現状のままだから難しいのでは?

 ドコモ社長、iPhone導入「現状だと厳しい」(日本経済新聞 2012.04.27)というニュース。

ドコモが独自に展開するスマホ向けコンテンツ配信サービス「dメニュー」などをiPhoneでは展開しにくいことなどを理由に「スマホの半分以上は(米グーグルの基本ソフト)アンドロイドで自由にできるものにしたい」と戦略を説明。

 なんだか、いかにも「元お役所」的なコメントだわね。iPhoneを獲得できない言い訳ともとれる。

 俺は東京デジタルホン時代からずっとキャリア変更はしていないので(コロコロと経営元や社名・ブランド名は変ったが(笑))贔屓目で見てしまうかもしれないが、しかしキャリア独自のサービスなんかほとんど使えずおサイフケータイ機能もないiPhoneを2008年7月からずっと使っていて、特に不満はないぞ。
 まぁ、禿茶瓶はちょっと胡散臭いし(笑)、ソフトバンクの電波品質問題は満足とは言えないが、そもそも「ドコモより維持費が安いしノキアなどのカッチョイイ電話機がある」という理由で当時の東京デジタルホンを選んだので、その時代から比べればかなり良くなっている。さらにボーダフォン時代の暗黒期に比べれば、今のソフトバンクは天国だ。

 通信機器なので電波品質の問題は重要だが、魅力が繋がりやすさだけじゃなぁ(笑)。


メモ

 どうしようかねぇ。

・ここの他にザク専門ブログを作っているんだけど、1年以上放置状態。

・ここのブログのテンプレート。気に入ってはいるけど、さすがに数年そのままってのもなぁ。

・上記に関係するんだけど、もうそろそろ、ブログの横幅を800ピクセルにこだわるのはやめてもいいのかもね。本文とサイドバーを黄金比にするのは守りたいけども、パソコンの画面サイズはたいてい広くなっているし、携帯端末では、それなりに綺麗に見やすく縮小やレイアウト変更して表示できてるし、FC2ではケータイ用やiPhone用の表示モードもあるしね。

・でも、テンプレートのネタは枯れてしまっている。というオチ。


iPhoneもお財布ケータイ化!?

 和洋風◎:これでiPhoneもおサイフケータイ対応へ!? ソフトバンク、 「Felicaシール」と「Felica対応iPhoneカバー」の販売を検討中!
 の記事で知ったのだが、iPhoneも、お財布ケータイ化するかも知れない。

 ソフトバンクが「Felicaシール」ってのの販売(1000〜2000円)を検討しているらしい。リンク先に写真も掲載されているが、3センチ角くらいの、液晶画面クリーナーみたいな質感のシールに見える。
「TV&バッテリー」で、iPhoneにワンセグ視聴機能を追加したソフトバンク。アップル本家で対応してくれないなら、またやってしまおうという事だね。素晴らしい。TV&バッテリーや今回のFeliCaシールはやや強引な方法ではあるが、アップルがiPhoneに内蔵してくれない以上、こういう方法しかない訳で、そのわりには極力スマートになるよう頑張ってくれていると、個人的には思う。
 ともかく、早く実物を見たいな。


ヤホーで調べりゃ簡単に解る事だろ

 iPhone 3G→3GSへの機種変更に盲点! 月々の負担が急激に増す理由(2009.07.17 日経トレンディネット)

 大げさなタイトルをつけてるけど、盲点なんかじゃなく、この記事に登場する「友人」が無知なだけじゃね? つーか、iPhone 3Gから3GSへの機種変更に関する価格や月賦残金については既に散々書かれていて、今更の事であり、ヤホーで調べでもすりゃすぐ解る事。更に言えば、機種変更にしろ新規にしろ、携帯電話の購入契約をしようってんだから、思い込みじゃなく事前に調べろよ。

 iPhone 3Gの購入から2年未満でiPhone 3GSへ機種変更した場合のローン額をまとめたのが下の図だ。iPhone 3G(2008年7月購入、16GBモデルの場合)だけを使っていた場合は、図の上にあるように実質負担金は1440円/月となる。

 ところが、購入から2年未満でiPhone 3GSに機種変更した場合、ローン額は一気に跳ね上がる。2年未満で機種変更したため、以前の機種に対する月月割の割引(1920円/月)が消えてしまうのだ。旧モデルの実質負担金は、それまでの1440円/月から3360円/月へと2倍以上も高くなってしまう。

 それと、あげあしとりになってしまうが、途中で機種変更しようがしまいが毎月の「ローン額」は変わらない。ソフトバンクの「月月割」はローン額(割賦金)の割引ではない事は、説明されるはずだがな。批判や啓蒙するなら、紛らわしい記事を書くな。
 前にも2年しばり料金プランについても、今回と同じように「今更な記事」を大げさに記事にしてたっけ。そういう人なんだな。「ケータイ料金を徹底分析してケチケチ節約することが生きがい」らしいが。


差し替えるだけでは利用できない

 中古iPhoneが激増中! 価格や在庫をアキバで調査!(2009.07.14 日経トレンディネット)

 まぁ、タイトルどおりの内容なのだが、この記事中、気になる記述が。

 程度のよさ以外にも人気のポイントがある。新品の購入と違い、中古ケータイならば代金を払えばその場で端末が手に入り、SIMカードを差し替えるだけで利用できる。契約期間が残っている端末を使っていても、違約金などを支払わずにiPhoneに乗り換えられる。購入時に新たな契約や縛りが発生することもない。

 国内では、iPhone専用のSIMじゃないとソフトバンクの3G回線は使えない。通常の3Gケータイ用のSIMを刺しても、警告が出て、ケータイとしては使えないよ。
 それとも、この記事を書いた人は、外国人が購入している事を指しているのか? それとも、SIMロックフリーのグレーゾーンなiPhoneの事を指している?
 いずれにしても、名のある報道関係企業の記事とは思えない、勉強不足加減だな。


アップデート・ラッシュ

 iPhoneアプリのアップデート・ラッシュだ。iPhoneのAppStoreや、MacのiTunesに、毎日3〜4個の「アップデートあり」が表示される。
 いうまでもなく、そのほとんどはiPhoneOS3.0対応化のアップデート。こうしてアップデートして使い勝手が向上するってのは、ケータイというよりパソコンぽい。
 iPhoneは1年使ってきた事になるのだが、全然飽きない。こんな「ケータイ」は今までなかったよ。


iPhone OS 3.0 コピペは便利

 待望の iPhone OS 3.0 がリリース。iTunes経由で無料アップデートした。
 大きなメジャーアップデートであるが、その中で一番望んでいたのが、テキストのカット・コピー・ペースト、いわゆる「コピペ」。不思議な事に、今までiPhoneではコピペができなかった。
 しかし、待たされただけあって、アップルらしい素敵なUIで搭載された。
iPhone OS 3.0 のコピペ
 文字列をダブルタップすると、その単語か文が選択され、「Cut/Copy/Paste」という吹き出しが表示される。日本語文章の場合、どのくらいの範囲が選択されるか解らん。単語の時もあるし1文字の時もある。でも、あまり広範囲ではない。
iPhone OS 3.0 のコピペ
 自動で選択された範囲を修正したい時(たいていは修正したくなるが(笑))は、選択範囲の端にある青い丸をドラッグすれば範囲の縮小・伸長が可能。マルチタッチスクリーンでの操作を生かした、いい感じ。ここらへんが、アップルらしいエレガントさだ。
iPhone OS 3.0 のコピペ
 Safariの場合は、ダブルタップではなく、タップして少しホールドするとコピーモードに。ダブルタップだと、Safariでは部分拡大だからだね。
iPhone OS 3.0 のコピペ

 他に、日本語変換中に、未返還状態で途中の文字を修正したり、変換する文節を伸長できるようになった。
 コピペと文節変換の改善。他のケータイやスマートフォンでは当たり前の機能なんだけどね(笑)、これでやっと普通に日本語入力・編集ができるようになって「iPhoneが負けている部分」が減った。


ドコモからアンドロイドケータイ発売

 ドコモ、「グーグル携帯」を来月発売 2万円台から(2009.05.15 日経IT PLUS)

 NTTドコモは米グーグルの携帯電話向け無償ソフト群「アンドロイド」を採用したスマートフォン(多機能携帯電話)を来月発売する。グーグルがインターネットで提供する検索や動画共有など各種サービスが使いやすいのが特徴で、一定の条件を満たせば2万円台から購入できる見通し。日本の携帯電話会社が「グーグル携帯」を発売するのは初めて。米アップルの「iPhone(アイフォーン)」などとの競争が激しくなりそうだ。

 来週にも発表する。新端末は台湾HTC社製で、指でなぞって操作する大型のタッチパネルを搭載。ドコモの携帯向けインターネット接続サービス「iモード」のメールサービスも利用できる。通常の販売価格は5万円台だが、2年契約など一定の条件を満たせば2万円台で購入できるようにする。

 来月か。iPhoneの新型と真っ向勝負って事かね? 発売日も同じになったりして。つーか、ソフトバンクが同日を避けて1日ずらしたりしそうだな。ドコモよりソフトバンクの方が宣伝戦略はうまい——アップルに至っては神懸かり的に美味過ぎて、比較は論外——と思うので、楽しみだわ。

 それにしても、これでドコモからiPhoneが出る可能性はまた低くなった感じだな。


初めて買った携帯電話

 引越の荷ほどきをしていたら、懐かしいケータイが出て来た。
DP-151
 俺が初めて持った機種。ノキアのDP-151。13年と10ヶ月前に東京デジタルホン(現・ソフトバンクモバイル)と契約して買った物だ。
DP-151
 今時のスマートフォンよりも大きくて重たい。
 もちろん、メールもできない。カメラもついてない。機能といえば通話と電話帳、あとアラームくらいか。
 取っておいてもしかたないので、リサイクルのためソフトバンクショップへ持って行ったら、店員にも「ずいぶん古い機種ですね!」と言われたよ。


iPhoneでステレオ写真

iPhone ステレオメーカー

 iPhoneで、手軽にステレオ写真が撮れるアプリ。
 lensがひとつしかないiPhoneでどうやるのかというと、左目の位置で1枚目を撮影、右目の位置で2枚目を撮影。それを左右に並べて表示位置を微調整の後、平行法か交差法で見る1枚の写真としてiPhoneの写真アルバム内に保存する。

 こんな感じ。
にゃあ ステレオ写真
 平行法で裸眼立体視が出来る人は、上記写真をクリックして大きなのを表示させて、ためして欲しい。立体のにゃあをご覧いただきたい。
 俺が交差法ができないのでわからないけど、たぶん、交差法で見ると気分が悪くなるよ。

 今時のケータイと比べるとスペック的に劣るiPhoneのカメラ機能だが、それでもこんなに簡単にステレオ写真が撮れるとは、感動。