これは素晴らしい!ジオンの精神が形になったようだ! iPhone用シリコンジャケット ジオン/ザク/ガンダム

 プレミアムバンダイで、「iPhone5&5s対応シリコンジャケット 機動戦士ガンダム」が予約受付されている。
 ラインナップは、量産ザク、シャアザク、ジオン公国章、ガンダムシールド。
20131206_iphone_gundam

 現在、iPhone 5s及び5はほぼ裸(透明の背面保護フィルムを貼ってあるのみ)で使用している俺だが、これは欲しい。ガンダムシールド以外の3つが欲しい。コレクションとして(笑)。
 ただいま予約受付中で、2014年2月発売予定。

 ガトー少佐も「おぉ、これは……素晴らしい! ジオンの精神が形になったようだ!」とお喜びだな。


初夢2013

 年が改まってから初めて観る夢が初夢。一般的には、元日の夜(1日から2日にかけての就寝中)に見る夢とされている。
 それを初夢というなら、確かに見た。ちょっとうなされて変な寝汗をかくような夢だったし、最近よく見る夢だったのだが。

 大広間で目が覚める。社員旅行の大宴会の翌日のようで、部屋は乱れている。俺以外は誰も部屋にいない。
 外へ出る。朝飯はどこでだろうと、建物内をうろうろするが、途中でなんだか球状の乗り物をみつける。「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」のサザビーの脱出ポッドみたいなやつ。とりあえず、それに乗る。
 すると、別の場所へ移動。乗り物から降りると、職場の先輩がいる。
「お急ぎですか?」
「いいえ、別に急いでいませんよ」
 どうやら合言葉のようだ。すると、先輩はうなづき、空中に指で四角を描くと「よし、入れ」という。
 中に入ると、映画館で、実写版のガンダムを放映中、あのケツアゴのシャアが
http://between.musoubitokikaku.com/wp-content/uploads/import/20090727REAL_char_1.jpg
「君の不幸を呪うがいい!」というシーン。
 そこで目が覚める。

 これは良い夢なのか悪い夢なのか。


ジオン公国第800遊撃隊秋葉原小隊(笑)

 去る9月1日の土曜日、ジオン公国第800遊撃隊秋葉原小隊(略称 USO800-DA of ZEON)のミーティングを、小隊本陣で挙行……なんてのは、もちろん冗談。

 ツイッターで相互フォローしていて、「名台詞などが、古典のように引用されている『ガンダム』を観てみたい」とつぶやいていたご婦人Mさんに、昔録画したDVD(その後のテレビ放送をBDに録画しなおしたりで不要と言えば不要なんだけど、「ガンダム」なので捨てるには忍びなく取っておいた物)を「ナイスタイミング」と、お送りして引き取っていただいた。
 Mさんがすっかりガンダム(まだファーストしか見ていないそうだが)を好きになってくれて、今回上京する機会があるというので、じゃぁ会いましょうかと、ジオン派の盟友Kさんと嫁さん共々、秋葉原の「村役場」で懇親会を設けた次第。
 ガンダムの他に「ちりとてちん」についても意気投合していたので、いつか会いたいですねとは話をしていたのだが、思いの外早く実現した。

 白状すると、冗談半分で「ガンダム(ジオン派)の飲み会ですからね」と言っていたものの、本当に「ジーク・ジオン!」の掛け声で乾杯したのは、実は過去十回くらい。ちょっと気恥ずかしかったね(笑)。

 飲み会の最中は、iPadで、インストールしてある「ファーストガンダム」を再生したり、NHKオンデマンドで連続テレビ小説「ちりとてちん」を観たりして楽しんだ。ちなみに「村役場」は、FREESPOTによる公衆無線LANを無料開放してくれていて、席によっては——後付けの露出配線の——電源コンセントも使わせてもらえる。「ちょっと遠い」場合は延長コードも貸してくれるという素晴らしさ(笑)。

 それにしても、本放送を中学2年の時にリアルタイムで観てそれから三十数年ハマり続けているおっさん(俺)と、今回初めてガンダムを観たという、Mさんとでは、視点や感じ方も違うものだなと思った。そりゃ十人いたら10通りの感じ方があって当然だが、歓談している間じゅう、Mさんの感想を聴くにつれ実に興味深かった。分野は違うが同じ技術屋なのに、である。
(一番違うのは、俺とKさんはジオン派なのにMさんは連邦派だと言う事。くそー、白い悪魔め! Mさん、宗旨替えするなら今のうちだよ(笑))

 途中でお呼びした友二人が、名残惜しくも帰るMさんと入れ違いで、来てくれた。二人は俺とは親子ほども離れているのだが、半強制的にガンダムを観せる(笑)。
 しかし、彼らが生まれた時には既に「ガンダム」や「ジブリ作品」が始まってから十年くらい経過していたのだと思うと、凄いよね。
 俺は「ガンダムと金八先生は全日本人が観るべき」とか力説していたらしい(あまり覚えていない(笑))が、それは間違いないと思う。

「ガンダム」ってただのロボットアニメではなく——「それ以前のアニメとは違う」革新的だった点なんかは散々語り尽くされているのでここでは割愛するが——、生活(戦場だけど)や「人の生き方/生き様」をしっかりと描いているところが素晴らしい。
 ザビ家は独裁政治を敷いているけど、敵(ジオン)イコール悪ではないんだよね。個人的には、魅力的なキャラはジオン側の方が多いように思う。
 それと、自分の年齢があがる度に、感じ方が変ってきた。中高生の頃は、民間人をも巻き込んで、理不尽な大人たちに反発するアムロやフラウに感情移入し、シャアは単純にかっこいいな、くらいのもんだった。二十代では、シャアの純粋さ故の野心に惚れた。カムランのヘタレぶりに苦笑した。三十を超えると、ブライトの苦労なんかに感情移入し、アムロみたいな生意気な部下は嫌だなと思ったり。カムランも真面目過ぎて純粋で本当に良い人なんだろうなと。

 ともかく、とても楽しいひとときだった。
 また会いましょうね。


ドラマ「カーネーション 総集編」を観た

 NHK朝ドラの前作「カーネーション」の総集編を観た。
 このドラマ、まわりで薦めてくれる人も多く、良作だろうとは思うのだが、なんとなく意地で観なかったんだよね(笑)。なので「カーネーション」はこの総集編が初見。

 今回、総集編を観て——もちろん、前後編各90分に圧縮されたこれだけで理解できようとは思っていないので——この時点で感じたのは、これってガンダムやサザンみたいじゃね?って事(くらいに留めておく)。
 いや、ガンダムやサザンオールスターズって「興味がない」というのはあっても「大嫌い」っていう人は少ないよね。

 と、ここで思ったけど「カーネーション」と「ガンダム」って、共通点が多いぞ。

・若い頃は身勝手でちょっとウザイ主人公だが、その人が、のちに皆を助ける。
・一見理不尽に殴る上司/親(しかし、信頼関係は絶大)の存在。
・戦争をある意味では否定的に描いている。
・廃人になってしまう登場人物がいる。
・キーポイントで幻影イメージがでる。
・子ども三人が次世代をしっかり受け継いでいる。
 ……etc.

 キャラ的には、概ね次のような印象。繰り返すが、あくまでも総集編を観た限りでの印象。

 糸子=アムロ。序盤、少々ムカツクけど、経験を重ねニュータイプとして開眼していく。中盤、自身も悩みながら、子どもらに生き方を伝えていく。晩年、再び自分のために生きる目的と地球(自分の周辺人々の心)を救うように暮らす。最後の方は、誰にでもタメ口。
 奈津=シャア。ライバルというよりは、純粋故の反抗というあたりが。赤系の服をよく着てるし。
 善作=ブライト(+ワッケイン)。不条理とも思える指導をするが、叱咤激励し、頼られるリーダー。
 優子、直子、聡子=カツ、レツ、キッカ。良き心を受け継ぐ、新世代ニュータイプ。
 周防=マチルダ。主人公の憧れの人(恋愛対象)。
 他には、
 パッチ屋のおやじ(桝谷だっけ?)=リュウ。
 木之元=ハヤトかジョブジョン。
 北村=リュウ。

 うむ。レギュラー放送を観たらはまりそうな気がしてきた。


えぇぃっ!WordPressのカスタマイズは化け物か!?

 サイトデザインを、なるべく移転前の雰囲気を再現しようと、孤軍奮闘している訳だが、WordPressのテーマファイル(テンプレート)をいじるのは難しい。

 デフォルトテーマである「Twenty Eleven」の解説書も買って、だいぶ理解は進んだんだけど、まだまだだねぇ。まぁ、とりあえず html を生成する php や css を“半分は勘で”いじって、サイトがうまく表示されたらそれでオッケー、みたいなのの繰り返し。
 このやりかたでは、大きな不具合は発生しないと思うけれども、カスタマイズが大きく進展することもない(笑)。

 今日は、タイトルバックの画像を移植した。たかがこれだけなんだけど、えらく苦労した。構成ファイルや変数が多すぎる。
 本当は、サイトキャッチフレーズ(「ねこが前足で〜」の文)の下に、名台詞表示スクリプトを置きたいんだけど、このヘッダー部分の高さを可変にする方法がまだうまくいかないので、保留。

 ちなみに、このタイトル画像の「ガンダムを蹴るシャアザク」は、移転前サイトでも長年使っていたものだが、可動フィギュア「エクステンド モビルスーツ イン アクション」を使い特撮(シャアザクの腰や脚などは、外してパースを付けて撮影したりしている)で作ったオリジナル。

 でも、現時点では、iPhoneで表示させるとヘッダー部分がゴチャゴチャになるね。ごめんなさい。スマートフォンの場合は、モバイルテーマをオンにしてください。


シャア専用iPhone その2

 昨日、エーワンのスマートフォンカスタマイズカード for iPhone4S/4 ケース(と、それ専用のケース)で作った「シャア専用iPhoneケース」だが、マークが大きくて野暮ったかったので、作り直した。(昨日の記事はこちら

 ↓これは、昨日のやつ。
スマホカスタマイズケースfor iPhone

 ↓これが、今日作ったやつ。
スマホカスタマイズケースfor iPhone
 うむ。ジオン公国章と文字を小さくしてスッキリした。
 ついでに赤をシャアピンク(俺配合CC3333)からシャアレッド(俺配合b90d0d)に濃く変更し、ジオニック社ロゴも追加。
 いい感じになったよ。


シャア専用iPhone

 エーワンから発売された、スマートフォンカスタマイズカード for iPhone4S/4 ケース(と、それ専用のケース) を購入。
 インクジェットプリンタで印刷した厚さ0.15mmのカードを、背面保護ケースの内側に入れてiPhoneに装着するだけ。ケースの外側に貼付けるステッカータイプのもあったけど、今回はこのカード型を試した。

スマホカスタマイズケースfor iPhone

 ラベルメーカー大手のエーワンなので「ラベル屋さん」という簡単印刷ソフトも無料ダウンロードできるんだけど、それは使わずに、Photoshop Elementsにて作業。
 カスタマイズカードにテストプリント用紙がついていて、そこに用紙サイズやステッカーまでのマージンなんかも記載されているので、他のソフトでもハガキサイズの印刷ができるものであれば、容易に作業ができると思う。

スマホカスタマイズケースfor iPhone

 意匠はもちろん、ジオン公国の紋章を、シャア専用っぽく。

スマホカスタマイズケースfor iPhone

 もうちょっと小さくすればよかったかな。
 んでも、これ楽しい。どんな絵柄のケースでも作れるんだもんね。

エーワン スマートフォンカスタマイズケース iPhone4/4S 29074
B006O54L82
エーワン スマートフォンカスタマイズカード iPhone4/4S 光沢フィルム 29072
B006O54KRO
エーワン スマートフォンカスタマイズカード iPhone4/4S 透明 29073
B006O54KZQ
エーワン スマートフォンカスタマイズステッカー iPhone4/4S ホワイト 29071
B006O54JNE


これが、RGの……ザクか!

 凄く久し振りに、ガンプラを作る。
 試験勉強中は、余裕がなかったので、今年初めてのガンプラ。もしかすると一年振りくらいかも。

 閑話休題。
 積んである中からどれかをと思ったが、せっかくなので、RG量産ザクを買ってきた。
 RGシャアザクを積んでいるだろ、というツッコミはなしね(笑)。

RGザク

 約一年振りに組むガンプラなんだから、リハビリを兼ねてHGFCノーベルガンダムあたりにしようかとも思ったんだけど(笑)、やっぱりザクだよなぁと。

 今日は右足だけ組み上がったよ。

RGザク

 RGはやはりパーツ数が多いね。組応えはあるのでいいんだけど。
 今週中に組み上げるのが目標。

RG 1/144 MS-06F 量産型ザク (機動戦士ガンダム)
B004XQNEXM


認めたくないものだな……。

 昨年に続き、ペプシネックス「機動戦士ガンダム BE@RBRICK」第2弾が始まった。
 詳細はこちら(http://www.gundam.info/topic/5648)
 しかし今回、モビルスーツは無理やりなのが多いし、キャラは顔がないのでなんだか気色悪いので、無難なところで、2つのシャア「坊やだからさ」と「ノーマルスーツ」を選択。

ガンダムベアブリック

 それにしても、今回のラインナップは、なんだかなぁ。
 ジオングはまぁなんとか許すけど、ガンタンクやザクレロを、ベアブリックの形にするのは無理がありすぎるだろ(笑)。