OneNoteを試用してみた

 Evernoteの新料金体系への移行とプレミアムプラン半額優待の期限がいよいよあと一週間になったので、マイクロソフトが公開しているツールを使って、いくつksのノートブックをOneNoteへの自動インポートを試してみた。

 このインポートツールは、Windows版のEvernoteクライアントアプリのローカルデータかエクスポートしたenexファイル——Mac版クライアントからのエクスポートファイルでも可——を読み込んでOneNote形式に変換しOneDriveへ保存するというもの。
 まず、Mac用が用意されておらずWindows用だけってのはいいが——いや、よくはないが、個人用OneDriveアカウントにしかインポートできなかったのは不便。一度読み込んで仕事用のOffice365 for Businessに付随する方のOneDriveアカウント(内のストレージ)へいちいち移動させたよ。
 今回は試しに3つのノートブックしかインポートしなかったのでなんとか我慢できたが、たくさんのノートブックがある場合は嫌になるだろうな。

 Evernoteのタグにあたる機能がOneNoteにはなく、代わりに、インポート時にセッションに変換することが可能。それを選択。そうしたら、Evernoteの時の一番先頭にあるタグの名前がついたタブに振り分けられていた。これがセッションか。しかしこれ、タグとは全然ちがい、ノートブック>セッション>ノートと、三階層になってしまっただけ。散漫。そうじゃないんだよなあ。
 インポートした各ノートには、その最初の行に、Evernoteの時のタグが「Tags:#〜 #〜」という形で記述されていたので、普通の検索でこの「元タグ」検索することはできそう。なので、たぶんタグをセッションへ変換は選択しないでインポートしたほうがいいと思う。でも、それもやっぱり違うんだよなぁ。タグはタグなんだよ。

 OneNoteはEvernoteの代替にはならないと断言できる。


現在利用中のWordPressプラグイン

 どれも定番ばかりだけど、備忘のため、現在使用中のプラグインを記述しておく。
 現時点で常用が固まったものたち。

 Akismet
 スパム対策。標準装備だったので。

 WP-SpamFree
 同上。

 WP Multibyte Patch
 よくわからんけど、日本語を含むマルチバイト言語環境の場合は入れておくべきらしい。

 WP Super Cache
 キャッシュ管理により表示の高速化(WPtouch と併用する場合はちょっとした追加設定が必要)。

 WPtouch
 サイト表示をiPhoneに対応に自動変換してくれる(WP Super Cache と併用する場合は、そちらでちょっとした追加設定画必要)。

 Movable Type and TypePad Importer
 MT型式のデータをインポートするのに必要。

 All in one Favicon
 ファビコンを追加する。

 Better Delete Revision
 記事更新毎に増える履歴を手動で消去してデータベースを整理する。

 Japanese Autotag
 記事投稿時にタグを自動設定(Yahoo! Japanのアカウント、アプリAPI設定が必要)。

 SI CAPTCHA Anti-Spam
 コメント投稿時にスパム対策の画像認証を追加。

 Simple Tweet
 記事投稿時に自動的にTwitterへ送信。

 Yet Another Related Posts Plugin
 関連記事の表示。

 この他に20個くらいのプラグインをインストールして試しているけど、常用には至っていない。

WP Super Cache と WPtouch の併用でハマった件については別途記事を参照されたし。


アップロードした画像のバックアップってやってる?

 FC2は、管理メニューに「データのバックアップ」という項目があり、テキスト情報はこれで丸ごと自分のパソコンにダウンロード保存できる。
 しかし、画像等はみんなどうしているのだろう。
 まぁ、自宅パソコンなりケータイなりにオリジナル画像はあるのだろうけど、みんなそのままなのかな。

 俺は、ひとつのフォルダに、テキスト以外のアップロードしたファイル全てを保存している。
 自宅でアップロードしたなら、そのファイルと、(オリジナルは大抵iPhotoライブラリーにあり、それをPhotoshopで縮小加工等してブログにアップロードしている)、アップロード時に作成されたサムネイルも、ブラウザからドラッグコピーして保存。
 出先からモブログしたやつも、同じようにコピー。
 モブログはひとまず「未分類」カテゴリで投稿処理するようにしてあり、帰宅後に上記の画像コピーや追記等を済ませたら、別のカテゴリに変更する。つまり「未分類」カテゴリを、処理フラグとしている。

 ちなみに、(テキストログの)データバックアップは、最低でも週1回はやるようにしている。

 これで、万が一の時には、ログのインポートと、ファイルバックアップ用フォルダの中身を全部アップロードするだけで、簡単に復旧できる。
(まぁ、画像ファイル300個もいちいちアップロードするのは手間かかるけどね(笑))


完全撤退の準備

 ブログを始めてから全く更新してなかったんだけど、OCNのユーザー向け無料ホームページスペース PageOnに残っているデータを、少しづつ、この「ねこぱんち統合整備計画」にインポートしている今日この頃。
 だって、容量的にも、使い勝手も、時代遅れのヘボサービスなんだもん。
 おまけに表示重たいし。
 不定期日記は当然として、小説や詩なんかも、ブログ記事化して読み込んでしまうつもり。

Tag(s) [ネット][ブログ]


統合整備計画遂行中

 abstract-webとして、OCNのPageOnスペースにて運営しているWebサイトの内容をできる限りブログに内包できたらいいなという目論見も含めて始めた当サイト。
 今日、その計画を少しだけ具体化してみた。
 とりあえず、テストとして、ブログ以前の不定期日記のうち、2004年1月から、ブログ開始直前までの分を、記事データ化してインポート。
 記事データ化といっても、FC2データバックアップのファイルを見て、MT形式テキストファイルのヘッダ構成などを真似た記事構成テンプレートを作り、そこに、旧サイトの不定期日記から本文をコピー&ペースト。
 かなり面倒くさいので、暇な時に少しずつ作業する。
 そもそも、不毛な作業っぽいかも(笑)。

 OCNのWebスペースって、OCN契約のADSL回線で入らないと更新できないので、つまり、自宅からじゃないといじれず、なんだか封建的なんだよな。(2005.03.22訂正。現在はOCN以外のアクセス網からでもFTPアップロードできるとの事)


こっそり変ってるらしい

 別のブログサービスからFC2に引っ越し作業をしている友人によると、MT形式のログのインポートで、コメントもすんなり読み込めたらしい。
 ひょっとすると、カテゴリも、元と同じのをあらかじめ作っておかなくても、出来ているかもしれないらしい。
 自分じゃ今の所インポートの必要がないので試してないが、信頼できる複数の友人からの報告なので、確かだろう。

 俺が引っ越ししたのは1月中旬。その時は各コメントの1行目しか取りこめなかった。コメント全部の改行コードをBRタグに置換して、物理的には1行、HTML解釈で改行、にして読み込んだもんだ。
 カテゴリは、元で複数設定されていた記事は、最初の1つの方だけに設定されてた。

 俺が苦労した事を今さらどうこうは言わんが、改良されたならアナウンスしろ!
 後から引っ越ししてくる友人に、得意顔で「改行を置換しろよ」「あらかじめカテゴリ作っておけよ」とか講釈しちゃったじゃないか!

 あぁ、なんでどんどんよくなるんだろ、FC2。


過去ログのインポート完了

 旧サイト時代の記事のインポート。コメントが先頭の1行しか取りこめないという仕様だったので、それを変換して、小分けにやっていたが、本日、全部完了した。

 コメントの改行コードを<br />タグに置換するんだけど、エディタで、各コメントを選択反転させ「選択部分の全置換」を行った。
 地道な作業で、1〜2日で1ヶ月分ずつがやっと。
 コメントがうまくインポートできないことが解ってから1週間かかった。
 確かに面倒だったけど、意外と楽しくて、苦にはならなかったなぁ。

 作業しながら、どうしても内容に目が言ってしまい、ネタによっては、読み直してしまう事もしばしばあった(笑)。
 10ヶ月弱という、旧サイトでの期間について、反省したり、納得したり。また、思い出が甦ったりして、いい機会だったかもしれない。
 改めて、「ブログを始めて良かった」と思ったし、「俺が旧サイトでやってきた事は間違って無かった」と確信した。
 そして、「みなさんから頂いたコメントは、貴重な財産」だと痛感した。

 こういう風に感傷的になるであろうとは予想していたので、どうせならいい気分で終わろうと、神降臨とか引っ越し決意の時期である05年1月分は先に処理しておき、その後に04年4月分から12月分までを順追って処理。

ねこぱんち!
→少佐の2902熱光学迷彩・電脳アジト(後期生産型):コメント、そのサルベージ


記事から直接編集画面へ

 旧サイトからインポートした記事が、思い通りのカテゴリに振り分けられない事がある。
 それはしかたないので、気付けば直していたのだが、管理画面の「過去の記事の編集」には検索機能がないため、目的の記事を探すのが面倒。
 なんか、この過去記事編集画面のURLの末尾の番号を変更すれば、別の記事の編集画面に飛べるんじゃないか?
 って、試したら、そのとおりだった。
 確か、記事番号を取得する変数もあったよな。
 編集対象の記事をサイト画面で探し、そこから編集画面に直接飛べるようなリンクを着けておけば、便利だ。
 よし。きっと誰かが実行しているはずだ。と、探して、見つけた
sukechan@blogの記事のとおりにやって、簡単に完成。

 管理人専用の機能なので、目立たない色で、とりあえず記事ヘッダーの末尾に置いた。

 ちなみに、複数人で共用してるパソコンからアクセスする場合は、席を立つ前に、ちゃんと管理画面からログアウトして置こう。
 ログインしたままだと、即刻、記事編集画面に飛ぶからね(それを狙ったリンクなんだけど(笑))。

ねこぱんち!
→sukechan@blog:各記事の編集ページへのリンクを作成


過去ログ、粛々とインポート中

 毎日1ヶ月分ずつ、古巣のバックアップファイルを、コメントの改行コードを<br />タグに変換して、こっちにインポートしている。
 今日は8月の分を処理したわけだが、エディタで改行を変換しながら、流し読みしてると、7月8月に、現在の常連さんがほぼ全員、初コメントを書いてくれている。
 そして、記事とか、俺のカラーも、8月の頃に、今の雰囲気になっている……というか、その後半年間は、ずっと、似たような記事ばかり繰り返し書いているように思う……。


FireFox 1.0 使用(試用) 続き

 昨日の記事FireFox1.0RC1のMac版の話しの続き。
 ライブブックマークって名称のRSSリーダー機能がついている訳だが、今までRSSリーダーを使っていなかった人はいい。けど、他のRSSリーダーを使っていた場合、その移行が面倒だ。FireFoxは、OPML読込みに対応していない!
 俺はPulpFictionLiteに200件近くのサイトを登録していたので、これを全部手作業で移すのは、涙が出るほど苦痛だろうと想像する。
 で、Googleで検索して、便利なツールを見つけた。FireFoxは拡張機能として、プラグインみたいなものをこの身で追加できるが、sageっていう、RSSリーダー拡張機能がある。
 そもそもFireFoxにライブブックマーク機能が搭載されていなかったころから存在する、サイドバー形式でRSSリーダーを組み込拡張機能で、一括更新とかブラウザ部分で概要一覧表示ができるなど、ライブブックマークより少しだけ便利。これに、OPMLインポート機能がある。最新版が9月6日付で、ちょっと古いしメニュー等が英語表記だけど、今のところ大きな不具合もなく動いているし、操作も直感的にできる。
([option]+[s]でsageサイドバーのon/offなんだけど、最初の起動直後は、なぜかこれが効かない。この初回だけは、FireFox本体の「ツール」メニューのプルダウンからSageを実行すると動く)
 SageのブックマークとFireFox本体のライブブックマークとは形式が違う。Sageのそれは、RSSフィードのURLをそのまま普通のブックマークとして登録して、それを外部のJavascriptで処理しているようだ。
 ってことで、既存のRSSリーダーの情報を読み込むってことを前提に、おすすめ。