iPhone 7が届いた

 予約開始日の9月9日16時10分に、ソフトバンクオンラインショップで予約したiPhone 7 128GB ジェットブラックだが、発売日の16日を過ぎても届く気配(在庫確保〜本契約メール)もなく、とてつもない人気らしい。
 ほぼ同じ日時に予約した家族の分(ローズゴールドとシルバー)はちゃんと発売日に届いたってのもイライラ度が増大。
 辛抱できず、17日20時頃に、先のをキャンセルし、改めて、128GB ブラックを予約した。それが昨日23日の昼過ぎに届いた次第。
 当初、どうせならツヤツヤのジェットブラックにしようかなという程度で予約したのだが、いつ順番が回ってくるのかわからない状況なので、ブラック(つや消しの方)に変更した。自分が持つものとしては画面の周りが白いiPhoneは大嫌いなので選択肢はない。
 ジェットブラックは未だに届いていない人もいるらしいくらいに人気で、ブラックでも発売日に届かなかった人が多かったそうだ。発売日に手に入れたいから事前——の予約開始直後——に手続き完了したにもかかわらず、この状態は困ったものだわね。

 しかしまぁ、やっと届いたiPhone 7。よかったよかった。
 というわけで、すっかり出遅れたのでレビューみたいな記事は書きません(手抜き)。

20160924_iphone7


iPhone 7を予約した

 9月9日に予約開始されたiPhone 7を、早速、当日にソフトバンクのオンラインショップで予約。
 日本での取扱いが開始されたiPhone 3Gから6まで毎年購入(機種変更)してきたが、昨年のiPhone 6sにはまったく魅力を感じられず見送り。
 おかげで、iPhone 6は初めて月月割を満額享受できる(笑)。

 iPhone 7は耐水機能、モバイル電子決済、Macのログイン認証解除鍵など、待っていた機能が多く搭載されたので楽しみ。
 特にいわゆるお財布ケータイことモバイル電子決済は、待望の機能。
 Apple Payの体裁を使うものの、日本向けのiPhoneにはFeliCaを搭載したと。各国個別仕様を嫌がり——Apple独自仕様をもって(笑)——世界で同一の商品を売ることにこだわっているAppleにしては異例中の異例。
 日本市場を重要視しているとはいえ、さすがにNFC仕様のままでApple Payを日本に普及させようとするのは断念したと。大歓迎だね。
 交通系は当初はSuicaだけみたいで、他の地域のかたには申し訳ないが、東京在住なので個人的には問題無し。
 最寄りが都営地下鉄と都営バスなので、できればPASMOの方がいいけれど現在は通勤定期券を購入の必要もないので、Suicaでも良い。

 ソフトバンクオンラインショップは毎回、事前予約時点では出荷日がわからない。商品確保の第二報メールで出荷日が確定され、本契約になる。
 予約開始直後の9日16時に予約サイトにアクセスしたが混雑していて、申し込み完了したのが10分くらい。ジェットブラックにしたが、この色が一番人気らしいので、発売日の16日には無理だろうな。

 ともかく、2年ぶりの機種変更、新しいiPhone。到着が楽しみだ。


MacBook 12インチ用 USB-C HUBの本命!

 遂に来た! アクト・ツーさんがやってくれました!

 HyperDrive USB Type-C 5-in-1 HUB

 同様のがキックスターターにもあったけれど、気づいた時には既に高額出資分しか残っていなくてションボリしてたんだよね。

新しいMacBook(Retina 2015)搭載のUSB Type-Cポートに完全対応。
「MacBookを充電しながら」使用可能なHUBの登場です。

USB Type-Cポートは、「USB-C Digital AV Multiportアダプタ」もOK。4K動画対応。
USBポートは高速「USB 3.0」を2口搭載。
さらに「SDXC」「microSDXC」ポートも。
MacBookに装着することから発想されたデザインは、シルバー、
スペースグレイ※、ゴールドの3カラーのバリエエーションのアルミニウム。
MacBookのデザインの印象を壊さないよう、薄型に設計されたデザイン。

新しいMacBookユーザーが待ち望んでいた「本当に使えるHUB」の誕生です。

 いやもうこれは買いでしょう! つか、案内メールを読んですぐにポチっちゃったよ!
 これでMacBook Early2015 はあと10年は戦える!


Apple MacBook 12インチ付属USB-C充電ケーブル交換プログラムが発表された

 Apple USB-C 充電ケーブル交換プログラム

 昨年発売された MacBook 12インチ(Early 2015)の USB-C充電ケーブルの一部に不具合があると。

2015 年 6 月まで MacBook コンピュータに同梱されていた Apple USB-C 充電ケーブルの一部が、設計上の問題により故障することがあります。その結果、対象となる充電ケーブルを介して MacBook を電源アダプタに接続しても充電されないか、または断続的にしか充電されない場合があります。

Apple では、本プログラムの対象となるお客様に対し、新設計の USB-C 充電ケーブル (新品) を無償で提供いたします。なお、アクセサリとして別売された Apple USB-C 充電ケーブルも本プログラムの対象となります。

 この充電ケーブルには細かい文字が印刷されているのだが、対象の充電ケーブルは、”Designed by Apple in California. Assembled in China” だけで、新設計の充電ケーブルはこの文字+シリアル番号が印刷されているそうだ。
 俺の持っている物は、バッチリ交換対象だった。昨年4月末という早期に購入したので、まぁそりゃそうか。

 USB-Cケーブルはまだそれほど普及していないようだけれど、これ自体はMacBook独自仕様ではないので、市販品で代替可能だとは思うが、Appleから交換品が送られてくるというので、ありがたい(製品購入時に、有効な住所等を記入した場合は、勝手に送られてくるらしい。そうじゃない場合は、購入者から交換手続きが必要)。


AirMac設定で「予期せぬエラー」

 事務所(仕事場)移設に伴い、Wi-Fi環境もルータである AirMac Extremeを元の居間から事務所へ移し、居間までのエリア拡張としてAirMac Expressを購入/設置していたのだが、昨日今日は、居間で当該ネットワークへの接続が著しく不安定になっていた。
 で、AirMacの設定を確認しようと、Macで「AirMacユーティリティ」を起動するも、Expressが表示されない。
 不安定な接続先が表示されない、もんだから、色々疑うわけで。
 最悪では、購入したばかりのAirMac Expressが不良品だったのか、とか。

 説明書に従い、工場出荷状態に初期化しても「予期せぬエラーが発生しました。やり直してください」とでるばかりでだめ。
 これなら、さっきまで認識されていたそのままで置いといた方がよかったのか……。

 小一時間悩んだところで、再びネット検索して得られた情報から、とりあえず——且つあっけなく——解決。

 AirMac(ルータ)側とMac側、両方の「IPv6の構成」を「リンクローカルのみ」に設定すればいいらしい。ここが「自動」でもだめだと。
 LANでのAirMac設定にはIPv6が必須というようなことは聞いたことがあるが、こんな事、普通は気づかないよ。
 買ってきたAirMac(ルータ機器)の設定ではデフォルトでは「自動」になってるし。
 これってバグじゃねーの?

 Appleのサイトにも同じ解決方法が記載されていたけど……。
 http://support.apple.com/kb/TS4597?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

 Appleらしくない事象だなぁと思った。


iPhone 6

 毎年恒例(笑)のiPhone機種変更。
 ソフトバンクで9月12日のオンライン予約開始直後16:07に予約完了したものの、なかなか本申込み案内メールが届かずモヤモヤして待っていたが、発売日前日の19日にやっと本申込み。で、今日の午前中に届いた。

20140921_iphone6_1

 購入したのはiPhone 6 スペースグレー128GB。箱は今回は、真っ白でロゴは「iPhone」とだけ。かなりシンプル。

20140921_iphone6_2

 アクティベート。こんにちは。
 なぜか復元(バックアップから戻す)がうまくいかず3回も失敗。初期不良か? と思ったが、4回目でやっと成功した。

20140921_iphone6_3

 画面が5sの1136×640ピクセルよりちょっと大きくなって1334×750ピクセルになり、6対応ではないアプリは拡大表示になるので、老眼には見やすくていいわ(笑)
 本当はケース無しで使いたいんだけど、カメラレンズが出っ張っていて平らに置けないようなので、それを改称するために透明ケースを装着した。
 デザインに関しては後退したと言わざるを得ない。

 2年前のiPhone 5(64GB)を、中古業者に買取ってもらったら31,000円になった。結構な値段。5sの分割残債に充てられる。


Apple Watchが待ち遠しい

 今日未明、Appleのスペシャルイベントがあり、うわさ通り新型iPhoneと新カテゴリの腕時計型デバイスが発表された。
 iPhone 6とiPhone 6 plusは、もはや成熟したiPhoneの順当進化で真新しさはないし、plusはでかくて使い道的にiPad mini Retinaと競合しそうなので興味ないが(でも iPhone 6を買うつもり(苦笑))、Apple Watchは物欲を刺激してくれるなぁ。
 アップルの久々の新カテゴリだという事ももちろんだが、先行する他社のいわゆるスマートウオッチを研究しダメ出しして満を持しての発表だからね。
 ケータイやスマートフォンを持ち歩くようになって腕時計を使わなくなった人も多いと思うが、俺は外出時には腕時計を着用している。着けていないとなんとなく落ち着かないんだよね。
 閑話休題。
 Apple Watchは、予想以上に腕時計然とした外観だった。そして、竜頭型の操作ボタンがいい。これを回して画面のズーム等を、押すとiPhoneのホームボタンのような動作になるそうだ。いいなあ竜頭。いい!
 年明けに発売か。待ち遠しい。


我々は(足掛け)三年待ったのだ!——iTunes Matchがついに日本でサービス開始……しかしうまく初期マッチングができなかったりする

 5月2日、アップルのiTunes Matchが、ついに日本でも開始——解禁された。
 アメリカでは2011年の11月の開始だったので、それから約2年半。足掛け三年。デラーズフリートじゃないけれど、「我々は三年待ったのだ」という気分だよ、ホント。
(くしくも、この日は、CSの日本映画専門チャンネルで「機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光」を放送していた(笑))

 iTunes Matchの登録料は年間3980円。個人的にはこれは安いと思う。なにせCDアルバム2枚程度だよ。脊髄反射で登録しちゃった。
 もう他のサイトでも散々解説されているので多くは書かないけれども、iTunes Matchってのは、自分の持っている曲をiCloudアカウントでクラウドに保存して、Mac、WindowsPC、iOSデバイスでどこでも聴けるというサービス。基本的にはiTunesからのアップロードをメインとするストリーミング再生なんだけれども、手持ちの曲と同じのがiTunes Storeで販売されていれば、その曲アップロードされず、Storeのデータが紐づけされて再生されるんだって。ここで凄いのは、iTunes Storeからダウンロード購入したものだけではなく、自分でCDからリッピングしたものなどでも同じ曲がStoreにあれば、それとマッチングされて、なんと、iTunes Plus形式(DRMフリーの256kpbsのAAC形式)で再生できちゃうし、後述のダウンロードも可能。

 ストリーミングだけじゃなく、よく聴く曲は、今までの同期みたいにiPhoneにもダウンロードしておける。このダウンロードした曲はiCloudアカウントをオフにしても聴くことができて、つまり、iTunes Storeで買った曲とまったく同じ扱いになる。前述のCDからリッピングしたものもだ。もしも256kbps未満のフォーマットで持っている曲ファイルだったら、より良い音質のが手に入るわけで、これが年間4千円弱の定額でって、すごいサービスだよね。よく日本で解禁になったよなぁ。

 しかしねー、初期セットアップ、マッチング処理の途中で止まるという事例が多数報告されていて、俺もそうなんだよね。丸三日以上、ネット上でいろいろ出ている解決案も試してMatchやアカウントのオンオフを繰り返しているけれども、遅々として進まなくて。いや、わずかながら進んではいるからもんだから、なんとも歯がゆい(苦笑)。
 うちは、普段メイン使っているMacBook Pro 15inch (Mid2012)とは別に、中古のMacBook 13inch (Aluminium Late2008)にUSB外付けHDDをつなぎファイルサーバ用にしていて、そこにiTunesライブラリも置いて作業専従させているたが、ひょっとして、この環境で約11000曲も処理させようとしていたらうまくいかなかったのか?
 サービス開始直後でサーバが混んでいるのかもしれないけれども、でもこれはちょっとひどいと思う。

 ということで、本日、メイン機 MacBook Pro 15inch上で作業することに改めた。
 iTunesライブラリ(iTunes Match登録直前を別のHDDにバックアップコピーしておいた=以下「元ライブラリ」)をMBP 15inchの内蔵HDDにコピーして、一旦全曲をiCloudからもろとも削除(設定したプレイリストが消えるのが嫌だったので、この作業をした)。そこに、元ライブラリからアルバム20枚分くらい(300曲前後)ずつドラッグコピーで読込み、その都度マッチング処理されるのを待つ。というのを繰り返している。たまにエラーとか不適格の曲がでるが、こまめに読込んでいるので該当ファイルを発見しやすいし、大量に一気にやって頻繁にスタックするよりも結果的にはこの方がサクサク進んでる。なにより、ステップ3まで終了の画面を——何度も(笑)——見られるので、心地よい。
 ちょこちょこと確認、手作業を入れないといけないけれどね。

 使い勝手については、ライブラリ全体の処理が完了してから、改めて。


8年前の俺へ

 ちょっと調べ物でググってたら、自分のブログの過去記事が検索にかかった。
 2006年当時、ソフトバンクとアップルが日本での携帯電話機事業で提携することで合意、アップルがiPod機能を内蔵した携帯電話を開発中というような内容の報道。

 それはいいんだが、前述過去記事のコメント欄だよ。
「俺自身はiPod携帯は欲しくないですが(笑)」とか書いていやがる。なにが(笑)だよ。

 8年前の俺へ。
 ばか。お前は2年後からずっと、その“iPod携帯”を愛用しているぞ! つか、無くてはならない物になっているぞ!
 目覚ましアラームから寝入りに音楽を聴くまで、始終手放していないぞ!
 それだけじゃない。風呂に持っていって湯船につかりながらネットやったり電子書籍読んだりしてんだぞ! 嘘じゃない!
 しかも、家族全員その“iPod携帯”だぞ!

 前言撤回しろ!(無理)

 8年前の俺に代わって、現在の俺が深くおわびします。ジョブズさんごめんなさい。


映画「スティーブ・ジョブズ」を観た(ネタバレなし)

 一昨年亡くなったアップルの創業者 スティーブ・ジョブズさんの半生を描いた映画「スティーブ・ジョブズ」を観てきた。

 賛否両論あり、先んじて8月に公開されたアメリカでは酷評だったとの噂も聞く。
 俺自身は、好きなジョブズさんの映画なので観に行くつもりで、どんな批評もシャットアウトしていた。逆に言えば、期待せずに「ジョブズさんの映画だからとりあえず観る」という程度だったとも言えなくもない(笑)。

 この作品、極近年の実話を元にしているため、基本的にはストーリーは多くの人が知っているはずで紹介するまでもなく、かといってそれ以外は何を書いてもネタバレになり、ここではたいした事を書けないので雰囲気感のみをば。

 俺としては、結論から言ってしまえば、面白かった。
 ストーリーは史実のうち細々した所は省かれているが、最低でも今回盛り込まれたエピソード程度のアップルの歴史は知っていないと楽しめないかも知れない。
 話の流れが速いとか、史実とは時系列が変わっていたり、いくつかのエピソードをひとつの出来事にまとめたりといった——日本でも長編原作のドラマ化などでよく行われる——事があったが、エンターテーメント性と尺の関係でしかたないことだろうし、これはドキュメンタリではないのだから、そこは突くべき事ではないと思う。
 共同創業者のひとり、スティーブ・ウォズニアックさんは「違う!」と激怒したという噂もあるが(苦笑)、個人的にはそんなに逸脱した脚色はなかったように思う。

 ジョブズ役のアシュトン・カッチャーさんは、瓜二つと言っていいくらいそっくりだった。他も一部を除いて(笑)かなり似合いの配役だったな。

 ともかく、始終「ジョブズ目線」で進み、娯楽作品としてとても楽しめた。

 余談だが、Windowsの試作品(?)を見たジョブズが「パクリだ!」と怒るシーン(←こんなのは皆知ってる伝説なので、ネタバレにはならんよね(笑))の時、映画館の椅子が大きく揺れて「すげー、連動して椅子が振動するのか!」と一瞬思ったが、この時地震があったそうで。