MacFan縮刷版が届いた

 12月初旬の先行予約で申し込んでいた MacFan縮刷版DVD-ROM 2007-2009 (通販サイトはこちら)が、本日届いた。
 3年分36冊分が、1冊分以下のスペースに収まっているというのも嬉しいけど、バックナンバーの記事が検索可能ってのは、やっぱり便利。そうそう頻繁に使うものじゃないけど、時々バックナンバーを確認したい事はあるんだよね。
 今後は年鑑スタイルで1000〜1500円程度で継続してほしいなぁ。


Mac Fan 縮刷版DVD-ROM発売

 3年分の全編集記事を検索できる「Mac Fan 縮刷版DVD-ROM」の予約販売を開始(2009.12.03 マイコミジャーナル)

月刊のMac専門誌「Mac Fan」は、過去3年分の編集記事をPDFデータ化しDVD-ROMに収めた「Mac Fan 縮刷版DVD-ROM 2007-2009」を2010年1月29日に発売する。価格は5,980円(税別)だが、現在、1,000円安い4,980円(税別)で購入できる事前予約キャンペーンを実施中だ。

 決して毎日コミュニケーションズの回し者ではないけど、これを待ってました! と言いたい。
 昔買っていたMac PowerやMACLIFEという雑誌は、毎年こういう縮刷版CD-ROMを販売していて、重宝してた。物理的な紙バックナンバーを保存しておくには場所の確保が必要だし、家庭でスキャナで読込んでPDF化するには、かなりの時間と労力が必要。もしくは楽をしようとすればそれなりの高性能の機器やソフトを揃える必要がありコストがかかる。
 うちの複合機だと1ページスキャンするのに1分近くかかる。Mac Fan 1冊で広告を抜いても約200ページ。作業に専念して4時間で終わればいい方って感じかな。以前1回やったことあるけど、(専念じゃないけど)ちょこちょこと3日くらいかけて、しかもすげー疲れたよ。毎月そんな事するなら、3年分で5000円なら安いと思うのだわ。
 縮刷版を熱望してて、時々、アンケートを送信する時の自由意見欄に要望を書いていた。やっとかなって嬉しい限りだ。

 事前予約キャンペーンサイト


CrossOverMac、無料提供中

 MacでWindowsアプリを動かすことができる「Windows互換レイヤー」ツール、CrossOverMacが、本日(米国標準時間10月28日23:59まで)限定で、無料配布されている。ダウンロードページでメールアドレスを登録すると、無料でシリアルナンバーを発行してくれるというもの。画面は英語だけど、アプリは日本語対応みたい。
 BootCampがあるので今までスルーしていたが、CrossOverMacは再起動の必要もなくWinアプリが起動できるということで、利便性はあるので、無料のこの期待に入手はしておこう。
 米国時間23:59まで登録申請できるそうなので、興味ある方はお早めに。


今すぐ登録……できない

ガンプラナンバー
 ガンプラ購入者向けの新サービスが開始されるらしい。バンダイホビーサイトは、新製品出荷情報なんかでよく見に行くが、まだ、このガンプラナンバーを使ったサービスは開始されていないみたい。
 Club MGってなってるので、対象はMGだけかなぁ。


iPodが返ってきた(2度目)

 3日前の日曜日夕方に再修理のために引き取られていった、我がiPod 5G。それが今日には返ってきたよ。早っ!
 またもや素早いので少し疑ってしまうけども、実は先日、アップルジャパンのサイト内で修理状況を確認したら「問題を特定。交換品の発送処理中」となっていたので、うれしかった。
 で、今日届いたのは、ガワに限っていえば(っつーかiPodって簡単に分解できないから中身はわからんよね)シリアルナンバーもあらたな新品の、たぶんまるごと交換品。

 前回修理の時には、ディスクやらメモリやらコネクタやらの動作確認の細かいチェック伝票が付いていたのだが、今回は、それらはまったくなし。でも、問題が特定されたといっているので、不具合が再現されたと考えて良いのだよね。

 いま、まず最初の降る充電が完了。これからMacにつないで復元(初期化&同期設定)させて、あとはまた、初回の完全放電まで使わないとな。


10.4.10

 RAWイメージ対応を強化した「Mac OS X 10.4.10」リリース (2007.06.21)

 RAWイメージ対応強化はともかく、セキュリティアップデートも含まれているようなので、更新必須なわけだが。
 いやぁ、10.4.10か。バージョンナンバーの並びが綺麗だな。
 Leopard発売を目前にひかえ、10.4.9がTiger最終かと思われたが、いやぁ、MacOSでマイナーバージョンが2桁ってのは初めて見たぞ。Winだと、OSバージョン番号って2桁どころではなく、覚えられないくらいの長さなんだけど(笑)。
 まぁ、いいや。ともかく、はやくLeopard出してね、アップルさん。


[ラジオ第9回]正月休み終了

 正月休みも終わり。
 それと、やはいもので、休煙……禁煙を始めてから1年が過ぎた。

 さて、明日からは、また普通の生活に戻る。

 ねこぱんち統合整備計画ラジオ版第9回

 バックナンバー(ポッドキャスティングジュースのサイトへ)


[ラジオ第8回]謹賀新年2007

2007年賀状
 明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。

 2007年

 夢想人企画 びといんねっと
 ねこぱんち統合整備計画
 日向夢想/びといん

 ねこぱんち統合整備計画ラジオ版第8回でもご挨拶(笑)

 バックナンバー(ポッドキャスティングジュースのサイトへ)


[ラジオ第7回]NeoOfficeを導入

 ねこぱんち統合整備計画ラジオ版第7回

 MS Office互換の無料オフィスソフトの雄・OpenOffice.orgのMacOSX移植版、NeoOfficeを導入。
 
 AQUA準拠のGUIがJavaで書かれているからなのか、起動に10秒くらいかかるものの、立ち上がってしまえば、軽快に動く。
 今のところ、Excel互換のCalcと、Word互換のWriterを使ってみた感想を簡単に。

 Calc。
 日付。全角で入力すると日付ではなく文字列扱いになってしまう。いちいち半角変換するのが面倒。
 あと、以前作成した、平成フォント(MacOS9及びClassic環境の標準フォント)を使っているファイルを読み込むと、一部文字化けを起すことがある。環境設定で、平成フォントをヒラギノフォントに置換設定しておけば、とりあえず問題回避できたけど。
 マクロもなかなか互換性が高そうだ。

 Writer。
 選択部分の段落数・文字数等の情報表示ができないのが辛い。
 編集画面が、印刷レイアウトとWebレイアウトしかない。Wordの「標準」に相当する、ドラフトモードが欲しい。
 印刷モードでもWordより動作がきびきびしているので、テキストエディタ的には使えるが、各段落の左に設定スタイルが表示される方がいい。
 もっとも、ワープロソフトって滅多に使わないけどな(笑)。

 最後に。
 デフォルト設定になるHGフォントってのは、NeoOffice内蔵なの?
 NeoOffice2.x標準のファイル形式はOpenDocumentってんだけど、昔アップルがMacで提唱されてたOpenDocを思い出してニヤリとした。
 OpenDocは、確か、アプリケーション主体ではなく、作成した書類を主体に考え用という、互換性が高く、さまざま流用できるデータ形式。10年以上前にアップルが提唱した(が、すぐに消えた(笑))先進的な仕組みの一端が、現代、やっと認められたとも言えるような気がする。

 バックナンバー(ポッドキャスティングジュースのサイトへ)


[ラジオ第6回]俺の雰囲気

 初めて、リスナーからEメールもらったんだけども、読んだら知人だった(ってのは当たり前といえば当たり前だけどな)。
 それはともかく、俺、そんなに表裏ある人間かよ!?(笑)

 ねこぱんち統合整備計画ラジオ版第6回

 バックナンバー(ポッドキャスティングジュースのサイトへ)