ってことで、GPSロガーに移行

 前回の記事のとおり、Eye-Fi Pro X2を購入したものの、俺の希望の目的にはかなわずガッカリしたのだが、もはや「I-10で撮影した写真にも簡単にジオタグを付けたい」熱は高まる一方。
 今まで気になってはいたけど、買わずにいたGPSロガーを買ってしまったよ。

 選んだのは、ソニーの GPS-CS3K というやつ。
SONY GPSユニットキット GPS-CS3K
B001U65SL4

 こいつは、電源を入れると、GPSによる測位結果を粛々と記録してくれるというもの。公称値で単三電池1本で15時間程度使えるらしい。
 これを持ち歩けば、俺が移動記録をため込んでくれる。
GPSロガー
GPSロガー
 で、この小さい機器本体だけで、デジカメ写真にジオタグを付与することができるんだよ!
 デジカメで撮影した写真が入っているメモリースティックDuoかSDカードをそのまま挿入することができて、撮影日時と記録された位置情報の日時を照合して、写真にジオタグを追加してくれる。もうね、ひじょうに簡単だよ。
 付属ソフトはWindows用で、Macでは使えないけど、上記のとおりGPS-CS3K本体のみでもサクっとできるので、問題なし。
 ちなみに、付属のUSBケーブルでパソコンに繋げば、マスストレージデバイスとして認識されるので、Macでも位置情報ログデータをコピーすることは可能。それを汎用のデータ型式に変換するフリーソフトもいくつかあるらしので、MacでもログからGoogleマップに移動ルートを表示させる事とか可能のようだ。

 明日から色々使ってみる。


本郷のネコ。

 去る1/16日に参加した散策オフ「ブラ浪漫」本郷編の時の写真。

本郷のネコ
 民家の塀の上に、たたずむネコ。
 みんなで写真撮ってたんだけど、ことごくカメラ目線だったな、こいつ。
本郷のネコ
 なんとも味のある顔。みたらし団子のひと粒みたいな頭がナイス。よし、君の名前は(俺の中では)ミタラシに決まり。


地デジ化

 これ、ネタの嘘ニュースじゃないよね!? 俺、まんまと騙されちゃってるの?

 地デジ移行の新キャラクター「地デジカ」 (2009.04.27 ITmedia News)

 日本民間放送連盟は4月27日、2011年7月の地上デジタル放送への完全移行をPRする新キャラクター「地デジカ」を発表した。今後、民放各局の番組やWebサイトなどに登場する予定だ。

 地デジカは、デジタル放送を開始した2003年生まれ。シカが進化して「地デジカ」になったという設定で、2本足で立ち、角はアンテナ形。デジタル移行への注意を促すため、「地デジカ」と書かれた黄色いレオタードを着ている。

 デジタル放送推進協会(Dpa)で地上デジタル放送推進のメインキャラを務めていた草なぎ剛さんが23日に逮捕された直後の発表となり、“後継者”への期待が高まりそうだ。

 能書きはまぁいいが。
地デジカ
 なんだ、こいつ。シカ? シカに見えない。
 いや、イラストはまだいい。
 着ぐるみの方は、怪しいなんてもんじゃないね。
地デジカ
 半日くらいで作ったやっつけ仕事丸出しって感じだなぁ。
 黄色いレオタードに大きく「地デジ化」を連想させる文字。その勇気は認める。

 2009.05.02修正。
 写真と、記事の一部を修正しました。


リサイクル!?

 Dockにあるゴミ箱。ここに入れたファイルは、「ゴミ箱を空にする」同等機能を実行しない限り、残る。
 が、しかし!

ゴミ箱から消えない
 さっき、Preferencesフォルダ内に変な文字化けしてる容量ゼロKBのファイルを発見し、ごみ箱に入れたところ、こいつが、全然消えてくれないのよ。
 いや「ゴミ箱を空にする」と消える。けど、再度ゴミ箱を開いたり、別のファイルを入れたりした後に確認してみると、また現れるのよ。さらにややこしいことに、このふたつのファイルは、ゴミ箱からデスクトップにドラッグすると消え、デスクトップにもいなくなる。しかし、またゴミ箱を確認するといる。
 ファイル変更日が、システム基準の1904年1月1日だし。

 ムキー!
 改善されなかったら、週末にアップルケアに電話してみる。

 もう寝る!


野菜ジュース

 野菜ジュースを時々買って飲むのだが、指定銘柄はない。
 今日買ったのは、農協「健康菜園ベジタブルミックス」ってやつの緑パッケージのやつ。
 これ、おいしくない。いや、野菜ジュース特有のクセというのではない。俺は別に野菜ジュースは嫌いではないし。
 なんか、味が薄くて物足りない。

 んー、他の野菜ジュースはリンゴかトマトの味が目立つものばかりの中、こいつはニンジン風味が前面にでていて斬新ではあるんだけど、なにしろ全体的に薄い。

 悪くはないんだけどなぁ。


久々にGコレを

 勤務時間終了直後、手下のアカハナ(仮名)から入電。
「びといん大尉、ハビコロにGコレ8のアッガイがありますぜ」
 しかも、105円だという。

 ってことで、仕事帰りに、秋葉原ラジオ会館内の中古ガチャフィギュア専門店「ハビコロ玩具」へ行き、久し振りにGコレを計6個購入。

 補給目標は、アッガイ1個と、収集しているザクを数個。

続きを読む


統一スケールなのだが(BlogPet)

きのう晋作が、おみやげに構成しなかった?

 ガシャポンのS.G.O.規準なので、1/300統一スケールなのだが、武骨なデザインが遺憾なく再現されていて、素晴らしい。

 ところが、こいつは、それを両立してるんだな。

 もちろん同シリーズのガンダム&ハンガー、Gファイターがオーバースケールだったんだよね。
コアファイターがかなり出来がいい。
S.O.G.シリーズと連動する、箱売りのS.G.O.E x t r a。

 こんな格好いいGスカイ。

 ところが、こいつは、このGスカイは、グフ&マゼラアタック&キュイ、ガンダムを加えて色々組み換えて劇中の各形態を再現できるのだが、一番惚れたのは、それを両立してるんだな。

 もちろん同シリーズのガンダム&ハンガー、Gファイター。
うむ。
満足だ。

 そのうち、Gファイターがオーバースケールだったのだが、今回はあまり欲しいとは思わないラインナップだったんだよね。
コアファイターを正確なスケールにすると、今度は後につくGメカBパーツがでか過ぎて不格好に見える。

 今までもフォルム重視のGスカイ。

 ショップのポイントで、3つ買ってみたよ。
出たので、保留にしていた。

 もちろん同シリーズのガンダムを加えて色々組み換えて劇中の各形態を再現できるのだが、武骨なデザインが遺憾なく再現されていて、素晴らしい。

 今までもフォルム重視のGスカイはあったが、一番惚れたのは、このGスカイ。

 ショップのポイントで、3つ買ってみたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「晋作」が書きました。


このGスカイなら、アリだと思う

 ガシャポンのS.O.G.シリーズと連動する、箱売りのS.G.O.Extra。
 先月発売されていたのだが、今回はあまり欲しいとは思わないラインナップだったので、保留にしていた。
 ショップのポイントで、3つ買ってみたよ。出たのは、グフ&マゼラアタック&キュイ、ガンダム&ハンガー、Gファイター。うむ。満足だ。

 そのうち、Gファイターがかなり出来がいい。S.G.O.規準なので、1/300統一スケールなのだが、武骨なデザインが遺憾なく再現されていて、素晴らしい。

 もちろん同シリーズのガンダムを加えて色々組み換えて劇中の各形態を再現できるのだが、一番惚れたのは、このGスカイ。
 今までもフォルム重視のGスカイはあったが、それらはコアファイターがオーバースケールだったんだよね。コアファイターを正確なスケールにすると、今度は後につくGメカBパーツがでか過ぎて不格好に見える。
 ところが、こいつは、それを両立してるんだな。
 こんな格好いいGスカイは、初めて見たよ。


ライオン丸G(第1話)

 10月1日から始まった、特撮ドラマ「ライオン丸G」。
 そういえば春くらいに企画発表があったのを特撮雑誌で知ってたんだけど、記憶から抜けてしまっていた。
 CATVチューナーの番組表を見ていたら載っていたので、取り合えず予約録画しておいた。日曜25時半〜26時なんて、見ていられんからね。

 俺が小学校の頃に見た「快傑ライオン丸」や「風雲ライオン丸」のリメイクらしいが、前作が時代劇だったのに対して、今回は2011年の「ネオ歌舞伎町」を舞台にした現代劇。
 リメイクというか、続編?
 金砂地の太刀と思われる刀を獅子丸に渡したホームレスが果心居士なのかな。
 主人公・獅子丸は、ネオ歌舞伎町の売れないホスト。インキン持ち。カプセルホテルに滞在してるのか?
 ドクロマークのコンタクトレンズをつけて凶暴になって暴れる徒党「カブキモノ」を退治しようと雇われた用心棒・虎錠之助(こいつがタイガージョーだろうね)の手下としてオトリにされる獅子丸が、ライオン丸に変身しちゃった所で、今回は終わり。

 なんか良く解らなかった。さすがテレビ東京の深夜枠特撮番組。色々な意味ですげーな。