大人の科学マガジン「UBS特撮カメラ」で撮影してみた(静止画)

 学研「大人の科学マガジン UBS特撮カメラ」を購入。

20131001_tokusatsucam01

 ふろくのカメラは組み立て式だが、+ドライバー1本で、5〜10分もあればできる。
20131001_tokusatsucam02
20131001_tokusatsucam03
 長さ20cm程度の持ち手付き。パソコンと接続するためのUBSケーブル1mが直付けされている。

20131001_tokusatsucam04
 200万画素CMOS。

20131001_tokusatsucam05
 持ち手の先に三脚ネジも装備。

 ソフトやドライバの類は付属せず、基本的には必要なし。MacかWindowsのパソコンに接続し、パソコン側の汎用撮影ソフトを用いる。
 特撮カメラの性能その物は200万画素だが、できあがる動画/静止画は撮影ソフトによる。

 とりあえず、Macに標準インストールされているPhoto Booth で静止画を撮影してみた。

20131001_tokusatsucam06
 解像度は高くないし、レンズが暗いので夜の室内ではこの程度だが、それでもフォーカス範囲が0.1mm〜∞(マニュアルフォーカス)でミニチュア撮影に特化というのは、伊達ではない。
 ガンプラMG。1/100で約18センチのザクが1/10の人間サイズに見える。

20131001_tokusatsucam07
 続いて、カップヌードルのおまけの極小ガンプラ。1/380で約5センチ。これも大きく見えるね。すげーよ、特撮カメラ!

 薄くて小型。持ち手も付いているので、狭い所へ入れての俯瞰撮影もできる。
 8センチ未満の至近にピントを合わせるとマクロ撮影。8センチ以遠にピントを合わせるとパンフォーカスになるみたい。

 こりゃ色々遊べそうだ。
 価格以上の使い勝手があるぞ。

[Amazon]大人の科学マガジン USB特撮カメラ (Gakken Mook)


iOS 7の写真アプリで重複があるのでフォトストリームを削除

 iOS 7にアップデートしたら、大きく様変わりした写真アプリ。
 撮影した写真を閲覧するものだが、年別>コレクション>モーメントという、サムネイルが豆粒から従来のアルバム大までの3段階になるモードが新規搭載された。年別では豆粒なのでそこでどうこうできるものではないが、見ていて楽しい。
20130922_iPhone_photo_1
20130922_iPhone_photo_2

 しかし、なんか重複している写真がたくさんある。どうもフォトストリームの分が2枚になっているようだ。
 俺は、Mac版iPhotoの方でフォトストリームの自動読み込み/自動アップロードを設定して、iPhotoに読み込みが確認された写真はiPhoneのカメラロールからは随時削除している。MacとiPhoneをiTunes同期するとアルバムがiPhoneへコピーされるので、カメラロールは空にして良い。同期コピーされた写真の方が縮小されているため容量節約にもなるし。
 話を戻すと、重複しているのはiOS 7にする以前からフォトストリームにある写真みたい。
 フォトストリームの写真はiPhoto起動時にMacローカル上に自動読み込みされているので、削除しても問題ない。そもそもフォトストリームは最新の千枚しか保存されず古い写真はどんどん消えてゆく「一時的保存」に過ぎないのだし。ということで、フォトストリームを一旦全削除。アップルのサイト「iCloud:フォトストリームから写真を削除する方法」 http://support.apple.com/kb/HT5125?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP を参考にし、まずiPhotoで一括削除した後、各iOSデバイスに残ったいくつかをそれぞれ個別削除。
 これでスッキリ。

 ちなみに、iOS 7にした後にフォトストリームに追加された写真は、重複表示されていない。カメラロールに残しておくと、フォトストリームを読み込んだiPhotoアルバムから同期された写真(ややこしい)とカメラロールとで重複してしまうが、前者はiPhone用に縮小されていて別物だから仕方ないし、前述の通りカメラロールは随時空にしているので問題なし。


いなり、相変わらず写真が嫌い

 いなりは相変わらず写真が嫌いだ。
 カメラやiPhoneを向けると、露骨に嫌な顔をする。
20130616_inari1
 カメラは嫌いだにゃ!
20130616_inari2

20130616_inari3
 実物はおだやかでおとなしく、凄く可愛いのに。
20130616_inari4
 寝ている時なんか天使なんだけどねぇ(笑)。
 ぷくぷくの手足も可愛いのよ。


iPhone 5のカメラレンズにゴミが入ってしまった

 先日、iPhoneで写真を撮っていると、画面の一角にぼけている箇所がある事を発見した。指が写り込んでしまったのかと思い(よくやるのだ)注意してみたが、やはり同じ所がぼけてしまう。
 カメラレンズが汚れているのか確認してみたら、傷? いやそうじゃなく、レンズ——を覆っている最外装面のガラス——の中にたくさんの埃が入り込んでいるではないか。
「iPhone 5 カメラ ゴミ」などでググると、同じような事例がたくさん出てくる。よくある事なんだね。

 分解しなければカメラレンズのゴミは除去できないので、アップルストア銀座のジーニアスバーに予約を入れて、行ってきた。
 オンラインでの予約の段階で概要を記入していたおかげか、「カメラにゴミですね。ちょっと確認させてください」と、カメラ機能で白い紙や手のひらを映した画面を見て、「そうですねゴミ状の物が写っていますね」と手早い。保証期間内だし事故による破損ではないので本体交換となった。
 iPhoneやiPodの修理は本体交換になることが多いようだ。新品ではなく整備済み品だとは思うが、外装に傷はないしバッテリは新品だろう。約8ヶ月使ったiPhone 5のバッテリと外装が新しくなったと思えばラッキーかも知れない(笑)。

 しかし、またゴミが入ったらどうしようと、気になってしかたない。これは精神衛生上よろしくない。
 iPhone 5はなぜゴミが入りやすいんだ? カメラレンズとLEDフラッシュの間にある穴が怪しい。
 通話中のノイズキャンセリング用マイク——iPhone 4Sではイヤホンジャックの横に付いていた——なので、薄いシール1枚くらい貼っても問題ないだろう。でも、変なシールだと目立って格好悪いので、液晶画面保護シートを約4mm角に切り取ったものを貼ってふさいだ。
 うむ。これで安心して使える(笑)。


いなり、肉球クッションと

 最近のいなりのお気に入りは、ソファの隅に置いてある肉球クッション。よくこの上でお昼寝をしている。
20130302_inari_1

 ……と、写真を撮ろうとすると、すぐ目を細める! どうしてこんなにカメラ嫌いなんだろう(笑)。
20130302_inari_2

 寝ていると本当に可愛らしいんだけどねぇ。もちろん起きている時も可愛いよ(夜中のイタズラがなくなれば最高の娘なのだが)。
20130302_inari_3

 クッションがふたつになっている(笑)。
20130302_inari_4


里親になる

 覚悟はしていたし、ペットロス症候群とまではいかないけれど、今の自分の心身状態での〈にゃあ〉の旅立ちは、さすがに辛かった。
 で、俺の場合「もうネコは飼わない」ではなく、「またすぐにネコと暮らしたい」気持ちで一杯だった。
 半分は寂しさを紛らわすためにも、ネットでなんとなくネコ関係を検索したりネコ好きさんのブログ仲間からどんどんリンクをたどったりしていた。目に付くのは、にゃあと同じ茶白の子ばかり。

 そんな中で、とても気になる子を発見! その子の里親募集をしているらしい。
「やっぱり、にゃあの四十五日が過ぎるまでは、次の子は……」とも思っていたので、悶々とすること数日。
 しかし、こんなに悶々としていたのでは、かえってにゃあにも申し訳ない。もしかしたら、にゃあが紹介してくれたご縁かもしれない……。もう実に都合のいい勝手な考え方だが、そんなふうに思い、意を決して、その子の保護主さんに連絡をしてみた。

 そんなこんなで、もちろん家族とも相談のうえ、家族代表として俺が先方へ“養子縁組のお見合い”に行った。

 ブログでの写真やプロフィールなどでも既に「お気に入り」になっていたのだが、実際に逢ってみると、可愛い!
 保護主さんが、カメラが嫌いで写真写りが悪いと言っていたが、本当に、実際には、愛くるしい。保護されてから今まで、大切にされて家猫修行をしていたのだということを感じることができる。
 穏やかで優しくて人見知りもしない(だけどカメラは嫌い(笑))、おとなしい子。

 お気に入りだというベッドの中にいるその子に、
「うちの子になるかい?」
 そうささやきながら頭や背中をなでてやっていると、ゴロゴロいいながら、すぐに寝てしまった。うわー、なんだこの可愛らしさ!

 その子は、今度の日曜日に我家に引越してくる予定。


かわいいデジカメ

 今月始め、デジカメを買った。
 PENTAX Optio I-10。安いコンパクトデジカメであるが、この可愛らしさが気にいったので、半ば衝動買い(笑)。
I-10
 今年2月発売で、当初3万円くらいだったのが、現在は半額程度とお買い得だったのも、購入理由。
 タバコの箱程度の小ささで、レトロ風の外観で——メーカーは公言していないけども——同じPENTAXの昔の小型一眼レフ銀塩カメラ auto110という機種をモチーフにしているらしい。なるほど、I-10というネーミングも、auto110を意識したものだね。確信犯(笑)。
 デジカメの性能としては、コンデジとしては入門用の過不足ない機能が搭載されていて、不満はない。
 液晶画面は晴天の屋外でも見やすいし、ほとんどオートモードのままでも綺麗に撮れる。
 電源オンからの起動や撮影時の保存も速くて快適。前のデジカメは4年半前に買ったものだから、その間の進歩は凄いね(笑)。
 それにしても可愛いよ、I-10。


iPadが届いた

 5月11日にオンラインのアップルストアに予約注文した iPad が、昨日28日に届いた。

iPad

 購入したのは、Wi-Fi 32GBモデル。3G回線(ソフトバンクの携帯電話回線)モデルは店頭予約しかできなかったので出向くのは無理ってのもあったけど、iPhone を使っているし、外に持ち出すとしても路上で使う事はあまりないだろうと。
 んでもね、実は、iPad購入の準備で Pocket Wi-Fi(ソフトバンク版)を既に契約済み(笑)。

iPad

 さて。Amazonに合皮のブックカバー風ケースを注文しているんだけど、まだ届かないので、とりあえず昨日、ヨドバシアキバで Simplism の クリスタルカバーを買ってきた。液晶画面保護シートも付属しているので、表裏を保護できる。
 iPhone用のを愛用していて、性能については不安はなかったが、やはりいい感じだ。
 本体の美しさを損なわず保護できる。

iPad

 液晶保護シートを貼るのは、自信があるんだ。もちろん、風呂場で全裸で貼る。
 気泡混入ゼロ。

iPad

 基本的にiPadでもiPhone用アプリはほとんど動く。「ほとんど」というのは、カメラやGPSなどiPadに物理的に搭載されていない機能に頼るアプリは無理だという事。
 充電マニアとしては(笑)、バッテリーログもそのまま動く(今のところ正常動作している)のは嬉しい。

iPad

 iPadと同時に注文してあった Apple Wireless Keyboard をBluetoothで接続すると、文字入力が格段に便利になる。
 まだiPad本体を立てて置けるケースが届いていないので、実際の作業はやりにくいけどね(笑)。

 もう少し使ってみて、あらためてレポートを書こうと思う。


これはいいカメラアプリだ

ゴリラカム

 iPhone用のカメラアプリはたくさんある。俺も今までいくつか使ってきたが、これはいい!
 Gorillacam(ゴリラカム)って、変な名前だけど、デジカメ用の三脚(?)ゴリラポッドのメーカーがリリースしているアプリのようだ。
 手ブレ補正、デジタルズーム、水平器、セルフタイマー、ガイドライン等々の機能がついて、無料。
 iPhone用のデジタルズームができるアプリの多くは、解像度が下がって(撮影画像の大きさが小さくなって)、実質的にはズームというより部分的に切りとったのと大差ないものだが、このゴリラカムのデジタルズームは、画質は荒れるが、解像度(撮影画像の画素数)は維持されるので、ちょっとのズームなら画質劣化も我慢できそう。
 あと、撮影した写真をライブラリへ保存中にも、次の撮影が可能! 保存処理は早いとは言えないけど、その処理を待たずに次の撮影が出来るのは、感覚的にはなかり楽で嬉しい。
 いいところが多いアプリで、標準のカメラアプリの代替になりうるんだけど、このアイコンがダサいのがどうもねぇ(笑)。このアイコンだと、ホームの1面目には置きたくない(笑)。
 繰り返すけど、機能的には素晴らしいアプリではある。うん。しばらくメインで使ってみる。

 iTunesで購入(無料)は、こちら[iTunesが立ち上がります]
 ※iPhoneアプリの価格は、記事執筆時点での価格です。


本郷のネコ。

 去る1/16日に参加した散策オフ「ブラ浪漫」本郷編の時の写真。

本郷のネコ
 民家の塀の上に、たたずむネコ。
 みんなで写真撮ってたんだけど、ことごくカメラ目線だったな、こいつ。
本郷のネコ
 なんとも味のある顔。みたらし団子のひと粒みたいな頭がナイス。よし、君の名前は(俺の中では)ミタラシに決まり。