超小型左右独立ワイヤレスイヤホン Beat-in Stick

 びといんがビートイン(言いたいだけ)。

 2年くらい前から、iPhone用にはBluetoothワイヤレスイヤホンを使用しているのだが、今回初めて「完全ワイヤレス」モデルを購入した。ロア・インターナショナルのBeat-in Stick(ビートイン・スティック)というやつ。本体はカナル型のまさに耳栓サイズ。小さっ!
 べつに俺のニックネーム「びといん」に似ているから購入したわけではない(歯ブラシ「ビトィーンライオン」は、名前が似ているから愛用しているが(笑))。

 イヤホンへの充電器を兼ねたケースへは、その両端に磁石でくっつけるリップスティック型。これも小さい。
 充電ケースへの充電は、microUSB端子で電源からUSB接続という毎度おなじみの方法。
 イヤホンへの1回の充電で音楽を聴けるのは3時間だが、フル充電状態のケースから2回イヤホンへ充電できるので、全てがフル充電からは全部で9時間使えるということで、十分じゃないかな。

 AACコーデック対応機種は初めての購入なので、その音の良さに大満足。というか、直近に使っていたものもそれなりに悪くはなく「低音が効いて良いな」などと満足している(まだ併用している)が、SBCと”ACC-LC”にしか対応していないので、もしかすると高音域がカットされてしまっているだけかもしれない。
 こういう事を詳しくは知らないし、俺としては満足なのでいいんだけれども。

 超小型なので操作リモコンはない。左右のイヤホン本体それぞれにボタンが各1つついているだけだ。電源オン/オフ、音楽の再生/停止、電話着信を受ける、しかできない。
 しかし! AppleWatchでiPhoneの「ミュージック」をコントロールできるので問題なしだ。
 Apple純正のAirPodsならもしかしたら早送りなどもできるのかもしれないけれど、俺の耳の形にあのiPhone標準のイヤホンは合わないようで、ぽろぽろ落ちるんだよね。そのため購入せずに他社製品を待っていた。特にカナル型なら落ちにくいだろうとも思って。

 Beat-in Stick、良いです。満足満足。

 余談。
 上記の「直近に使っていたイヤホンの対応コーデック」が”ACC-LC”なのは、取説の原文ママなので(笑)

 さすが中華品質。まぁ価格と音質を考えるとAAC対応だとは思えないので、本当に謎の高性能規格ACC-LC搭載なのかもしれない(笑)


JAWBONE ICON HD を買った

 Bluetooth接続のヘッドセット JAWBONE ICON HD を購入した。

JAWBONE ICON HD
 JAWBONEの製品は、同じくBluetooth接続の小型スピーカ JAMBOX も愛用しているのだが、それと同じく、洒落たパッケージになっている。

JAWBONE ICON HD
 小さくて、かっちょいい。内側に通話時のノイズキャンセリング機能に使われる骨伝導マイクがついていて、それが頬にあてやすくなるように、ユニットが流線型になっている。それも、デザイン性を高めている感じ。

JAWBONE ICON HD
 充電中は、骨伝導マイクの回りが赤く点滅。

 ハンズフリー通話はもちろん、iPhone——他の端末は知らない(笑)——につないで音楽再生もできる。電源ボタンと通話ボタンしかなく、音楽操作も再生と一時停止、音量調節しかできない。それは承知で購入したのだが、それだけできれば大抵の場面では問題ないだろう。
 出先でとはいえ片耳で音楽を聴くというのは、最初は違和感を覚えたが、(自宅で)数十分試したら慣れた。
 そりゃ、ステレオヘッドホン/イヤホンには敵わないだろう。それでも、本来は通話のためのガジェットであるヘッドセットにしてはとても良い音で音楽も聴ける。この辺は、JAMBOXにも通じるコンセプトだね。
 片耳が空いているので、歩きながら装着・音楽再生していても、安全性が高いし。
 こんなに小さいのに、フル充電で連続通話4.5時間/待受け10日。

 明日、通勤時に使用するのが楽しみ。

 商品紹介サイト(トリニティ)

 Aliph 【日本国内正規品】【JAWBONE 骨伝導ノイズキャンセリングマイク搭載】 Jawbone ICON HD ブラックシンカー ALP-ICONHD-BT


ソニーのiPhone/iPodコントローラー付インナーイヤーヘッドホンMDR-EX38IPを購入

 iPhoneのインナーイヤーヘッドホン。
 オーディオテクニカのATH-CK400iを使っていたが、昨日から音が途切れることが頻発。断線したっぽい。
 ってことで、新しいのを購入。
 ATH-CK400iを購入した昨年10月は、サードパーティ製のリモコンマイクが付いたiPhone/iPod専用モデルは選択肢が少なかった。
 ATH-CK400iも価格を考えると妥協できるものだったが、コードは固く巻き癖がついて取り回しは悪いし、あまり低音が鳴らないしで、正直言って我慢して使っていた(笑)。いや、コントローラーマイクの性能はよかったな。
 で、今回購入したのは、記事タイトルのとおり、ソニーのMDR-EX38IP。ATH-CK400iのちょっと後に出たモデルで、これも半年前ってことになる。しかし、ソニーがiPhone/iPod専用のコントローラーマイク付きイヤホンを出すとは意外だった。低音もドコドコ鳴るし値段のわりにはいい音だと思う。もっと早く買えば良かった。
 通勤で使うため壊しやすいので、あまり高い物は買えないし、耳が良い方でもないので、これで満足。

ソニー 密閉型インナーイヤーレシーバー iPod/iPhoneリモコン付 ホワイト MDR-EX38IP/W
B0042BXSNO


少しだけ歩いてきた

 夕飯を食べた後、少しだけウォーキングをしてきた。
 別に理由はないけど、なんとなくね。
 iPhoneに、自転車走行/歩行中の速度、距離、GPSによる移動ルートを記録してくれるアプリをインストール。音楽を再生しながら、このアプリを起動できるので、イヤホンをしてスタート。

 距離3.3キロを35分。最高時速7キロ、平均時速5キロだって。距離が少ないのは置いておいて(笑)、もう少し速く歩いた方がいいのかな。これでも結構汗をかいたんだけど。
 初日なので、こんなもんか。


iPhone用リモコンと補助電源

 iPhoneのリモコンと補助バッテリーを購入した。どちらも、トリニティのsimplismブランドのもの。
iPhone
 この3ボタンリモコンは、iPod/iPhone3GS用のアップル純正リモコンイヤホンと同様の曲コントロールが可能。これに好きなイヤホンを接続できるもの。マイクは内蔵されていないので、iPhone3GSでの音声通話はできないけど、それ以外はまったく同じに操作できた。
iPhone
 乾電池式、補助充電アダプタ。これに単4乾電池3本を入れて、iPod/iPhoneのDockコネクタに接続して、充電を行う。
 エネループを入れて、iPhone3GSに充電してみたら、バッテリ残量26%の状態から80%まで充電できた。54%充電できたということか。説明書によると、完全放電のiPhone3Gにエネループで60%まで充電できるとあるので、3GSでこれってことは、まぁ、仕様どおりなんだろうな。使ったエネループも、たぶん充電してから半年くらい置いてあるものだし。
iPhone
 iPhoneへの接続も、違和感がない……っていうと嘘になるけど、同じようなデザインになっているので、及第点だろう。
 しかしね、この充電アダプタ。入れた電池を取り替える時、固くて外しにくい! 不良品かもしれない。メーカーに問合せ中。
 コンパクトだし、この電池の固さ以外は気に入ってるんだけどな。


ジョブズCEO、復帰間近か!?

 アップルのS・ジョブズ氏、6月22日から業務に復帰か–米報道 (2009.06.23 CNET Japan) というニュース。

Appleの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏が米国時間6月22日、カリフォルニア州クパチーノにあるAppleの本社に復帰したと、同社従業員らが報告しているという。

 更新情報:Reutersは太平洋夏時間午後5時14分に、この報道を裏付ける情報として次の記事を掲載した。「Jobs氏が6月22日、カリフォルニア州クパチーノのApple本社ビルから出てきて、1人で黒い車に乗り込む姿が確認されている。その後、黒いスーツを着てイヤホンを付けた数人の男性らの運転により車はその場を去った」

 ジョブズCEOは、2ヶ月前に肝臓移植手術を受けたらしい。以前患った膵臓癌が肝臓に転移したのかな。
 早く復帰して欲しいけど、どうか無理をなさらずに。


イヤホンを新調した

 中学生の息子の誕生日プレゼントに、iPod nanoを買ってあげた。

 約1年半、俺のお古の2時間くらいしか動作しないiPod(第3世代)を使っていたので、現行最新型を開封したら嬉しそうだったよ。よかった。
 このnano(第4世代)はモーションセンサー搭載で、「振ってシャッフル再生」なんかも出来て、楽しそうだ。進化してるなぁ。

 で、イヤホンがiPodと同時購入で1割引だったので、俺用に一緒に買って来た。
 ソニー、MDR-EX300SLの赤。

 iPhoneで使うので、マイク付アダプタも。

 EX300SL。今まで2千円程度のしか買った事が無い俺にはちょっと高いけど、評判良いのでこれにした訳だが、かなり満足。ソニーお得意のドンシャリだけど、メリハリが効いていて、いい感じ。「新形状ハイブリッドイヤーピース」で装着感も向上している。
 つーか、半年間iPhone付属の純正イヤホンを使ってきたので(マイクと簡易リモコンが必要なので)、これより悪いはずはないのだろうけど(笑)。いや、EX300SLはもちろんいい製品だよ。うん。


イヤホンのパッド

 iPhoneには、マイク付のヘッドセットが付属している。イヤホン部分は従来のiPod付属品と同じ形状で、あまり好きではないのだけれども、通話できるマイクと、iPodモードの時に簡易リモコンになるスイッチもついているので便利に使っている。
 iPod付属イヤホンは、第三世代iPodに付属してきた物を購入当初にちょっと使用したきりだが、その5年前のやつよりは、音もまぁ良くなっている。
 しかし、相変わらず、耳から外れやすい。最近のはカバー(パッド)が付属してないみたいだし。
 ってことで、イヤホンパッドを買った。まめに交換する消耗品なので、百円ショップで。
イヤホンパッド
 使用感は悪くない。んで、息子に1組あげたんだけど、その時、息子が「これ、どうやって着けるの?」という。
「そのまま、穴から通して、イヤホンにかぶせればいいんだよ」
「穴、ないよ」
 ないわけないだろ。と、確認すると、ひとつだけ、本当に穴がない。
イヤホンパッド
 これ、ひとつ裏返した偽造写真じゃねーぞ(笑)。
イヤホンパッド
 灯に透かしてみると、ほら。ひとつだけ、穴がない。
 うーむ。8個入り100円だから、まぁ、いいか。ちょっと面白かったし(笑)。


スカイプ(Skype)を試す(2)

 今日は、mishimaxさんと、無事通話成立。久し振りに元気そうな声を聴き、楽しくお話できた。

 ところで改めて言うが、俺のパソコンはApple PowerBook G4 にMacOS X 10.4.6で、ヘッドフォン端子にイヤホン+PBG4キーボード隅にある内蔵マイクでスカイプを楽しんでいる。
 どうやら、この内蔵マイクの感度がよいらしい。
 通話中に、システム環境設定でマイク入力レベルを下げても、勝手に上がる。いや、勝手に上がったり下がったりしている!
 もしかして、感度を自動調節してくれてるの?
 Mac歴は長いけど、こんなの知らなかった……。

 内蔵マイクの感度を自動調節してくれてるのは、どうやらスカイプ通話中だけみたい。いや、ますます凄い。


スカイプ(Skype)を試す

 無料インターネット電話スカイプ(Skype)は便利で楽しいと聞いたので、早速昨日インストールして試した。

 せっかくの無料なんだから、まずは追加機材なし。金をかけずにやってみた。
 俺のパソコンは、AppleのPowerBookG4なので、キーボード面にマイクが内蔵されている。もちろん、スピーカも内蔵。スカイプのソフトをインストールするだけで、通話はできるはず。
 テストサービスの echo123 に接続。おー、使える使える。

 ほどなくして、すしバーさんから着信アリ。
 接続し、挨拶をかわすと、「ハウリングを起している」と言われた。
 内蔵マイクが内蔵スピーカの音を拾ってしまいエコーっぽくなるらしい。とりあえず、ヘッドフォン端子にiPodで使っているイヤホンをつないで会話を続ける。正常になったようだ。
 30分程度、会話を楽しんだ。
 うちはAirMacによる無線LANなんだが、すしバーさんの声がかなりクリアに聞こえた。

 こりゃぁヘッドセットを買ってきて、もう少し快適に通話しようと決めた。ただし、USB接続の物じゃないとマイクがMac非対応なのが多いんだよね。
 その辺を覚悟の上で、今日仕事帰りに、秋葉原で方耳掛け式のを買ってきた。ノーブランドの超安物。
 やっぱりマイクは使えなかった。微妙に大きくて邪魔なだけのただのイヤホンになってしまった。
 さきほど、島根県在住の友人mishimaxさんとの接続を試みたが、mishimaxさんも手持ちの古い機材で試していたせいか、うまく接続できず。彼はWindowsユーザではあるが。
 せっかくのスカイプなのに1対1でチャットしただけだった。意味ねぇ!
 虚しいので、すぐに終了(笑)。

 Macで使うには、やっぱりUSB接続のヘッドセットじゃないとダメかもな。USBタイプは高いんだよなぁ。
 いや、USBのオーディオ入力アダプタは持っているので、変換プラグを買ってくるのが安上がりかな。

U-370 プレミアムUSBヘッドセット

U-370 プレミアムUSBヘッドセット
ロジクール 2006-02-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools