iOS 7.1アップデートでユーザ辞書関連が復調、さらに全角スペース変換が簡単に

 iOS 7.1アップデートがリリースされた。
 セキュリティー面やUI等、重要な修正がされたのはもとよりだが、そうではなくてもiOSはすぐにアップデートしまう、新しもの好きの俺なので(笑)、早々に実行した。

 ソフトウェアキーボード及び日本語変換関係の不具合がだいぶ修正されたようで、俺としては、それが一番の歓迎点だ。
 特に、ローマ字入力キーボードでは「連絡先」の姓名が変換候補に出なくなってしまっていた——フリック入力では出た——のが、以前のように出来るようになったのがうれしい。
 現在はiOSに搭載されているユーザ辞書機能は、修正や複数削除などの管理がやりにくく、俺はMacの日本語変換では「ことえり」は使っていないため(「かわせみ2」を愛用)、ことえりと同期できてもあまりうれしくない(そのことえりのユーザ辞書機能も、iOSなみに簡略化されてしまったし)。ってことで、iOSにユーザ辞書機能が搭載される前からの有名裏技「連絡先をユーザ辞書的に準用する」のをずっと利用しているのだ。これならMacの連絡先で編集、同期が簡単だし。

 そして、今回の7.1では、なんと、連絡先の姓名欄に全角スペース“のみ”が登録できるようになっている!今までは、連絡先には「@ @」みたいに前後に記号を入れないと駄目だし、ユーザ辞書でもスペースのみは駄目だった。
 前々から公言しているが、俺はiPhoneだろうとiPadだろうと、ツイッターみたいな一行で終わるような物は除き、なるべくなら行頭字下げで書きたいというこだわりがあるので、これは大歓迎だ。できれば、標準で全角スペースが素直に入力できればいいだけどね(笑)。
 個人的には、これだけでアップデートの価値を感じている。

※連絡先をユーザ辞書的に準用(で全角スペースを入力する)例
 [姓] .(半角ピリオド)
 [姓の読み](何も記入しない)
 [名] (全角スペース)
 [名の読み]す

 上記で、「す」で全角スペースが変換候補に出る。


iOS 7の写真アプリで重複があるのでフォトストリームを削除

 iOS 7にアップデートしたら、大きく様変わりした写真アプリ。
 撮影した写真を閲覧するものだが、年別>コレクション>モーメントという、サムネイルが豆粒から従来のアルバム大までの3段階になるモードが新規搭載された。年別では豆粒なのでそこでどうこうできるものではないが、見ていて楽しい。
20130922_iPhone_photo_1
20130922_iPhone_photo_2

 しかし、なんか重複している写真がたくさんある。どうもフォトストリームの分が2枚になっているようだ。
 俺は、Mac版iPhotoの方でフォトストリームの自動読み込み/自動アップロードを設定して、iPhotoに読み込みが確認された写真はiPhoneのカメラロールからは随時削除している。MacとiPhoneをiTunes同期するとアルバムがiPhoneへコピーされるので、カメラロールは空にして良い。同期コピーされた写真の方が縮小されているため容量節約にもなるし。
 話を戻すと、重複しているのはiOS 7にする以前からフォトストリームにある写真みたい。
 フォトストリームの写真はiPhoto起動時にMacローカル上に自動読み込みされているので、削除しても問題ない。そもそもフォトストリームは最新の千枚しか保存されず古い写真はどんどん消えてゆく「一時的保存」に過ぎないのだし。ということで、フォトストリームを一旦全削除。アップルのサイト「iCloud:フォトストリームから写真を削除する方法」 http://support.apple.com/kb/HT5125?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP を参考にし、まずiPhotoで一括削除した後、各iOSデバイスに残ったいくつかをそれぞれ個別削除。
 これでスッキリ。

 ちなみに、iOS 7にした後にフォトストリームに追加された写真は、重複表示されていない。カメラロールに残しておくと、フォトストリームを読み込んだiPhotoアルバムから同期された写真(ややこしい)とカメラロールとで重複してしまうが、前者はiPhone用に縮小されていて別物だから仕方ないし、前述の通りカメラロールは随時空にしているので問題なし。


iTunes 11のサイドバーを表示させる方法(今更)

 言わずとしれた、アップル謹製のコンテンツ再生&iOSとの同期ツール「iTunes」がバージョン11にメジャーアップデートしたが、今までずっとあったサイドバーが消えた。
 が、これは、初期状態では非表示になっているだけで、簡単に表示させることができる。

「表示」メニュー内の「サイドバーを表示」を選択するだけ。
20121209_itunes11_1
 ↓
20121209_itunes11_2

 でも、左下にアートワーク(ジャケット画像)が表示されなくなったのが、寂しい。


システム終了時、いちいちチェックを外さなくてよくなった

 先日、Mac OS X Lion の、10.7.4アップデートがあった。

一般情報 OS X Lion アップデート 10.7.4
10.7.4 アップデートはすべての OS X Lion ユーザに推奨され、お使いの Mac の安定性、互換性、セキュリティを改善する、以下のような一般的なオペレーティングシステムの修正を含んでいます:

“再ログイン時にウインドウを再度開く”設定が常に有効になっている問題を解決します
特定の他社製 USB キーボード(英国)との互換性を改善します
ファイルがサーバに保存されないことがある問題を解決します
ファイルを SMB サーバにコピーするときの信頼性を改善します

 マイナーアップデートだけど、一番嬉しいのは、「再度開く」の件。これ、毎回チェックを外すの面倒くさかったんだよね。やっと、状態を記憶してくれるようになった。

120512end_dialogue


iOS 5.1.1 アップデート

 Appleから、iPhone / iPad 用の iOS 5.1.1 アップデートがリリースされた。
 iTunes に接続するか、iOSデバイス単体でのWi-Fiアップデートできる。
120508_ios511up
アップデート内容は、下記の通り。

“画面をロック”ショートカットを使用して撮影される写真にHDRオプションを使用するときの信頼性が向上
新しいiPadで2Gと3Gネットワークの切り替えができない問題を修正
一定の状況下で、ビデオのAirPlay再生に影響を及ぼす問題を修正
Safariブックマークとリーディングリストの同期の信頼性が向上
購入手続の完了後に“購入できません”通知が表示される問題を修正
iMessageで絵文字が正しく表示されない問題を修正

 俺のiPhoneで発現していた症状では、ブックマークの同期不具合かな。それ以外は気付かなかった。
 前回の5.1から僅かな期間でのマイナーアップデートだが、色々と細かいところが修正されてるね。

 そして、フリック入力の動作がちょっと速くなったような気がする(アップデートに伴うキャッシュのクリアあたりの影響からだけかも知れないけど)。


iOS5.1アップデート

 日本時間の本日3.8未明、新しいiPadとiOS5.1アップデートが発表されたね。
 iPadは、そんなに物欲が湧かないんだけども(現在、iPad2 Wi-F 32GBを所有)、iOS5.1は待望のアップデート。

 その内容は、アップデート時のダイアログ表示によれば、下記の項目。

このアップデートには、次のような機能向上とバグ修正が含まれています:

•Siriで日本語をサポートします(初期のサービス開始時には、使用が制限されている場合があります。)
•フォトストリームから写真を削除できるようになりました
•iPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、およびiPod touch(第4世代)のロック画面にカメラのショートカットが常時表示されるようになりました
•カメラの顔検出機能で検出されたすべての人がハイライトされるようになりました
•iPad用のカメラAppを再設計しました
•iTunes Match登録者用のGenius MixとGeniusプレイリスト
•iPadのテレビ番組と映画のオーディオがより大きく明瞭に聴こえるように最適化しました
•再生速度の変更と30秒の巻き戻しが可能なiPad用のPodcastコントロール
•KDDI登録者向けのFaceTimeおよびiMessageのサポートを追加しました
•バッテリーの寿命に影響するバグを解決しました
•発信側の音声が途切れることがある問題を修正しました

 まさに「改善を待ち望んでいたよ!」という項目ばかり。

 帰宅して早速アップデート。先の5.0から、Mac/PC無しでもiOSデバイスのクラウドバックアップや無線LANによる単独アップデートに対応しているんだけど、速度なんかを考慮して、愛機 MacBook Pro にUSB接続して——iTunesを起動し——バックアップの後にアップデート。
 iPhone4S、iPad2ともに、難なくアップデート完了。

 上記のアップデートによる公式項目は、ほぼ満足できるもの。
 あと、動作がキビキビした印象。これはアップデート時にキャッシュとかが再構築されたからかもしれないけども、OSアップデート後に早くなったと感じるのは、プラシーボ効果だとしても悪くはないだろう(笑)。

 日本語対応を楽しみにしていた、音声入出力アシスタント“Siri”、これは、色々な意味で素晴らしい。実用的であり、遊び相手でもあり(笑)。

20120308_siri2
 あ、細かい事では、ロック画面からワンステップでカメラが起動できるようになった。これはすげー便利。
 それと、ほぼ毎日音楽を聞きながら寝る時に使っている、時計>タイマーの「タイマー終了時」内の「iPodをスリープ」が「再生停止」に表記変更。5.0で「iPod」アプリの名前が「ミュージック」に変わって時に、タイマーには「iPod」が残っていたのでちょっと気になってはいたんだが、今回、ちゃんと整合性がとられたのね。
20120308_timer
 バッテリ関係と、通話中に音声がスピーカーフォンから聴こえない事がある不具合については、もう少し様子見。アップデート後数時間の状況では、不具合の再発はないけどね。
 ちゃんと改善されているといいな。


iPad2発表

 アップルのiPad2が発表になったね。
 先行した噂のほとんどそのままだが、まぁ、言い換えれば順当なアップデート。
 iPhoneが3G→3GSになった時と同じで、——いい意味でユーザの期待も不安もなくして——さりげない改定かなと、個人的には感じた。

 そりゃアップルの新製品は欲しいのは当然だが、でも、初代iPadを持っている身としては、買替えるほどではないなぁ。ちょっとモヤモヤしてるけどね。
 もちろん、iPadを持っていない人には、無条件でオススメ。他のタブレット端末を選択する余地はないよ!(笑)


iPhone用 iOS4 リリース。

 iPhone OS 改め iOS の新バージョン iOS4 がリリースされた。 iTunes経由でアップデート可能。

 インストールしてからまだ細かくはいじってないけど、まずは今回からオン/オフできるようになった「モバイルデータ通信」をオフにした。iPad(WiFiのみ版)も持っているために Pocket WiFiを導入し、iPhoneのパケット遮断してデータ通信はWiFiのみにしてたけど、それが正式設定項目に登場したのは嬉しい。
 今月のパケット量はゼロだったんだけど、iOS4をインストールする前に APN-disabler(詳細説明は省略、でも違法ではないよ(笑))を削除しておいたんだけども、そこからiOS4インストール完了までの僅か20分間くらいで、受信3KB、送信5KBのパケットを消費してた。どこで使ったんだろ。まぁ、パケ放題の下限以内なので良いけど。

パケット

 あ、普通の使い勝手については、個人的には「3GSなら、十分魅力的」と評価できる。

 擬似マルチタスクは、正直いって、これほどまで便利に使えるとは期待してなかった。
 フォルダ機能なんかは、いかにもアップルらしい、シンプルかつエレガントなUIで実装してくれやがった。

 iPhone用でここまでの出来なんだから、秋に予定されているiPad用の iOS4にも、期待しちゃうね。