バスタブ電池、2日目。

 Pocket WiFi用大容量バッテリー、通称「バスタブ電池」の使用2日目。
 初日に引き続いて、購入直後の充放電初回サイクルの完全放電運用。

 昨日朝、出勤する時に、Pocket WiFiの電源を入れて、そのまま携帯した。
 設定は相変わらずWiFiは常時オン、3Gは無通信5分経過で自動オフ。iPhone3GS(iOS4)を「モバイルデータ通信オフ」で利用。

 まずメールチェック。出勤中は、地下鉄の中で約30分のうち断続的にRSSリーダーやらトラバターやらでネット接続。勤務中は、不定期にEvernoteにアクセスしたり、1時間に1度程度メールチェック(手動受信に設定)したり。

 帰宅した時点で、前日と合わせた稼働時間は約20時間、3G接続時間は約4時間半。バッテリー残量表示は1/4。凄い凄い!
 嬉しい事だが、なかなかバッテリーの完全放電が済まないので(笑)、その後も電源を入れっ放しで、なるべくiPhone、iPad、MacBookでもPocket WiFiにアクセスするようにしていた。

 そのまま寝てしまい、深夜3時10分頃に起きて見たらローバッテリー警告が点滅。ここで稼働計27時間程度。また寝てしまい、4時20分に再び見たら電源が切れてた。充電アダプタを接続し管理情報を確認すると3G接続9時間半持続か。そんなに使ったかな。7時間位の感覚なんだが。バスタブ電池を入れた直後に履歴をクリアしたのは確かだ。何度も確認したが、間違いない。

 6時間経過した頃に満充電になった。取説では、満充電まで12時間と記載されていたし、初回なのでもう少しアダプタを繋いでおく。流石に12時間は多くて怖いので3時間足して計9時間充電とした。

 これで、購入直後の初回完全放電&完全充電の「おまじない」は終わり。
 それにしても、予想以上の持続時間だな。満足満足。買って良かった。


マクロスF(第12話)を観た

 アバンタイトルで、まず聞こえてきたのがゼントラーディ語。そして、画面にはブリタイっぽい人とエキセドルっぽい人の姿。もちろん日本語訳(笑)の字幕が。
 うわぁ。もうやられたって感じ。
 まぁ、ブリタイっぽい人の顔は予告でチラっと出てきたので、その時点で気になってはいたが。

 ガリア4に駐留する第33海兵部隊は、ゼントラ人主体の構成で、その中の一部が暴動を起こしているので、シェリルに慰問要請が。シェリルが体調不良で歌えず、代わりにランカが(勝手に)駆けつけてピンチを救う……ってのまでは予想ついたけど、ラストシーンで、ガリア4の渓谷地帯に佇む初代マクロス艦の姿が。
 なんか、凄い展開になってきたな。

 それにしても33海兵隊のメンツ、もろにゼントラ! 前述のとおり指揮官オゴタイはブリタイっぽいし、副官(名称不明)はエキセドルっぽい。あと、暴動のリーダー・テムジンはカムジンっぽい。もしかして、それぞれの子孫かクローン?
(余談だが、オゴタイって、チンギス・ハーンの子供の名前だよね。あと、ランカの所属事務所社長の名前がエルモ・クリダニク。この人、耳がとがってるのでゼントラ? ブリタイ・クリダニクと同じ姓(?)なのは意味無し?)
 副官の頭がエキセドルみたいに大きくなく、ほぼ人並みなのは、まだ若くて記録(記憶)情報が少ないからか、約50年前に文化を取り戻して以来ゼントラも記録参謀の脳以外の記憶装置を使うようになったかのどちらかなんだろうなぁ。芸が細かいね。

 あと、シェリルのマネージャー。ちょっと前から、なんか意味ありげだね。

 いやぁ、今回も面白かった!


塀の中の懲りないネコ?

 先週末の散歩の時に撮った写真から。


 鉄格子の中にネコが2匹いる!
 塀の凹み部分。右手にキジトラ。見えにくいけど、左手にクロが。
 ちょっと面白い写真でしょ。

続きを読む


カルチューンが呼び覚まされているのです……50万周期の時を越えて……

 以前、「LDでマクロスを見る」という記事を掲載し、多くの反響をいただいた。
 もちろん、「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますが」が、いまだ色あせない名作アニメだという証だろう。
 で、唐突だが、俺自身がよく言っている事だが、俺は、劇中のゼントラーディ語が好きだ。
 所有している本に掲載されているゼントラーディ語辞典を手入力して掲載しようかと思ったが、一応googleで検索してみた。
 そしたら、やっぱりあった。さらに、ゼントラ語のフォントも発見!

 君ならわかるゼントラーディ語講座

 ゼントラーディ語TTフォント(Mac/Win)

 いやぁ、感動だなぁ。
 この勢いで、Googleの言語ツールにもぜひ、ゼントラーディ語を(笑)。クリンゴン語もあるんだからさぁ。

超時空要塞マクロス 〜愛・おぼえていますか〜
スタジオぬえ 河森正治 長谷有洋 飯島真理

バンダイビジュアル 1999-08-25
売り上げランキング : 1,547
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


脚本サイト発見

 これは、覚え書きのためのメモ。
 先日の、娘達の演劇部自主公演の演目は、脚本登録・公開サイト「はりこのトラの穴」に登録されてる「二コ兄ちゃんのハローワーク(公開版)」って脚本だったんだけど、これ、カテゴリがお笑いとSFだよ(笑)。
 まぁ、改めて読んで納得だけどね。
 で、娘たちのは、元からかなり縮めた演出で上演されたのかなと思ってたら、ほとんどそのままであまり大きな変更はなかったようだ。

 この作者、高久ますもさんって、高校生くらいかな。一昨年に処女作を登録されている。
 荒削りでちょっと無茶なストーリーだけど、ちゃんと起承転結があるし、文章じゃなく、演劇としてみたら調度いい感じかもね。

 ねこぱんち!
 →娘の初舞台