メインで使用するボールペンを乗り換えようか思案中。

 ボールペン。長年ハイテックCコレトの4色軸を使っているが、フリクションボールに乗り換えようかと思案中。
 替芯(リフィル)の色を好きなように選べて組み合わせられる多色ボールペンはいろいろあるが、ハイテックCコレトは軸と替芯を別々に購入する点が良い。特に赤と、書いた跡が万年筆っぽいブルーブラックは個人的に必須。逆に青は無くても良いし、緑なんて滅多に使わないので不要。なので、余計な芯が最初はついていない軸だけを売っていて、ブルーブラックは選べるコレトが好きなのだ。

 だが、多色タイプのフリクションにも2年くらい前(違っていたらすみません)にブルーブラックのリフィルが登場したらしい。

 試しに、まず3色タイプ(最初から黒赤青が入っている(笑))と、単色スリムタイプのブルーブラックを購入。どちらも0.38mm。
 3色タイプの青をブルーブラックに交換。これは互換性がある。

 消せるボールペンは確かに便利だ。取引先でも使っている人が多い。フリクションボールは人気なんだな。
 でも、ハイテックCコレトに比べると筆跡が薄い。赤やブルーグレーはまぁ悪くはないが、黒はグレーっぽいと感じるくらいに薄い。0.38mmの極細にしたからか、消せるインクなので普通のインクより薄いのか。0.5mm芯も試してみよう。
 まぁ、署名や宛名など、消えては困るような筆記の時のために、特に黒用としてハイテックCコレトも試用するが、メインはフリクションボールへ移行してもいいかな。同じパイロット社製品での乗換なので、心も痛まない(笑)

 170804追記
 多色用軸に使えるブルーブラック替芯は、現在0.38mmしか発売されていない。


ノック式の蛍光ペン

モブログ from Instagram

 蛍光ペンがインク切れになったので、新調。キャップのないノック式の蛍光ペンを初めて買ってみた。
 乾きやすいペン先を保護するためしっかり塞がっているせいか、ノックのバネが少し強くて、わりと力を入れて押さないといけないのだが、もちろん苦痛というほどではない。
 キャップ脱着の手間を考えると、至極便利。


超小型左右独立ワイヤレスイヤホン Beat-in Stick

 びといんがビートイン(言いたいだけ)。

 2年くらい前から、iPhone用にはBluetoothワイヤレスイヤホンを使用しているのだが、今回初めて「完全ワイヤレス」モデルを購入した。ロア・インターナショナルのBeat-in Stick(ビートイン・スティック)というやつ。本体はカナル型のまさに耳栓サイズ。小さっ!
 べつに俺のニックネーム「びといん」に似ているから購入したわけではない(歯ブラシ「ビトィーンライオン」は、名前が似ているから愛用しているが(笑))。

 イヤホンへの充電器を兼ねたケースへは、その両端に磁石でくっつけるリップスティック型。これも小さい。
 充電ケースへの充電は、microUSB端子で電源からUSB接続という毎度おなじみの方法。
 イヤホンへの1回の充電で音楽を聴けるのは3時間だが、フル充電状態のケースから2回イヤホンへ充電できるので、全てがフル充電からは全部で9時間使えるということで、十分じゃないかな。

 AACコーデック対応機種は初めての購入なので、その音の良さに大満足。というか、直近に使っていたものもそれなりに悪くはなく「低音が効いて良いな」などと満足している(まだ併用している)が、SBCと”ACC-LC”にしか対応していないので、もしかすると高音域がカットされてしまっているだけかもしれない。
 こういう事を詳しくは知らないし、俺としては満足なのでいいんだけれども。

 超小型なので操作リモコンはない。左右のイヤホン本体それぞれにボタンが各1つついているだけだ。電源オン/オフ、音楽の再生/停止、電話着信を受ける、しかできない。
 しかし! AppleWatchでiPhoneの「ミュージック」をコントロールできるので問題なしだ。
 Apple純正のAirPodsならもしかしたら早送りなどもできるのかもしれないけれど、俺の耳の形にあのiPhone標準のイヤホンは合わないようで、ぽろぽろ落ちるんだよね。そのため購入せずに他社製品を待っていた。特にカナル型なら落ちにくいだろうとも思って。

 Beat-in Stick、良いです。満足満足。

 余談。
 上記の「直近に使っていたイヤホンの対応コーデック」が”ACC-LC”なのは、取説の原文ママなので(笑)

 さすが中華品質。まぁ価格と音質を考えるとAAC対応だとは思えないので、本当に謎の高性能規格ACC-LC搭載なのかもしれない(笑)


ナノブロックにはまっています

20160410_nanoblock_03

 子供の頃からブロック遊びや工作などは大好きで、数年に一度、俺的レゴブームが来る。最近ではもっぱらテクニックシリーズとかマインドストームだが。
 今回も来た。が、ブロックはブロックでもレゴではない。今更ながらのナノブロックだ。

 娘がミニシリーズを集めていて、見せてもらったことはあるけれど、自分で購入・組み立てるのは初めて、という意味では、今回ナノブロックを初めて触る事になる。
 先日、何とはなしにヨドバシカメラAkibaへ行った時に、ガンプラのついでに見て回ったら、ナノブロックの情景シリーズというのがあり、そのうち「1LDKの家」と「日本家屋」を購入してきた。
 組んでみたら、いやぁ、こりゃ楽しい。

20160410_nanoblock_01

20160410_nanoblock_02

 俺は昔からレゴ派で、子供たちにもレゴを買ってあげていた。主に見た目や結合強度の不満からダイヤブロックは敬遠していたのだが、ナノブロックのサイズだと、ダイヤブロックの結合強度は丁度良いかもしれない。レゴの精度・強度でしっかりと繋がってしまうと間違えた時や分解したい時にバラすのは困難だろう。

 ナノブロックは、1個のサイズが親商品ともいえるダイヤブロックの半分。
 これなら、単純にいって体積はレゴ(ダイヤブロックとほぼ同サイズ)の1/8ってことで、場所もとらず。

 お約束のザクなどを組んで遊ぶ。まだ(家のキット2つ以外は)スタンダードカラーセット1箱しか持っていないので、ジオンMS4機の頭しか作れない(笑)。

20160410_nanoblock_04

 もっと単純化してSDタイプの全身くらいは作れそうだね。
 今後しばらく、余暇はナノブロックと戯れよう。あと、いなり。

▼Amazon

ナノブロック ナノイド 1LDKの家 NBI_003


ナノブロック ナノイド 日本家屋 NBI_001


ナノブロック スタンダードカラーセット NB-023


大人の科学マガジン「UBS特撮カメラ」で撮影してみた(静止画)

 学研「大人の科学マガジン UBS特撮カメラ」を購入。

20131001_tokusatsucam01

 ふろくのカメラは組み立て式だが、+ドライバー1本で、5〜10分もあればできる。
20131001_tokusatsucam02
20131001_tokusatsucam03
 長さ20cm程度の持ち手付き。パソコンと接続するためのUBSケーブル1mが直付けされている。

20131001_tokusatsucam04
 200万画素CMOS。

20131001_tokusatsucam05
 持ち手の先に三脚ネジも装備。

 ソフトやドライバの類は付属せず、基本的には必要なし。MacかWindowsのパソコンに接続し、パソコン側の汎用撮影ソフトを用いる。
 特撮カメラの性能その物は200万画素だが、できあがる動画/静止画は撮影ソフトによる。

 とりあえず、Macに標準インストールされているPhoto Booth で静止画を撮影してみた。

20131001_tokusatsucam06
 解像度は高くないし、レンズが暗いので夜の室内ではこの程度だが、それでもフォーカス範囲が0.1mm〜∞(マニュアルフォーカス)でミニチュア撮影に特化というのは、伊達ではない。
 ガンプラMG。1/100で約18センチのザクが1/10の人間サイズに見える。

20131001_tokusatsucam07
 続いて、カップヌードルのおまけの極小ガンプラ。1/380で約5センチ。これも大きく見えるね。すげーよ、特撮カメラ!

 薄くて小型。持ち手も付いているので、狭い所へ入れての俯瞰撮影もできる。
 8センチ未満の至近にピントを合わせるとマクロ撮影。8センチ以遠にピントを合わせるとパンフォーカスになるみたい。

 こりゃ色々遊べそうだ。
 価格以上の使い勝手があるぞ。

[Amazon]大人の科学マガジン USB特撮カメラ (Gakken Mook)


足が痛くなるため、ウォーキングシューズを新調

 最近、ちょっと長く歩くとすぐに左足裏が痛くなるのだが、履いている靴の底が薄いせいかもしれない。
 と思って、クッション性の高いウォーキングシューズを買った。
 また無精髭を伸ばしてジョブズごっこするためにもニューバランスが欲しかったけれど、買いに行った店——大型スーパーの靴売り場——では一番安いので9800円もするモデルしか売っていなかったのでやめてアシックスにした。別に頻繁にジョギングをするわけでもないし(というか、まったくやらない。ウォーキングならやるけれど)、約1万円もするのはいらないのだ(笑)。
 で、買ったやつでも十分に履き心地がよく、快適。歩いても痛くならなかった。もっと早く買い替えればよかった。


スティーブ・ジョブズ 12インチ可動フィギュアが届いた

 注文していた「Stave mini」ことスティーブ・ジョブズ可動フィギュアが届いたので、簡単にご紹介。
 販売は、レジェンド・トイズという日本の会社だが、発送は香港から。
20130414_jobs
 香港チックな怪しさ満載の段ボール箱に入って、国際郵便で届いた。
 まぁ、外箱はどうでもいい。中の製品がちゃんとしていればいいのだ。と思ってさそく開封したら、びっくり。
 段ボール箱の中にそのまま製品が入っていた。いわゆる製品化粧箱に相当するものはなし。高級なブリスターパックという感じ(笑)。
20130414_jobs

 しかし、フィギュアはしっかりした物で安心した。アップルの製品発表の時におなじみの、ジョブズさん愛用の革張ソファ(ル・コルビジェのデザイン)も付属。
20130414_jobs
 ジーンズやシューズの質感なんかすげー。
20130414_jobs
20130414_jobs

 昨年の初めに一度注文受付されたが、ご遺族やアップル社との協議の結果(?)販売自粛された製品を継承したもののようだが、頭部の造形は、さらにリアルさを増しているように思う。
20130414_jobs
20130414_jobs
 この目の表情なんか、まさにジョブズさん!驚きの職人技だなぁ。
 難点がひとつ。手首の可動ジョイントが手首側から外しにくいので、付け替え用手首にはジョイントを別途調達しようと思う。ホットトイズの物が流用できるらしいので、アキバで探してこよ。

 おまけ。ジョブたんと植木先生、夢のご対面!
20130414_jobs
 どちらも12インチフィギュアなので、植木先生の方が大きく感じるため(笑)、奥に立たせてカメラマジックで若干小さく見えるようにして撮影。


レゴ「はやぶさ」

 レゴ No.21101「はやぶさ」を買った。

レゴ クーソー はやぶさ 21101

 これ、CUUSOO(クーソー)っていう、レゴファンがアイデア(スケッチ、試作モデルなど)を考案・公開して、それへの賛同者投票が国内で千件以上(現在はグローバル展開になり1万件以上に改定)になると、レゴ本社で商品化を検討するというプロジェクトの成果商品で、日本発では「しんかい6500」に続く商品。
 それにしても、これ、よく出来てるわ。この製品専用ブロックはなく、全て既存のブロックってのも好感が持てる。川口教授のミニフィグもついてるし(笑)。
レゴはやぶさ

 はやぶさ本体は普通の箱状だが、ある程度の耐久性を確保するために中にも適度にブロックが格子状に組まれて詰まっているし、支柱もしっかりしている。
 この商品自体は可動はしないけど、手持ちのパーツを使って可動にしてみるのも面白そう。

 レゴブロックを買ったのは何年ぶりだろう。以前マインドストームにはまっていて、その初代やスター・ウォーズとのタイアップであるR2-D2が組めるバージョンとかを買っていた時以来だから、6年以上前だな。
 マインドストーム以来、久々に大物レゴ——実売4千円ちょっとなので、実際にはそれほどのものではないけど——やっぱりレゴは楽しいね。
 飾るのにあきたら分解して他のブロックと一緒に放り込んでおけるのがレゴの利点でもある。

 そういえば、レゴ建築シリーズの落水荘ファンズワース邸が再販されてる。そっちも欲しい。

 またレゴ熱が再燃しそうだ(笑)。


クレジットカードを乗換える

 二十年以上前に契約し、ゴールドでもないのに今時数千円の年会費がかかる流通系クレジットカードを、7月の年会費支払いまでに解約し、別の流通系会社のカードに乗換える。
 これを契約した当時は年会費がかかるのが当り前だったけど、今は一般カードは無料のところが多いもんね。年会費以外では不満もなく、系列のスーパーでいつも便利に使っているのだが、少しでも節約せねば、と。
 そんな訳で、乗換え先のカードが届いたので、公共料金などの支払をそちらへ変更。どこもWebサイトから変更手続きができるから便利な世の中になったもんだ。