NHK連続テレビ小説「あまちゃん」ロケ地・アメ横へ

 先日、東京近郊在住の「あまちゃん」好きのための「東京あまちゃん倶楽部」のオフ会が開催され、それに参加してきた。
 アメ横を2時間程度散策してから秋葉原で飲み会という行程だったが、アメ横は相変わらず凄い人だね。おまけに梅雨明けの夏空で、暑い!蒸す!

 ロケ地探訪……と言っても、久慈市じゃあるまいし、アメ横女学園芸能コース及びGMT47の本拠地くらいしかないけれどね(笑)。

120708_amatokyo_1
 アメ横、上の側の入り口。「NHKあまちゃんのロケ地です」って横断幕が。

120708_amatokyo_2
 アメ横センタービル。この中にアメ女の本拠地「東京EDOシアター」があるんだね。巨大モニターの横から、北三陸から上京してきたアキに向かって、水口が呼んだ所。

120708_amatokyo_3
 階段を上がって2階。シアターの入り口シーンに使われたここは、本当は地味な印象の、普通の店舗ビルの入り口だった(いや、知っていたけれど(笑))。

120708_amatokyo_4
 アメ横のいたる所に、あまちゃんのポスターやチラシが掲示されていた。そんなに宣伝しなくても元々凄い人出なのにねぇ。

120708_amatokyo_5
 アキがパンダカーに乗りながらフォーゼ種市先輩と語り合っていた場所——だと思われる——屋上に行こうとしたが、鍵がかかっていてたどり着けず。残念。

120708_amatokyo_6
 飲み会では、本物のアキちゃんが登場! な訳はないけれど。
 オフ会参加者のおひとりアケサトさんが、会の前に銀座でやっていたあまちゃんフェアに行って、購入してきたセットにて「北のあま」のコスプレを披露してくださった(笑)。なにこれ凄い!

 というわけで、楽しいオフ会だった。
 おしまい。


近隣の地名

 もちろん地元なので、普段は無意識に読んでいるが、変な地名ってあるよね。
「亀戸」と書いて「かめいど」と読む。「い」はどこからくるんだ?
「かめいど、かめいど……」繰り返し読む毎に、妙な思いを感じる。

「御徒町」なんかは、「おかちまち」って読めるか? まぁ、アメ横がある所なので、有名だし、江戸時代に幕臣が住んだ地区らしいので知名度はあるだろうが。
 子供の頃は、「おかしまち」だと思っていた。だって、親父に連れていってもらって、アメ横で御菓子を大量に買ってもらった記憶が刷り込まれているんだ。しかたないだろう。

 東京北区役所が所在する所は「王子」という。「おうじ」。プリンス。
 おうじ、おうじ……。今まで気にした事はないが、すごく妙な地名だ。

 隣の区・江戸川には、「鹿骨」がある。「ししぼね」と読むが、なんか恐い字面だよな。鹿の骨だぜ。

 うちは江東区大島。ここから高崎に通勤しているわけだが、仕事中、取引相手などに時々「思いっきり長距離通勤ですね。大変ですね。舟ですか? プロペラ機ですか?」とか言われる。
 伊豆大島と間違われていると思われる。
 うちは「おおじま」であるのだが。一応、陸続きだ。
 長距離通勤に間違いはないが。
 っつーか、島から高崎まで通うやつなんかいるかよ。


2003/03/29

家族で、上野公園で花見。満開には少し早かったが、混んでいた。
弁当を買って行き、桜を眺めながら食べた。いい感じだった。
その後、アメ横をブラブラして、その流れで秋葉原まで歩く。そこで食事をして帰る。
アメ横で、バッグを買った。休日用のやつを。バッグ類は久しぶり。
リュックみたいなので肩掛がひとつしかないやつ。これ、形式的には何と呼ぶのかわからないけど。
今まで使っているのは、高校生の頃に買ったやつ。20年くらい前のやつ。特に気に入っているわけではないけど、長く使ったな。常用はせず、でも週1回は使っていた。そういうのが良いのかな。