フリクションボール4をカスタマイズ

 ボールペン。フリクションボール4をメインに使って1ヶ月が経過。
 遅ればせながら、すっかりフリクション派になって、上位モデルの「フリクションボール4ウッド」まで購入してしまったよ(笑)。
 3色タイプの「フリクションボール3」を使っていたのだけれど、大いなる不満のために、4色タイプを——せっかくなので上位モデルのウッドも——追加購入したのよ。


続きを読む


メインで使用するボールペンを乗り換えようか思案中。

 ボールペン。長年ハイテックCコレトの4色軸を使っているが、フリクションボールに乗り換えようかと思案中。
 替芯(リフィル)の色を好きなように選べて組み合わせられる多色ボールペンはいろいろあるが、ハイテックCコレトは軸と替芯を別々に購入する点が良い。特に赤と、書いた跡が万年筆っぽいブルーブラックは個人的に必須。逆に青は無くても良いし、緑なんて滅多に使わないので不要。なので、余計な芯が最初はついていない軸だけを売っていて、ブルーブラックは選べるコレトが好きなのだ。

 だが、多色タイプのフリクションにも2年くらい前(違っていたらすみません)にブルーブラックのリフィルが登場したらしい。

 試しに、まず3色タイプ(最初から黒赤青が入っている(笑))と、単色スリムタイプのブルーブラックを購入。どちらも0.38mm。
 3色タイプの青をブルーブラックに交換。これは互換性がある。

 消せるボールペンは確かに便利だ。取引先でも使っている人が多い。フリクションボールは人気なんだな。
 でも、ハイテックCコレトに比べると筆跡が薄い。赤やブルーグレーはまぁ悪くはないが、黒はグレーっぽいと感じるくらいに薄い。0.38mmの極細にしたからか、消せるインクなので普通のインクより薄いのか。0.5mm芯も試してみよう。
 まぁ、署名や宛名など、消えては困るような筆記の時のために、特に黒用としてハイテックCコレトも試用するが、メインはフリクションボールへ移行してもいいかな。同じパイロット社製品での乗換なので、心も痛まない(笑)

 170804追記
 多色用軸に使えるブルーブラック替芯は、現在0.38mmしか発売されていない。