クレジットカードを乗換える

 二十年以上前に契約し、ゴールドでもないのに今時数千円の年会費がかかる流通系クレジットカードを、7月の年会費支払いまでに解約し、別の流通系会社のカードに乗換える。
 これを契約した当時は年会費がかかるのが当り前だったけど、今は一般カードは無料のところが多いもんね。年会費以外では不満もなく、系列のスーパーでいつも便利に使っているのだが、少しでも節約せねば、と。
 そんな訳で、乗換え先のカードが届いたので、公共料金などの支払をそちらへ変更。どこもWebサイトから変更手続きができるから便利な世の中になったもんだ。


二級建築士免許証が届いた

 試験に合格し、12月中旬に登録申請していた二級建築士免許証(免許証明書カード)が、やっと届いた。

 きつかった受験期間を思い出したり、改めて、身の引き締まる思いがする。

 しかし、カードだけじゃなく、従来の紙の賞状タイプ(現在は廃止)も欲しかったなぁ。それと、これ、東京都知事の名前は入ってないんだけど、他府県も指定登録機関だけなの?


シャア専用iPhone その2

 昨日、エーワンのスマートフォンカスタマイズカード for iPhone4S/4 ケース(と、それ専用のケース)で作った「シャア専用iPhoneケース」だが、マークが大きくて野暮ったかったので、作り直した。(昨日の記事はこちら

 ↓これは、昨日のやつ。
スマホカスタマイズケースfor iPhone

 ↓これが、今日作ったやつ。
スマホカスタマイズケースfor iPhone
 うむ。ジオン公国章と文字を小さくしてスッキリした。
 ついでに赤をシャアピンク(俺配合CC3333)からシャアレッド(俺配合b90d0d)に濃く変更し、ジオニック社ロゴも追加。
 いい感じになったよ。


シャア専用iPhone

 エーワンから発売された、スマートフォンカスタマイズカード for iPhone4S/4 ケース(と、それ専用のケース) を購入。
 インクジェットプリンタで印刷した厚さ0.15mmのカードを、背面保護ケースの内側に入れてiPhoneに装着するだけ。ケースの外側に貼付けるステッカータイプのもあったけど、今回はこのカード型を試した。

スマホカスタマイズケースfor iPhone

 ラベルメーカー大手のエーワンなので「ラベル屋さん」という簡単印刷ソフトも無料ダウンロードできるんだけど、それは使わずに、Photoshop Elementsにて作業。
 カスタマイズカードにテストプリント用紙がついていて、そこに用紙サイズやステッカーまでのマージンなんかも記載されているので、他のソフトでもハガキサイズの印刷ができるものであれば、容易に作業ができると思う。

スマホカスタマイズケースfor iPhone

 意匠はもちろん、ジオン公国の紋章を、シャア専用っぽく。

スマホカスタマイズケースfor iPhone

 もうちょっと小さくすればよかったかな。
 んでも、これ楽しい。どんな絵柄のケースでも作れるんだもんね。

エーワン スマートフォンカスタマイズケース iPhone4/4S 29074
B006O54L82
エーワン スマートフォンカスタマイズカード iPhone4/4S 光沢フィルム 29072
B006O54KRO
エーワン スマートフォンカスタマイズカード iPhone4/4S 透明 29073
B006O54KZQ
エーワン スマートフォンカスタマイズステッカー iPhone4/4S ホワイト 29071
B006O54JNE


ってことで、GPSロガーに移行

 前回の記事のとおり、Eye-Fi Pro X2を購入したものの、俺の希望の目的にはかなわずガッカリしたのだが、もはや「I-10で撮影した写真にも簡単にジオタグを付けたい」熱は高まる一方。
 今まで気になってはいたけど、買わずにいたGPSロガーを買ってしまったよ。

 選んだのは、ソニーの GPS-CS3K というやつ。
SONY GPSユニットキット GPS-CS3K
B001U65SL4

 こいつは、電源を入れると、GPSによる測位結果を粛々と記録してくれるというもの。公称値で単三電池1本で15時間程度使えるらしい。
 これを持ち歩けば、俺が移動記録をため込んでくれる。
GPSロガー
GPSロガー
 で、この小さい機器本体だけで、デジカメ写真にジオタグを付与することができるんだよ!
 デジカメで撮影した写真が入っているメモリースティックDuoかSDカードをそのまま挿入することができて、撮影日時と記録された位置情報の日時を照合して、写真にジオタグを追加してくれる。もうね、ひじょうに簡単だよ。
 付属ソフトはWindows用で、Macでは使えないけど、上記のとおりGPS-CS3K本体のみでもサクっとできるので、問題なし。
 ちなみに、付属のUSBケーブルでパソコンに繋げば、マスストレージデバイスとして認識されるので、Macでも位置情報ログデータをコピーすることは可能。それを汎用のデータ型式に変換するフリーソフトもいくつかあるらしので、MacでもログからGoogleマップに移動ルートを表示させる事とか可能のようだ。

 明日から色々使ってみる。


Eye-Fi Pro X2 を買ったが……。

 人気の無線LAN内蔵SDメモリーカード Eye-Fi Pro X2が値下げされて久しいので、購入した。
Eye-Fi Pro X2 8GB EFJ-PR-8G
B003ITFTNI

 愛用しているコンパクトデジカメ PENTAX Optio I-10 で撮影した写真にも、iPhoneみたいにジオタグ(位置情報)を付与したいというのが目的。
 結論からいえば、一週間で使用をやめた(笑)。

 Eye-Fiでのジオタグ付与は、GPSではなく、周囲の無線LANアクセスポイントをリストアップし、三角測量の要領で位置を割り出す仕組みらしい。
 ただし、ジオタグは無線LANで送信時にEye-Fi提供元のサーバを経由させた次点付加されるので、厳密には撮影場所ではなく送信した場所になる。外で撮影し、自宅で送信とした場合は、自宅の位置情報となってしまう。
 まあ、その辺の仕様は下調べをして承知の上購入したのでよい。

 外での撮影には、Pocket WiFiを使い、その場でサーバへ送りたい。そうしないと、撮影場所のジオタグが付かないからね。
 ところが、これが問題だった。まずI-10の電源を入れてから直後の撮影では、Eye-Fiが周りの無線LANアクセスポイントを探すからか、Pocket WiFiを認識して接続するまで2〜3分かかる。I-10の電源を入れっ放しで引き続き撮影すれば、以後は短縮されるが、それでも1枚撮影する度に1分近くかかる印象。
 さらに、仕組みとしてしょうがないのだろうが、測位に使う無線LAN(それに接続する必要はないらしい)がない所では、ジオタグは付与されない。

 俺は、SDカードを外して MacBook Proに挿して iPhotoに読込むという作業は、まったく苦にならないので、無線LANで自動で送信というのは、そんなに魅力を感じていない。ジオタグの付与が目的だったので、期待外れだった。

 Eye-Fiはとても良い製品だと思う。ジオタグにこだわらないのなら、SDカードの抜き差しをしなくていいし、有用だろう。俺の目的にはかなわなかったという事だ。


iTunesカード 20%OFF

 現在(9/7まで)、ファミリーマートでiTunesカードを買う時にTカード(TSUTAYAのレタル会員カード)を提示すると20%OFFになるキャンペーンをやっている。(→ファミマの告知サイト
 家の近所にはファミマが3店舗あるが、3店舗中2店舗でiTunesカードを扱っていて、店舗によって対応、というか店員の質が違う。
 最初行った店ではレジにおばちゃんひとりだったので嫌な予感がしたんだよね。案の定、まず、話が通じない。「アイスのカード?」「いや、アイチューンズカード。アップルの、インターネットで音楽が買えるカード」なんてやりとりの末、「あぁ!」って感じでカウンター下の引き出しをガサガサやって出してきた。1500円が1枚しかなくて、とりあえずそれを購入。予想通り、1500円でレジ打ちやがった。2割引になると聞いて来たのだがと言うと、品出し中の別の店員(若い女性)を呼んで来た。その女性が俺のTSUTAYAカードを差して、無事20%OFFに。疲れた。
 別の店では、iTunesカードを注文したらすぐに「Tカードをお持ちでしたら、ただ今20%引きになります」と言ってくれて、すんなりと気持ちよく買えた。ここは3000円も1500円もまだ在庫豊富だったし。
 ってことで、計4500円分のiTunesカードを3600円で購入。

 よし、これで、iMandalArt を買うか。


差し替えるだけでは利用できない

 中古iPhoneが激増中! 価格や在庫をアキバで調査!(2009.07.14 日経トレンディネット)

 まぁ、タイトルどおりの内容なのだが、この記事中、気になる記述が。

 程度のよさ以外にも人気のポイントがある。新品の購入と違い、中古ケータイならば代金を払えばその場で端末が手に入り、SIMカードを差し替えるだけで利用できる。契約期間が残っている端末を使っていても、違約金などを支払わずにiPhoneに乗り換えられる。購入時に新たな契約や縛りが発生することもない。

 国内では、iPhone専用のSIMじゃないとソフトバンクの3G回線は使えない。通常の3Gケータイ用のSIMを刺しても、警告が出て、ケータイとしては使えないよ。
 それとも、この記事を書いた人は、外国人が購入している事を指しているのか? それとも、SIMロックフリーのグレーゾーンなiPhoneの事を指している?
 いずれにしても、名のある報道関係企業の記事とは思えない、勉強不足加減だな。


カードの解約

 最近は、メンバーカードなんかもクレジットカード兼用なのが多い。むやみやたらと作っているわけではないけど、使いもしないクレジットカードが数枚ある。
 某有料BS放送のメンバーカード。十数年前の加入時にほぼ必須条件として作ったものだが、現在ではその視聴料の支払は別の方法にしているので、このクレジットカードは使っていない。カードによるメンバー特典も、いつの間にかなにもなくなってるし。
 まずは、このカードから処理する。
 クレジットカード会社へ電話し、その電話のやりとりだけで、解約手続き完了。書類提出とかないんだね。
 簡単でいいわ。


交番に行ってきた

巡回連絡カード
 先日警察から、巡回連絡カードというのに協力してくれといわれていた。
 記入したら、引越してきた所の管轄の交番に持っていけばいいとのこと。まぁ、徒歩十数分程度の隣町からの引越なので、管轄の交番は同じなんだけども(笑)。
 それにしても、警察(交番)に入るのって嫌だわ。もちろん、何も悪い事はしていないんだけども。警察以外でも役所の類いは何となく嫌だね。
 ともかく、買物に行くついでに交番に寄って渡してきた。