作だと思うがoptionキーがないし、どうだかは知らん(笑)。

 Evernoteのメニューから「Evernoteについて」を選択。
20150125_evernote_1

 ダイアログが表示されている時にoptionキーを押すと、「データベースフォルダを開く」ってのが現れた。optionを押したままここをクリックすれば、Finderに当該フォルダが開く。(システム環境設定の)セキュリティの設定によっては、初回は「www.evernote.comを検証中」ってプログレスバーが出るので、しばし待とう。
20150125_evernote_2

 データのフォルダは、こんな所にあった。別に隠しフォルダではないのだが、前述のようにちょっと見つけづらい場所ではある。
20150125_evernote_3

 それにしても、もしEvernoteが突然使えなくなったら、かなり困るよね。


MacとiPhoneのSafariブックマーク同期がうまくいかない

 iCloudを使うようになって以後かなぁ。最近、MacとiPhoneでブックマーク同期がうまくいかない。
 iPhoneで登録したブックマークはMac——のSafari——に同期できるが、Macで登録したものはiPhoneへ同期されない。片方で削除したブックマークが別の方では残ったままだったり。

 ググってみると、同じような症状のひとがたくさんいるようで、その解決法もいくつか紹介されていた。
 その中で、今回は下記サイトを参考にさせていただき、正常に同期できるようになった。

 iCloudのブックマーク同期がうまくいかない人へ。Mac/iPhone/iPad間のSafariとChromeでブックマークを完全に同期させる方法と気を付けるべきこと | loveMac.jp

 詳細は上記の記事をご覧いただきたいが(手抜き)要は、

 iOSデバイスのiCloudブックマーク同期をオフ
 ↓
 MacのSafariブックマークを書き出す(バックアップ保存)
 ↓
 MacのSafariブックマークを削除
 ↓
 MacのSafariブックマークを読込む(先のバックアップを)
 ↓
 iOSデバイスのiCloudブックマーク同期をオン

 で良いみたい。

 さらに、Xmarksのサービスを利用していると、ちょっと不都合が起こるらしい。俺もXmarksを利用していたのだが、今はSafariがメインブラウザのため、これを機にXmarksは停止(同期ツールをアンインストールし、アカウントも削除)させた。
 もう、GoogleChromeやFirefoxではブックマーク保存はしない事にする。


iTunes Store が機能強化、iTunes in the Cloud が日本でも提供開始

 昨日アップルから突然発表され、iTunes in the Cloud が日本でも提供され(→アップル公式サイト:iTunesの新機能)、それに関連してiTunes Storeも機能強化された。それについては他所の記事の方がずっと詳細に解りやすく解説しているだろうから、ここでは割愛(笑)。
 下記あたりを参照されたし。

 アップル、iTunes in the Cloudを始めとする新機能でiTunes Storeを強化 – ソニーの一部楽曲も取り扱い開始(マイナビニュース 2012.02.22)

 もちろんiTunes in the Cloudの国内提供開始は歓迎すべき素晴らしい出来事で、俺自身も喜んでいるが、一度買った曲の再ダウンロードが無料化されたのと、アルバムの中の数曲を単品購入したあとでアルバム全曲が欲しくなった時にアルバム価格(多くは単品購入より安く設定されている)から単品購入済価格分の差額で残り曲が購入できるようになったのが嬉しい。

 あと、iCloudバックアップで、音楽もバックアップできようになったの?
 今までiOSデバイスのiCloudバックアップは使わず、MacBook Pro のiTunesへ——主にWi-Fiで——バックアップしていたのだが、そろそろiCloudバックアップをオンにしてみるか、という気になってきた。

 アップルって、最初に全部出すんじゃなく、こうやって徐々に機能追加していくタイミングが絶妙だよね。まったく新しい機器やサービスが登場した時には「あの機能がない」という不満があるけれども、同時に「きっとすぐに搭載/実現してくれるさ」と穏やかに待ってしまう。実際、多くがそうなってきたしね。


ジョブズさん最後の“作品”

 いや、iPhoneは、毎年買うものだよ。うん。

20111016_iphone4s_1.jpg

 予約開始日の10月7日の夜にソフトバンクオンラインショップで予約した iPhone 4S が、15日昼に届いた。土曜日なのでちょうどよい。夕方にiPhone 4 からの移行を行った。4の内容のバックアップをとって、4Sをアクティベート、データの復元。といっても、USBケーブルでMacにつないでiTunesを起動、最初に画面の指示に従っていくつかの選択・入力をするだけ。アップル製品は買替え等の時のデータ移行が凄く簡単なんだよね。もちろん、データ容量によっては1時間くらいかかるけども。

 開封して、まずは保護フィルム貼り。
 パワーサポートのアンチグレアフィルムセットを使った。
パワーサポート アンチグレアフィルムセット for iPhone 4 PHK-02
B003TII2UU
 この商品には前面アンチグレア2枚、背面クリスタル1枚が入っていて、前面用が1枚残っていたので。
 背面は、4に貼ってあるのがあまり痛んでいなかったので、丁寧に剥がして4Sへ貼り直し。
 今回は一度剥がして流用貼り直しなので、ホコリに気をつける必要があったので、ひさびさに本当に「風呂場で全裸で」作業したよ。その甲斐があって、我ながら予想以上に綺麗に貼れた。自称・保護フィルム貼り職人は伊達じゃない!

20111016_iphone4s_3.jpg

 で、4と4Sは、外観はほぼ同じ。アンテナ構成の変更により、側面のスリット位置が変わったのと、ミュートボタン、音量ボタンの位置が若干変わった程度。その他は同じなので、並べると一見区別がつかない。

20111016_iphone4s_2.jpg

 とはいえ、このボタン位置の変更は、流用できると思っていた4用カバーのうち、穴がシビアな物は使えなくなる。
 俺の場合、4ではバンパー(パチモン(笑))を使っていたのだが、それが気に入っているので、できれば流用したい。
 結論からいえば、ミュートスイッチ用の穴を少し広げたら、あまり違和感なく装着・操作できた。

20111016_iphone4s_4.jpg

 ミュートスイッチ用穴の奥まった所の薄い部分の、ボリュームボタン側(約2ミリ)を削っただけで大丈夫だった。ガンプラを趣味にしていると、こういう時に役に立つね(笑)。
 デザインナイフで慎重にカットした後、ペーパーがけ。

20111016_iphone4s_5.jpg

 よく見れば、穴の中でスイッチの位置が偏っているのだが、数時間経ったら、もう気にならなくなったよ。

 今まで使っていた iPhone 4 は、例年通りの経済的理由(笑)により売却して割賦残金の一括払いに充てる予定だが、 iPhone 4S は、大切に使いその後機種変更しても手元に残す事を誓う。
 iPhone 4S は、ジョブズさんが直接手がけて完成まで見届けた最後の“作品”だから。


MacBook Pro 購入

 いや、iPadやらエアコンやらを買ってしまったので、今年は買うつもりはなかったんだけどね。
 先日、家族共用にしている初代MacBookが調子悪くなってしまったので、家庭内スライドアップグレードを決行。

 MacBook Pro 13″購入 → 俺のMacBook(Early2008) → 家族共用MacBook(初代) → 売却処分

 予算も厳しいので、MBPとはいっても最下位モデルで、ほとんど白MacBookと変わらないスペックだけど。
 まぁ、光るキーボードは、ちょっと格好良いな。薄暗い所では使わないので、実用性はあまり感じないけども(笑)。

MacBookPro

 データ移行はTimeMachineバックアップから戻そうと思ったんだけど、なんかMBPが有線でも無線でもTimeCapsuleに繋がらないので、今まで使っていたMBに内蔵されているSSDを引っこ抜き、新しいMBPにUSB接続して移行アシスタントを実行して、無事データ移行は完了。

 画面は確かに綺麗なんだけども、今まで使ってたMBよりもずいぶんギトギトして青っぽい。Windowsマシンみたいな色味だよ(笑)。ちなみに、前機でもガンマ値は2.2にしていたので、それのせいではないはず。
 最近のLCDディスプレイって、みんなこんなもんなのかな? 慣れの問題かねぇ。

 ともかく、新しいMacは嬉しいやね。


TimeCapsuleを新しくした

 先日、TimeMachineでのバックアップが出来なくなった。TimeCapsuleのHDDが壊れたようだ。
 うちのTimeCapsuleは、初代モデルの500GBで、発売開始間も無くに購入したもの。つまり、1年10か月の間、24時間可動し続けて、無線LANルータとして、我が家の3台のMacのデータバックアップ用ストレージとして、活躍してくれた。
 もう少し持ちこたえて欲しかったが、まぁ、そういう使用状況を考えると2年程度で寿命なのかもしれない、と思う事にした。

 そして、やはり一度使うとその便利さ故、無いのは困るので、新しいTimeCapsuleを購入。1TBと容量は倍になり、性能的にも格段にアップしてるね。そりゃ初代とくらべらたねぇ(笑)。
 設定は、AirMacユーティリティの「構成ファイルを読込む」で古いTimeCapsuleで保存しておいた構成ファイル(設定ファイル)を開き、各項目を、新しいTimeCapsuleの設定欄にコピペ。
 デュアルバンド対応になったので、iPhoneやPSPを接続しても、MacBookではリンク速度がちゃんと130Mbitになっている(俺のMacBookは300Mbit対応ではないのだよ(涙))。なので、実効速度も65Mbitくらいに上がった(以前は良くて30Mbitくらい)。もう体感できるほどの違いで、快適にネットできている。
 でも、この速さもすぐに慣れてしまうんだろうな。