やっぱり、Gを見ないよ

FC2トラックバックテーマ 第530回「ゴキブリに出会ってしまったらまずどうする?」

 Gを見かけたら、スリッパでぶっ叩いて庭に放り出すのだが、やっぱり今年は全然見ないよ。アシダカグモが退治してくれてるんだと確信した。


サブタイトル

 俺は便宜上サブタイトルと呼んでいる、FC2ブログの管理ページ上で言う「ブログの説明」ね。
 ブログを開設して間もなくからずっと「ねこが前足でちょっかいを出すように(=ねこぱんち)、興味のある事柄は何でも書き綴る。」ってのにしてるけど、これは、後付け設定なんだよね。ブログを始めた当初、目的なんて無かったし、まず「ねこぱんち」っていう語句が浮かんだだけで。
 確か一番最初は「君の心に、ねこぱんち!」だったなぁ。さすがに恥ずかしい&意味不明すぎるので、一週間くらい経った時に、それっぽい理由も考えつつ現在の文に差し替えた。
 まぁ、それはいいんだけど、改めて見ると恥ずかしいなぁ。こんな陳腐なサブタイトルで4年も過ごしてるんだね。
 あと、最初の頃は、トラックバックを送る時に、当方の記事文中に「ホゲホゲブログの記事ホニャララに、ねこぱんち!」とか記述してたっけ。
 てへっ。

 で、サブタイトルを変更しようかなと思ったけど、名案が浮かばなかった。参ったね、こりゃ。


扇風機を出した

 今日は気温26度。外は比較的カラっとして風もあり、まぁ、この季節の東京にしては爽やかだった。
 しかし、部屋の中は暑い。室温30度超えたよ。
 ってことで、物置から扇風機を出してきた。毎年恒例の、二十数年前から愛用しているコイツを。

扇風機
 俺は基本的にはクーラー派だが、むやみやたらとクーラーばかりつけている訳ではない。湿度が下がれば、窓を開けて扇風機も多用する。
 この扇風機、かなり丈夫だな。

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。
今日のテーマは、「夏はクーラー?扇風機?」です。

まだクーラーをつけるほど暑くはありませんが、
夏になるとどうしても考慮に入れなくてはいけないクーラーの使用…
ほうじょうはあまり好きではないので、少し憂鬱です。
出来たら扇風機や、窓を開けることでどうにかしたいのですが
そう言っていられるほど真夏の暑さは甘く無いですよ…
第512回「夏はクーラー?扇風機?」


最近のコメント

 サイドバーから、「最近のコメント」と「最近のトラックバック」の項目を消した。
 零細ブログなのでコメント/トラックバックが少ないってのもあるけども、この項目って、どちらかというと管理人向けという気がするのね。で、俺は、新しいコメントやトラックバックがあったらメールで通知をもらうように設定して、そのメールでレス管理をしている。Mail.appでブログコメント通知用スマートメールボックス(受信メール振り分けフォルダみたいな物)を設定して、そこを随時チェック。いただいたコメントに返事をしたら、当該通知メールを削除するというだけの簡単な方法だけど。
 ともかく、そんななので、サイドバーでのこの項目は、管理人の俺にとってはまったくの不要。っつーか、ブログ始めた当初から、サイドバーは管理人のための便利ツールかアフェリエイトを貼付けるための作業ヤードだと思ってるのだが(笑)。


同じ誕生日の有名人

 たまには、FC2トラックバックテーマに乗ってみるか。

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当浜地です。 今日のテーマは、「同じ誕生日の有名人いますか?」です。 同じ誕生日の人ってなんか親近感沸きませんか?それが有名人だとなおさら☆☆☆って私だけでしょうかσ(^-^)笑誕生日が一緒ってゆうだけで応援してしまいます。ちなみに私はオダ○リ○ョーさんと一緒^−^また、こ�…
FC2 トラックバックテーマ:「同じ誕生日の有名人いますか?」

 ってことで、誕生日ネタ。
 以前調べたら、俺と同じ誕生日の有名人、たくさんいたよ。
 その中でも、特に嬉しいベスト5というと、こんな感じ。

 天本英世さん
 強烈な印象を残し、前任者のゾル大佐を差し置いて、もはや「ショッカーといえば死神博士」と言っても過言ではないほどの人気キャラ。ガキの頃あれだけ怖い思いをさせられた死神博士。のちに2時間サスペンスドラマなんかに登場した時も「あ、死神博士だ!」と言ってたなぁ。

 アイザック・アシモフさん
 子供の頃、テレビで放送するたびに見た映画「ミクロの決死圏」は今でも大好き。その原作者。氏の作品はこれしか読んでないんで、実はそんなに詳しくないんだけども、その映画「ミクロの決死圏」が公開されたのは俺の生まれた年。
 生まれた年に公開された映画の原作者が、俺と同じ誕生日だなんて、ただならぬ運命を感じる。

 立川談志さん
 現在の5代目談志師匠。一般的には7代目と言われているけども、尊敬している師匠の自称に倣い、5代目と記述する。いやぁ、一見破天荒なふうに聞こえるけど、実は理路整然としていて、実に気味が良い。好きだなぁ、談志師匠。

 津川雅彦さん
 大好きなんだよ。それに、津川さんって、人柄も良さそうだし。

 川崎徹さん
 昔、テリー伊藤さんなんかと「元気が出るテレビ」を仕掛けた人物のひとりだよね。無意識のうちに影響されまくりだったな。
 熊ノ前商店街のイベントとか、行ったもん。「たけし招き猫」って、今はどうなってるんだろうね(笑)。

 そんな感じ。


スパム対策が強化

 FC2インフォメーション:新機能「禁止ルール」追加のお知らせ

この度、ブログをより快適にご利用頂ける様、以下の機能追加を行いました。

■禁止IP(ホスト、禁止ワード」機能をさらに強化する「禁止ルール機能」
「迷惑コメントが来るたびにブラックリストに指定するのは手間がかかる!」
「こういう形のIPからのコメントは自動的に禁止できないだろうか?」
「すぐにブラックリストの設定量が上限を超えてしまう」

この機能を使うことにより迷惑なコメント、トラックバックをより強力に
防止し、お悩みを解決することが出来ます。

 禁止IPや禁止ワードの設定に正規表現が使えるようになった。これにより、例えば途中に含まれる数字だけが変るIPアドレスなんかも、いちいち登録せずに、ひとつの設定だけで禁止できる。
 便利且つ強力になったね。


記事投稿数の制限だって

 ブログ管理者用お知らせ:1日辺りの記事投稿数の変更について

 えー、上記タイトルは原文ママ(笑)。原文ママでしたが2007.04.19訂正されています。そんな上げ足取りはさておき、FC2では、先週の1記事当りの投稿可能コメント数とトラックバック数制限につづいて、1日当りの記事投稿可能数が30件と上限が設けられた。

 記事のテキスト要領は無制限という太っ腹な無料ブログなんで、このくらいの規制はしょうがないね。っつーか30件もコメント書けるのに不満な人っているのだろうか?
 管理画面の「お知らせ」で「1日辺りの記事投稿数の変更について」というタイトルだけを見た時には、何事かと思ったけども、もちろん、我がねこぱんちは影響なし!(笑)

※意図的に、関連する過去記事をコピー&ペーストし編集しました。


コメント数の制限だって

 ブログ管理者用お知らせ:1記事辺りのコメント・TB数について

 えー、上記タイトルは原文ママ(笑)。そんな上げ足取りはさておき、FC2では、1記事当りの投稿可能コメント数とトラックバック数が1000件と上限が設けられた。

 記事のテキスト要領は無制限という太っ腹な無料ブログなんで、このくらいの規制はしょうがないね。っつーか1000件もコメント書けるのに不満な人っているのだろうか?
 管理画面の「お知らせ」で「1記事辺りのコメント・TB数について」というタイトルだけを見た時には、何事かと思ったけども、もちろん、我がねこぱんちは影響なし!(笑)


当選した

 FC2スタッフの方からメールが届いた。

さて、先日ご応募いただきました、「さすが!と言わせる FC2ブログ徹底攻略術」の

トラックバックプレゼント企画(http://staff.blog1.fc2.com/blog-entry-187.html)にて
厳正なる抽選の結果、お客様が当選なさいました!おめでとうございます。

 おぉ。100万突破記念の、攻略本プレゼント企画に当選したらしい。
 30/77で、倍率は約2.5倍か。

 FC2は、サポート掲示板での助け合いや、カスタマイズ能力に長けた方々からの情報が充実しているから、検索すれば、自分がカスタマイズしたい事の方法もすぐに見つかるんだけど、やっぱり、手元に書籍としてあれば、なお便利だしね。
 ありがとうございます。

さすが!と言わせる FC2ブログ徹底攻略術 さすが!と言わせる FC2ブログ徹底攻略術
持丸 浩二郎

シーアンドアール研究所 2006-10-21
売り上げランキング : 559
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


見ないで描く、ガンダム! 第1回「ランバ・ラル」

 不定期にやっているうろ覚え似顔絵からのスピンオフ企画。
 企画協力(笑)somedayさん。

 見ないで描く、ガンダム!♪ちゅるる〜ん ででで〜ん〜
 みんなでガンダムを描こう。しかも、本物を見ないで。
 思いっきり参加者が限定されそうな企画だが(笑)。

 記念すべき第1回のお題は「ランバ・ラル」。

 各自でラル隊長の絵を描いたら記事にして、ここにトラックバックを送ってください(※当記事への言及リンクがない場合は、トラックバックが受け付けられない事があります)。
 各種お絵書きソフトで描いた物はもちろん、肉筆をスキャナ読み込みしたり、デジカメ撮影したりしても可。本物を見ないで描けば、何でもいいです。
 大丈夫、俺の画力を見れば、みな自信もてるでしょう(笑)。

 まずは、びといんが描いた「ランバ・ラル」(jpeg 640*480)。
 まずご自身が描いてから見る事を推奨します。似てないので大丈夫だけど(笑)、色々な意味で影響されないように、ね。

 よろしくご参加ください。