マクロスF(第8話)を観た

 録画しておいたのを、さっき観た。
 うはぁ。コメディの巻かぁ。ギャグやネタを盛り込むのは悪いとは思わないが、前回までとのギャップがありすぎ。
 シェリルなんか、完全にキャラ変わってるじゃん。そりゃ、ランカやアルトと出会って、人間的に変わってゆくというのは判る。しかしなぁ……(笑)。
 先週が凄かっただけに、ギャップが激しすぎる。
 今回に関しては「ランカとシェリルが美星学園に転校してきました」ってテロップ1行で済む程度の内容しかないわ。
 あ、ランカのニンジンのかぶり物は、許す。あのシーンはいい。


MS開発にまつわる外伝

 現在、俺が唯一読んでいるマンガ雑誌「月刊ガンダムエース」で連載されていた「デベロッパーズ」(作:山崎峰水氏)の単行本を購入。

デベロッパーズ—機動戦士ガンダムBefore One Year War
山崎 峰水

デベロッパーズ—機動戦士ガンダムBefore One Year War
角川書店 2003-11
売り上げランキング : 94,592

おすすめ平均 star
star架空のステレオタイプ
starモビルスーツ開発下町人情コメディ。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 初期に連載されていて、単行本化されたのも2003年末と、ちょっと前の作品だ。久し振りにまとめて読んだ。

 この作品好きなんだよね。
 もちろんガンダム関連の話なんだけど、技術者、しかもジオンの末端の技術者の話。

 一年戦争開戦の少し前。
 ジオン公国の工業区にある小さな工場「ホシオカ」が、ジオニック社の下請けとして「新型汎用作業機(のちのMS:モビルスーツ)」プロトタイプの開発を依頼される。
 高い技術力を持つホシオカだが、良く言えば真正直な社長を筆頭に、隠し事ができない連中なので、機密事項であるMSのフィールドテストをしたり、不用意に他人に漏らしたりして、下請け契約を解除されそうになる。
 紆余曲折あり、ラストは、ジオニック本社調整とホシオカ調整のMSでコンペを行い、それに勝って、ホシオカは再びMS開発に携われるようになのだが。

 なにしろ、ホシオカのメンバーが熱い。好きな仕事を楽しんでやっているプロ集団。
 特に、普段は会議でも眠っているのに、いざとなったらオングストローム単位の回路修正を「長年の勘」だけで修正してしまうジイさんがいい!(マンガならではの描写だけどね)

 分野は違うけど、俺も技術職なので、こういうマンガってのは、とても共感できるね。ましてや、初期のMS開発の物語。ワクワクするぜ。
 でも、ガンダムだとかMSだとかってのは、あまり関係ない(笑)。単なる「技術屋の物語」としても楽しめる。