シャア専用カップヌードル

 日清食品ニュースリリース:数量限定新発売およびキャンペーンのご案内(2010.07.05)

 ちょっと前のニュースだけど、またminiガンプラ付きカップヌードルが出るらしい。

日清食品株式会社 (社長:中川 晋) は、「カップヌードル シャア専用チリトマトヌードル 《miniガンプラ》パック」シリーズ3品を8月2日(月)から全国で数量限定新発売します。また同商品を対象としたクローズドキャンペーン「カップヌードルオリジナル『MG MS-06S シャア専用ザクVer.2.0 (クリアカラー)』プレゼントキャンペーン」を実施します。
TVアニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデル「ガンプラ」 *1 の発売30周年を記念して、同アニメの人気キャラクター「シャア・アズナブル」をモチーフにした「カップヌードル チリトマトヌードル」のコラボレート商品を発売します。多くのガンダムファンが、「シャア専用」という言葉から想起する「赤い」もしくは「3倍」 *2 というイメージを切り口として、「カップヌードル チリトマトヌードル」、通常の「チリトマトヌードル」より3倍辛い「辛さ3倍チリトマトヌードル」、赤いチェダーチーズが入った「赤いチーズチリトマトヌードル」の3品に、それぞれ「miniガンプラ」を付けました。
また、当商品発売に合わせ、カップヌードルオリジナルカラーのガンプラ「MG MS-06S シャア専用ザク Ver.2.0 (クリアカラー)」 (1/100スケール *3) が当たるクローズドキャンペーンを実施します。1982年に発売した「チリトマトヌードル」と1980年に発売され30周年を迎える「ガンプラ」というロングセラー商品同士のコラボレートにより、カップヌードルのユーザー層に向けた楽しい話題を提供して参ります。

 シャア専用と聞いたら、買わない訳にはいかんな(笑)。クリアカラーのMGシャアザクVer.2.0も欲しい!
「辛さ3倍チリトマトヌードル」は、前のリフィルのシャア専用ヌードルより辛いのだろうか。
 8月2日からね。よし!


おしなりくん

 先日のオフ会で、東京スカイツリー周辺を散策して見た物。

おしなりくんの家
 お休み処 おしなりくんの家。
 東京スカイツリーと墨田区の案内所。安い料金でコーヒーやジュース等が飲める。

おしなりくん
 これが、おしなりくん。押上・業平地区のマスコットキャラクターなので、「押業」くんね。

おしなりくんの家
 廃校になった学校から譲り受けた机をテーブルとして再利用している。

おしなりくんの家
 俺達が訪問した時、丁度NHKテレビの取材ロケを行っていた。


藤田まことさん、お疲れさま。

 去る2月17日朝に、俳優の藤田まことさんが逝去された。
 昨日、ツイッターのタイムラインでその訃報を目にした時は、「ソース(信用できそうな情報元)出ないでくれ……」と願ってしまった。まじに。

 俺にとって、藤田さんといえば、もう中村主水につきる。物心ついた頃から……と言ったら大袈裟だが、小学生の頃から見ていた「必殺シリーズ」の代名詞と言っても過言ではないキャラクターの主水は、格好良かった。
 昨年前半の「必殺仕事人2009」にも出演され、確かにかつての「キレ」は無くなっているなぁというのは否めないながらも、痛々しさというのは無く、やはり「必殺」の顔として、大きな存在感を持っていたのが嬉しかった。

 ともかく、好きな役者さんが、また逝ってしまった……。

 ご冥福をお祈りします。


郷里大輔さん、お疲れさま。

 1月17日、声優の郷里大輔さんが亡くなられたそうだ。つい数日前に田の中勇さんの訃報を聞いたばかりなのに。

 郷里さんといえば、俺としては、やはり機動戦士ガンダムシリーズでの活躍が忘れられない。ファーストTV版でのドズル・ザビ、Zや0083でのバスク・オム。
 どちらも、主人公側からみたら敵勢力に属するキャラクターだが、筋の通った武人として描かれていた。まぁ、バスクはかなりえげつない部分もあって、キャラとしては好きにはなれないのだけれど、ドズルは、(このブログでも何度となく書いているけど)大好きなキャラ。馬鹿ばかりのザビ家において唯一といっていい「漢」だった。ガルマの死を心底悲しんだり、部下や妻子を思いきちんと逃がせた上で、軍人としての誇りを持って死んで行く。そういう悲哀を、郷里さんは見事に演じてくださった。
 同じガンダム好きのブログ友の言葉を借りれば、

「いい声、魂のこもった武人の声でした。」

 郷里さん、お疲れさまでした。どうかやすらかに。


ガンダム、タイ地に立つ!

 お台場のガンダム、タイに一時帰国−30周年記念イベントで展示へ(2009.10.20 バンコク経済新聞)

 サイアム・パラゴン(BTSサイアム駅前)で10月21日、この夏お台場の「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」で展示された等身大モデルを目玉にした「GUNDAM EXPO THAILAND 2009 @ Siam Paragon」が開催される。主催はタイ国内で仮面ライダーなどのキャラクターの版権を所有するドリームエクスプレス(DEX)。

 同イベントはガンダムのテレビ放映から30周年を記念して開かれるもの。RX78-2の1分の1モデルの上半身を展示するほか、ガンダム第一作からこれまでの歴史をポスターや関連商品のディスプレーで振り返る。

 すげー等身大ガンダム、タイに行ってるんだ。でも、「一時帰国」の意味がよく解らなかったんだけど、このガンダムのFRP製本体は、タイの工場で制作されたらしい。

 サイアムパラゴンPR担当のヌーさんは「このガンダムはタイのFRP工場で制作されたものなので、実はタイ生まれ。施設の関係で展示は上半身だけだが、すごい迫力。下半身は日本にあると聞いている」と話す。

 タイに行ってるのはAパーツだけか。全身ならよかったのに、私設の都合ならしかたないか。


通常の3倍

 今度は「カップヌードル シャア専用ガラスカップ 赤いカレーヌードルリフィル付」か。

カップヌードルリフィルシリーズは、「楽しく食べて、エコスタイル」をコンセプトに2007年3月の発売以来、多くの方々にご支持いただいている環境配慮型商品です。今回は、TVアニメ「機動戦士ガンダム」とのコラボレーション企画第2弾 (※1) として、同アニメの人気キャラクターである「シャア・アズナブル」をモチーフにしたカップヌードルリフィル (詰め替え用) と耐熱ガラスカップを発売します。

 微妙だな。でも、このカップはカッチョイイかも(笑)。
 オープン価格ですか。800円くらいしそうだな。

 ん? まてよ?

「カップヌードル赤いカレーヌードルリフィル (詰め替え用)」
(1) め ん
湯のびしにくく、しなやかでコシとつるみのあるめん。
(2) スープ
シャアをイメージした「赤い」カレースープ。赤唐辛子とペッパーを効かせた「3倍 (※3)」の辛さとチーズのまろやかさがマッチしたうまみのある辛口。
(3) 具 材
辛いスープによく合うチェダーチーズに、ダイスミンチ、キャロット。
※3 「カップヌードルカレーリフィル」対比3倍量の「赤唐辛子」「ペッパー」入り。

 ダイスミンチだと! コロチャーじゃなく、ダイスミンチか! それだけで買いかも知れない!


ヤマト発進……

 キムタク・古代進で初の実写版ヤマト発進!(2009.10.03 SANSPO.COM)

《実写版「宇宙戦艦ヤマト」キャスト一覧》
キャスト  役名     役柄設定
木村拓哉  古代進    ヤマト戦闘班リーダー
黒木メイサ 森 雪    ヤマト戦闘班ブラックタイガー隊
柳葉敏郎  真田志郎   ヤマト技術班班長
緒形直人  島大介    ヤマト航海班班長
池内博之  斉藤始    ヤマト乗組員、空間騎兵隊隊長
マイコ  ★相原     ヤマト乗組員、通信班
堤真一   古代守    進の兄。駆逐艦ゆきかぜ艦長
高島礼子 ★佐渡先生   ヤマト艦内の医師
橋爪功   藤堂平九郎  地球防衛軍司令長官
西田敏行  徳川彦左衛門 ヤマト機関班班長
山崎努   沖田十三   ヤマト艦長
★原作では男性の設定だったが、映画では女性に変更

 古代だけ「班長」じゃなく「リーダー」なのはキムタクのイメージでか?
 ユキがブラックタイガー隊って、加藤のキャラもかぶせるのか?
 その他、突っ込みどころ満載のキャスティングだな。

 実写化にあたり一部設定も変更。森雪は原作よりも戦う女性のイメージを強調し、アニメで中年男性だった医師の佐渡先生役に高島礼子(45)を起用するなど、一部キャラクターを女性にする。また、デスラー総統ら敵役は後日発表される。今月中旬にクランクイン。

 サプライズでデスラ−役が伊武さんだったら、上記キャンスティングは全部我慢してやるけど(笑)。


掲載不可

 えーと、先日の、地デジ化推進イメージキャラクタに関する記事の写真と一部の文面を修正した。

 “地デジカ” の無断美少女イラストに「断固として許さない」と民放連 (2009.04.28 livedoorニュース)

「地デジカは日本の地デジ化を推進するキャラクターなので、ブログに一般の人が地デジカのイラストを掲載した場合、地デジカを広めるという効果を期待し、暗黙の了解で掲載を許すことはあるのでしょうか?」という取材班の質問に対し、日本民間放送連盟は「地デジカの著作権ですが、世にある他のキャラクターと同様、無断掲載には厳しく対応していきます。一般のブロガーの方がブログに掲載したり掲示板に載せることも、著作権の問題がありますので黙認することはしません」とコメント

 ということで、浦安のネズミなみの厳しさらしい。
 あんなやっつけ仕事のへぼいキャラの掲載ごときで怒られるのも嫌だし、お伺いを立てるのも労力の無駄なので。
 それにしても、どんだけ自意識過剰なんだよ、シカモドキ。


地デジ化

 これ、ネタの嘘ニュースじゃないよね!? 俺、まんまと騙されちゃってるの?

 地デジ移行の新キャラクター「地デジカ」 (2009.04.27 ITmedia News)

 日本民間放送連盟は4月27日、2011年7月の地上デジタル放送への完全移行をPRする新キャラクター「地デジカ」を発表した。今後、民放各局の番組やWebサイトなどに登場する予定だ。

 地デジカは、デジタル放送を開始した2003年生まれ。シカが進化して「地デジカ」になったという設定で、2本足で立ち、角はアンテナ形。デジタル移行への注意を促すため、「地デジカ」と書かれた黄色いレオタードを着ている。

 デジタル放送推進協会(Dpa)で地上デジタル放送推進のメインキャラを務めていた草なぎ剛さんが23日に逮捕された直後の発表となり、“後継者”への期待が高まりそうだ。

 能書きはまぁいいが。
地デジカ
 なんだ、こいつ。シカ? シカに見えない。
 いや、イラストはまだいい。
 着ぐるみの方は、怪しいなんてもんじゃないね。
地デジカ
 半日くらいで作ったやっつけ仕事丸出しって感じだなぁ。
 黄色いレオタードに大きく「地デジ化」を連想させる文字。その勇気は認める。

 2009.05.02修正。
 写真と、記事の一部を修正しました。