夢想人企画工作部「スマホグッズ自作」シリーズ第三弾 100円ショップ製品による自撮り棒を試作(失敗)

 俺の周辺では大反響だった、自作スタイラスペンiPhoneで充電と同時に使えるDOckコネクタ接続ネックストラップに続く、夢想人企画工作部謹製「スマホグッズ自作」シリーズ第三弾(*)始動(笑)。

※当初は「第二弾」と記述していましたが「第三段」の間違いです。どうでもいい事かもしれませんが俺としては重要です。

 夢想人企画工作部の「安価かつ簡単に楽しみながら実用的なものを作る」の理念のもと、以前からずっと考えていた自撮り棒の自作。
 百円ショップ「ダイソー」に、利用できそうな製品があったので、試してみた。
 タイトルのとおり、今回は失敗だったのだが。

20150728_jidoribou_1
 使うのはこれ。車のダッシュボード上などにつける、スマートフォンホルダーと、隙間の状況などを見るための伸びるミラー。合計200マンエン(消費税抜き)。

 これを見ただけで、工作方法の見当はついたと思われるが(笑)、はい、そのとおりです。

20150728_jidoribou_2
20150728_jidoribou_3
20150728_jidoribou_4
 ホルダーの基部ボールジョイントを外し、スマホを固定する方にあるジョイントメス部分をカット。
 俺はまずエッチングソーで根元に溝を入れて、刃こぼれした古ニッパであらかたガシガシ刻み取ったのち、デザインナイフで残りを削いだ。

20150728_jidoribou_5
20150728_jidoribou_6
 ホルダーに付属の両面テープを半分に切り、貼り合わせ、ホルダー背面に貼る。

20150728_jidoribou_7
 そこに伸びるミラーを貼る。
 以上。

 伸ばして50センチではあるものの、更に腕を伸ばせば1メートル程度にはなるはず。
 それは目論み通りだったが、他の箇所で失敗。
 このホルダー自体は、既に仕事場の机上にてiPod的に使っている古いiPhoneを装着して利用していて保持力は問題ない事は分っている。
 ミラーの伸縮部分が、iPhoneの重さに耐えられず回転して、的確に保持しずらいのだ。
 これでも使えないことはないけれども、意図した画角にするまでに数十秒を要する。「構えるのにコツが必要」という状態では、自撮り棒としては大失敗だ。
 ホルダー裏をカットした後にけっこう大きな穴が空き、バネが見ているのも危険が危ない。

 しかし、アプローチは間違っていないはず。
 この材料で、もう少し何かの工夫を加えれば、どうにかなるはずだ。

 後日改修案を考えてみる。


MGF ワイルドタイガー 組立て(2)

 その後30分くらいしかやっていないのであまり進んでいないが、現在インナーフレームができ上がったところ。
20120722_mgf_tg1

 ガンプラの場合、内部レームは完成後には外装でほとんど隠れてしまうので、経験上、関節部分以外は比較的大雑把にバチバチとランナーから切り出し、なるべくゲート処理をしなくて良いようにしている。
 このキットも、フレームが露出するのは、腹部と二の腕くらいのようなので、いつもどおりバチバチとやる。
 しかし、細いのに、スタンドなしでもしっかり自立する。凄いな。

 そうこうしているうちに、予約注文していたバーナビーも届いてしまった。虎徹さんを早く組まないと(笑)。


MGF ワイルドタイガー 組立て(1)

 相変わらず積みっ放しで増えるばかりのキットのうち、マスターグレード フィギュアライズ(MGF)「ワイルドタイガー」を組立て始めた。

20120715_MGF-T_1

 MGFは、その名の通り、ガンプラのマスターグレード(MG)の開発・製造の技術をフィードバックさせた、ガンプラより人間に近いキャラクタのシリーズ。パッケージにある「MG」のロゴも同じ(その下に「FIGURERISE」が追加されたもの)。
 シリーズで既発売の仮面ライダー1号・2号には興味があったものの、フィギュアとはいってもプラモデルなので、違和感があり(完成品の可動フィギュアには抵抗がないくせに、我ながら矛盾していると思うが(笑))、買わなかった。
 ワイルドタイガーは、言うまでもなく、人気アニメ「TIGER & BUNNY」の主役ヒーローであるが、フォルムがメカっぽいので、MGFとして違和感を覚えなかった。アニメ本編も好きで観ていたので、今回、初MGFとして購入に踏み切った(というほど大袈裟なものではないか(笑))。

 パーツ構成、組立て説明書、組みやすさ及び精度は、さすがガンプラで培った、バンダイ驚異のメカニズム。MGガンプラに慣れている身としては、それと比較するとパーツは大きく点数も少ないので、少々物足りなさがあり、「MGの名を冠するのはどうかな」とも思うが、まぁ、それはどうでもいい。

 現在、インナーフレームの上半身を組み上げ、頭の墨入れとリタッチを行った。ここまでで1時間。

20120715_MGF-T_2

 未塗装でも細部にシールを貼るだけでリアルに完成できるようになっていて、もちろんそれは歓迎なのだが、シルバーのパーツがちょっとやっかい。頭だけでもアゴやコメカミ等にゲート跡が目立つ。その部分をガンダムマーカーの「ガンダムBBシルバー」でチョンとリタッチ。色味に違和感があったら、その面をサラッと塗ってしまってもいいかもしれない。小さい面だからね。
 こういう所、気になりだしたらどうしようもないんだよなぁ。

 組立てについては、特に注意することもない。初めての人でも組立て説明書にしたがって丁寧に作業すれば、誰でも簡単に組立てられるだろう(経験などにより、それなりの時間はかかるかもしれないが)。
 ガンプラと「TIGER & BUNNY」が好きなら、お薦めのキット。


スタイラスペンを自作(改定追補版)

 7月に書いたiPad用スタイラスペンの自作に関する記事。その後、もっと簡単かつ導電スポンジの切れ端ロスも少ない方法で作っているので、遅ればせながら、それを紹介する。

iPadスタイラスペン自作
 材料は、導電スポンジ、鉛筆補助軸、綿棒、銅線(今回は0.2ミリを使用)。

iPadスタイラスペン自作
 導電スポンジを、1センチ×5センチに切り出す。ペン1本あたりにこれを2枚使う。

iPadスタイラスペン自作
 導電スポンジ2枚を、十字に重ね、中央部分を平につぶす。

iPadスタイラスペン自作
 それを綿棒の一方の先に包むように装着、端に銅線を巻いて固定。これはペン軸に詰め込む時に端が開かないように固定するためなので、輪ゴムでもセロテープでもいい。ただし、導電スポンジとペン軸の接触面積が大きい方が指の電気をデバイスに通しやすくなるので、セロテープを大きく巻くのはよくない。

iPadスタイラスペン自作
 上記をペン軸に詰めて、口の金具を締めて出来上がり。

 どうだろう。前回の方法よりもだいぶ簡単でしょ?


ニッパ


 外で、緊急にニッパが必要になったので100円ショップで購入した。
 使おうとおもったらスパナだった。小物を切断したいのに(´・ω・`)
 しかもちょっと噛み合わせが狂っていて、スパナとしても使えない(´・ω・`)
 暑くてボケボケ。


1/72 VF-25S メサイアバルキリーオズマ機完成

 なかなか手ごわかったバンダイのキット「1/72 VF-25S メサイアバルキリー オズマ機」が完成。
 いや実は部分塗装も墨入れもシール貼りも完全ではないんだけど、もういい。これだけやれば全体的には雰囲気十分だ。つーか、気力が持続しなかったぜよ(笑)。

 細かい部品が多いくせに組立て説明書に描かれたパーツの形状が把握しにくく、組むのが大変だったが、ほとんど差替なし(差替は手首パーツのみ)で3モードに変形するというのは、やはり凄い。バンダイ驚異のメカニズム。

VF-25S
 ファイター形態。マクロスシリーズのバルキリーは、戦闘機形態が一番格好いいよね。

VF-25S
VF-25S
 ガウォーク形態。脚部がハの字に開かないので、あまり良いポーズにできない。けど、バランスは良い。

VF-25S
 バトロイド形態。これも、脚部の表情が乏しいのが、ちょっと残念ながら、まぁ、直立ポーズとしてはいい感じだと思う。
 3モードに完全変形するのに、そのどの形態でも、破綻無くまとまっている。つくづく凄いと思うよ。

 あー、撮影技術は元々皆無だけど、それに加えて手持ちのフォトブースが小さくて、ガウォークとバトロイドはブースに入らなかったので、うまく撮影できなかったし、背景に余計な物が写っててごめんなさい。


家の模型

建築模型
 引越しを目前に控え、建築模型を製作中。とはいっても、新居のではなく(笑)、18年間お世話になった社宅の模型を。新居はマンションだし、作ろうと思えば今後いつでもできるからね。
 1991年3月、結婚した時に入居したこの社宅。長年生活したことはもちろん、ここを建てる時にもちょっと係わってたし、色々と思い出のある家だ。
 スチレンボードに、万感の思いを込めて間取りや壁の形状を引く。最近は手書きで図面を引く事も無くなったので、下手になったなぁ。部屋の隅に立て掛けられたままの平行定規はホコリをかぶってたし(笑)。

 ってことで、現在、床と外壁パーツの作図と切り出しまで。お手軽手法でサクッと作ってしまおう。


それは神業だろ/モブログ

20070623231734
 プラモデルの溶接表現を、金属ヤスリやリュータで傷付けて再現するって、かなり困難だろ。
 鉄の溶接って、その名のとおり、研磨開削加工ではなく、どちらかといえば盛る表現ほうだろ。
 バンダイ、詰めがあまいな!


燃えた!

 ガンプラ改造の作業中、誤って瞬間接着剤のチューブにデザインナイフの刃が刺さり、チューブを裂いてしまった。
 ティッシュでくるんでつまんだら、すげー熱を帯びて、少し煙が出たぞ!

 うひー。恐いよぉ。

 ティッシュに大量に染み込んで、急激に硬化反応が起きたのか。
 無事に、水に浸して捨てた。

 しかし、意外に危険だぞ、瞬着。