iTunesに読込んだCDがiPhone上だと変にアルバム分割されて困っている

 かなりモヤモヤしている。

 先月くらいからかな。iTunesにCDを読込んでiTunesMatchに同期。そしてiPhoneで聴くと、そのCDが「アルバム」として分割されて表示されるのがいくつかある。
 CD読込みなどライブラリ本体を置いてあるMacBook Proのライブラリ上では、「アーティスト」や「アルバムアーティスト」及びそれぞれの「読み」は全て同じ。MacのiTunes上でアルバム収録曲を選択して一括入力したりと何度も確認しているので間違いない。コンピレーションアルバムでもない。

 ネット検索しても、「コンピレーションアルバムやゲストアーティストが多く、曲毎に「アーティスト」欄が違うと別アルバムになるので、その場合は「コンピレーションの一部」にチェックを入れる」とか「アルバム名に[disk1] [disk2]などと付記されていると別アルバム扱い」とかいう情報しか見つからない。
 いや、そんな初歩的な事は解っているし、コンピレーションアルバムでもない。一応——コンピレーションアルバムではないが——「コンピレーションの一部」をチェックしても、iPhone上ではアルバムが分割されたままだ。

 前述のMacBook Proのライブラリを元にしたiTunesMatchに、同じアカウントでアクセスしている別のMacBook上のiTunesでは問題なし。同じアカウントなのにiPhoneとiPadでは、特定のアルバムが分割されてしまう。しかもiPhoneとiPadで違う分割のされかたで一貫性がない。

 消極的な対処法でしかないのだけれど、どうしてもiOSのミュージックアプリ上では変に分割されてしまうアルバムは、とりあえずその収録曲を選択してアルバムと同じ名前のプレイリストを作っている。このプレイリストを再生すれば、実質、アルバムを再生するのとほぼ同じ。
 さすがにプレイリストの中身までは、iPhone上でも勝手に分割はされないようだ()。

 どうもiTunesを 12.1.2にアップデートして以降に読込んだCDでこの現象が起きている不具合って感じだな。iTunesジェダイマスターである俺様が解決策を見つけられないんだから、iTunesかiTunesMatchかの不具合と断定してしまう。
 もうね、こういう現象ってかなりイライラする性分なのよね。まったく。
 早急に改善して欲しい。iTunesMatchは年間契約の有料サービスなんだしな!


連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック

 2013年前期のNHK連続テレビ小説(通称「朝ドラ」)「あまちゃん」。個人的には「ゲゲゲの女房」以来久々に、毎回楽しく観ている朝ドラだ。
 脚本の宮藤官九郎さんは以前から好きだが、氏ならではのテンポの良さや、登場人物が皆しっかり描かれているところなどが、「あまちゃん」でも期待通りに展開されている。いや、期待以上かもしれない。
 以前の記事でも書いたが、俺、こういう群像劇って好きなんだよね。

 で、昨日、そのサントラ盤が発売されたので、早速購入。

[↓アマゾンで購入]
連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック

 いいわ。聴くと劇中のシーンが蘇る。
 メインテーマをはじめ、明るく楽しい曲が多い。スカっていうの? チンドンも入ってる? その辺には詳しくないのだが、ともかく、ドラマ本編と同じように、これを聴いていると元気になる。

 ドラマはそろそろ後半へ。舞台が東京に移るらしい。


桑田さんのCD「I LOVE YOU」

 予約注文してあった桑田佳祐さんの新譜「I LOVE YOU -now & forever-」が届いた。

20120718_kuwata-1

 新譜とは言っても、ソロ名義のシングル30曲のベストアルバム。とはいえ、そのうち5曲は今年の、実質新曲といってもいいもの。まぁ、こういう販売のしかたは賛否両論あろうが、俺は買った。
 桑田さんたちサザンオールスターズの大ファンだからね。まだまだ声が辛そうな桑田さんへの応援の意味も込めて、この5曲と、初回特典ディスクのために買いましたよ。

20120718_kuwata-2

 ディスク面には、桑田さんが書いたのかな?大胆な手書きでタイトルが刷られている。「I LOVE YOU -now & forever-」当り前だが、アルバムタイトル。しかし、しっかりとした、桑田さんからのメッセージ。
 咽頭癌を克服され、予想よりもかなり早い復活をされ、2010年の紅白歌合戦で熱唱された姿は、今思い出しても涙が出る。まだまだ大変でしょうが、できる限りいつまでも、俺たちを元気にしてくれる歌を歌い続けてください!


iTunes Store が機能強化、iTunes in the Cloud が日本でも提供開始

 昨日アップルから突然発表され、iTunes in the Cloud が日本でも提供され(→アップル公式サイト:iTunesの新機能)、それに関連してiTunes Storeも機能強化された。それについては他所の記事の方がずっと詳細に解りやすく解説しているだろうから、ここでは割愛(笑)。
 下記あたりを参照されたし。

 アップル、iTunes in the Cloudを始めとする新機能でiTunes Storeを強化 – ソニーの一部楽曲も取り扱い開始(マイナビニュース 2012.02.22)

 もちろんiTunes in the Cloudの国内提供開始は歓迎すべき素晴らしい出来事で、俺自身も喜んでいるが、一度買った曲の再ダウンロードが無料化されたのと、アルバムの中の数曲を単品購入したあとでアルバム全曲が欲しくなった時にアルバム価格(多くは単品購入より安く設定されている)から単品購入済価格分の差額で残り曲が購入できるようになったのが嬉しい。

 あと、iCloudバックアップで、音楽もバックアップできようになったの?
 今までiOSデバイスのiCloudバックアップは使わず、MacBook Pro のiTunesへ——主にWi-Fiで——バックアップしていたのだが、そろそろiCloudバックアップをオンにしてみるか、という気になってきた。

 アップルって、最初に全部出すんじゃなく、こうやって徐々に機能追加していくタイミングが絶妙だよね。まったく新しい機器やサービスが登場した時には「あの機能がない」という不満があるけれども、同時に「きっとすぐに搭載/実現してくれるさ」と穏やかに待ってしまう。実際、多くがそうなってきたしね。


Pogoplugに音楽を入れたがMP3でハマった。

 NAS(ネットワクークアクセスサーバ)構築アダプタ Pogoplugを購入した。
 これは、簡単言ってしまえばNASだが、いや、本当に簡単。LANケーブルでルータに繋げネットワークに接続したPogoplugのUSBポートにHDDを接続すれば、そのHDDを、LAN内でも外部のインターネットからでもローカルディスクのようにAccessできるようになるという機器。

 設定方法や褒め言葉等は、他のサイトでたくさん紹介されているので省略(手抜き)。

 まず設定をすませてNASとして使えるようになったPogoplug(に接続した128GBのSSD)に、MacのiTunesライブラリから音楽データをコピー。
 事前にググって情報収集したところ、Webアクセスはもちろん遅く、Mac用クライアントアプリでデスクトップにPogoplug用のディスクをマウントした物へのFinder上コピーでも直接繋げたディスクへのコピーの2〜3倍の時間がかかるらしい。
 いくらSSDだと言っても、7500曲超あるので、そんなに時間がかかるのはたまらない。
 ということで、SSDを一旦Pogoplugから外し、MacのUSBに直接繋げて、 “~/ミュージック/iTunes/iTunes Music/Music” の中身(アーティスト別のフォルダ)をドラッグコピーした。15分くらいで終了。

 その後、SSDを再びPogoplugへ繋ぎ直し、MacからWebアクセスしてみる。すると、「メディアの設定中。アクセスに時間がかかる場合があります」だったかな?そんなようなメッセージが表示されて、なにか作業しているらしい。そうか、Webアクセスやローカルディスク風Pogoplugディスクへのコピーだと、たぶんコピーと同時にその処理をするために時間がかかるのか。というか、コピー+その設定の時間は変わらないってことかも。

 で、処理が終わったので、iPhone用クライアントアプリでアクセス。おぉ、曲があるある!が……!
 アーティスト名が表示されず、曲名がファイル名のまま(頭に通し番号がついている)やつが100曲くらいある。
 当該曲をiTunesの方で確認してみると、どれもだいぶ前にmp3で読込んだ曲だ。
 結論からいえば、mp3ファイルの場合は、ID3タグをv2.2にしないといけない。この情報を見つけるまで、2日くらい悶絶してた。
 ちなみに、mp3のID3タグ変更方法は、MacのiTunesの場合、曲を選択してコンテキストメニューから「ID3タグを変換」を選び、「ID3タグバージョン」をv2.2に設定して「OK」で完了。
 v2.2以上なら良いと言われているそうだが、v2.3や2.4ではダメ。

 ID3タグの件は解決したが、もうひとつ問題が残っている。
 同じ曲名のデータは、Pogoplugの「メディア」にリストアップされないみたい。ベスト盤などでの重複ならまぁ許せるがカバー曲とか別バージョンとかもあるんだけどな。
 この件については、もう少し調べてみる。

 あと、Macをリモートアクセス可に設定すると、Mac内の曲や写真もPogoplugのメディアにリストアップされちゃって、都合二重になってしまうとか、仕様をもうちょっと詰めて欲しい部分はあるね。


Bluetoothのワイヤレススピーカ JAMBOX

 話題のスピーカ JAMBOXを購入。
 Bluetoothで無線接続するスピーカなんだけども、設定がすごく簡単だった。

JAMBOX

 おしゃれなパッケージ。

JAMBOX

 開封すると、下段に付属品が収納されている。綺麗なパッケージング。こういう部分へのこだわりは、アップル製品が好きな人にはたまらんね(笑)。

JAMBOX

 スピーカ本体。小さっ!もちろんメーカーサイトなどで事前に寸法は知っていたが、それでも、実物をみると、思わず「小さっ!」と言ってしまう。そして、手に取ると良好な質感と適度な重さで、さりげない存在感を醸し出してる。
 早速 MacBook Pro や iPhone4とペアリング設定をして、音楽を聴いてみた。
 この大きさからは想像できないような音。質・量ともに。特に「音量」については、すさまじい。だからといって、単に大音量だというだけではなく、正直いって「この大きさのスピーカ」には期待していなかった分、驚いた。
 ちょっと低音を強調したような音質ではあるものの、この音は心地良い(不満があれば、iTunesのイコライザ設定で調整すべし!(笑))。

 まぁ、そんな事より、MacのiTunesで音楽を聴いている時に、このJAMBOXをひょいと掴んで持っていけば、家中のどこでも続きが聴ける。この楽しさったらないね。
 それが——繰り返しになるが——悪くない音なんだもの。
 もっと高いAirPlay対応のスピーカをいくつか設置しまくるより、JAMBOXのほうが——色々な意味で——愉快だ。

 買って良かった。

JAWBONE ポータブル Bluetooth ワイヤレス スピーカー Jawbone JAMBOX グレイヘックス ALP-JAM-GH
B004NNVRUW


桑田佳祐さん、復活おめでとうございます!

 いやぁ、もう記事タイトルの通りなのだが。

MUSICMAN(通常盤)
桑田佳祐
B004GUTXJ4

 アマゾンに予約注文してあった、桑田佳祐さんの新譜「MUSICMAN(初回生産限定Perfect Box)」が届いたので、今聴いている。

 昨年、食道がんによる突然の治療休養は心配したが、年末の紅白歌合戦の特別ゲストとして復活されてひと安心したよ。紅白の時は、桑田さんの歌う姿を見てて全俺が泣いた!いやいや、冗談じゃなく、嬉しくてまじに泣いてた。

 で、今回の「MUSICMAN」では、病み上がりっぽいとかって意見もあるけども、そんなのあたり前じゃないか。でも、それだからって決して妥協の産物ではないと思う。
 まずは復活。俺は、その復活、それだけで喜んでいる。
 桑田さんは、やっぱり凄いよね。

 しばらくはiPhoneで「MUSICMAN」を聴きまくる(笑)

 改めて、桑田佳祐さん、復活おめでとうございます!


ミニエレキ

 大人の科学Vol.26「ミニエレキ」を購入。別に楽器が大好きと言う訳ではないし、エレキギターには全然詳しくないけど、なんかいいよね、エレキギター。不良っぽいし(笑)。
 1時間程度で組立てできるようだ。日曜日にやろう。
 これ、4弦なんだね。4弦といえば、10年くらい前のブームの時にちょっとかじったウクレレと同じ。すぐに弾けるようになるかしら。


クレイジーケンバンドがメジャーデビュー

 クレイジーケンバンド、メジャーデビュー (2009.05.13 サンスポ)

 男、49にして起つ−。横山率いるクレイジーケンバンドが、結成12年目でメジャーデビューだ。

 えー。今までインディーズだったとは意外。既に大御所の風格なんだが。

 ♪ オレの話を聞け〜。サビのシャウトが印象的な「タイガー&ドラゴン」はTBS系の同名人気ドラマ主題歌で、フジテレビ系「とくダネ!」の芸能デスク、前田忠明氏(67)のテーマ曲でもおなじみ。アルバムは05年以降、毎年1枚ずつオリコン週間チャートのベスト10に入る。

 名実ともに人気バンドだが、実はこれまでインディーズで活動してきた。横山は「基本的に僕の考え方はインディーズ的にでもなければ、メジャー的でもなく、きわめてマイスタンダードなもの、つまり『規格外』なものでありますので、どちらかに振れることなく、それぞれの一長一短を冷静に俯瞰して参りました」と説明する。

 しかし、昨年6月からユニバーサルが移籍交渉を開始。担当者がライブに足繁く通った結果、同社内に初の個人レーベル「ダブルジョイ・インターナショナル」を設立することで合意に達した。

 横山は「『大は小を兼ねる』という想いと、専用レーベルを設立させて頂くという難解な条件を呑んで頂けたことが私の背中を押したわけでございます。ルーキーになった気持ちで勇往邁進したいと存じます。イイネ!イイネ!イイネ!」と決めゼリフで宣言だ。50代を目前にして原点回帰、その生き様でオヤジ族に活力を与える。

 メジャーの力で、テレビ出演とかも増えるのかな。ともかく、これからも「かっちょいいオヤジ」でいて欲しい。


生きてることが辛いなら

 紅白歌合戦を見ていた。
 それで初めて、森山直太朗さんの「生きてることが辛いなら」を聴いた。やばい。泣く寸前だったよ。
 今すぐフルコーラス聴きたくなり、iTunseストアで買ってしまった。

 自殺はダメだぞ。いかなる理由があろうと、俺は自殺は許さない。残された人びとの苦しみをどうするのだ。どうしても嫌で切羽詰まったなら、とりあえずひとまず「物理的に」逃げろ。生きていればなんとかなる。