ラマの小屋なみ

 民放テレビのニュース番組を見ていると、「首都地震で危ない建物は?」みたいな事をやっている。
 警視庁内の古い警察署の耐震性はラマの飼育小屋のそれ程度って……。間違ってはいないかもしれないけど、よくこんな比較を思いついたな(笑)。ラマってシムシティかよ!(←もはや、このネタが解る人は少ないか?(笑))


こんにちは人類

4万8000年前のシベリアに未知の人類…現生人類と共存か(2010.3.25 YOMIURI ONLINE)

 現生人類やネアンデルタール人の祖先と100万年前に分かれたとみられる未知の人類(デニソワ人)が、ロシア南部に3万〜4万8000年前に生存していたことを、ドイツのマックスプランク研究所などの国際チームが明らかにした。現生人類やネアンデルタール人と共存していた可能性が高いという。25日付英科学誌ネイチャー電子版に発表する。

 んー。凄いなぁ、なんで数万年〜数百年前の事まで解るのかってことは、その専門家の偉い人にお任せするとして、ともかく、こういう話題はワクワクする。
 我らホモサピエンスやネアンデルタールと共存してた「もうひとつの人類」がいたのか!

 もちろん、歴史ってのは、日々の研究で色々解明されて塗り替えられている。俺が子供のころは「恐竜はシッポを引きずってノソノソと歩いていた」と教わったものだ(笑)し、最近では坂本龍馬の手紙も未発見のが見つかってたりする。

 閑話休題。
 ホモサピエンスの進化の裏で、ネアンデルタール人やデニソワ人は絶滅していったんだよね。弱肉強食の末に、我ら現生人類の繁栄があるのは、否定できない事だろう。過去(歴史学や考古学)へのロマンと同時に、大きな物を背負っているんだなって事も考えるなぁ。ほんの少しだけどね。


郷里大輔さん、お疲れさま。

 1月17日、声優の郷里大輔さんが亡くなられたそうだ。つい数日前に田の中勇さんの訃報を聞いたばかりなのに。

 郷里さんといえば、俺としては、やはり機動戦士ガンダムシリーズでの活躍が忘れられない。ファーストTV版でのドズル・ザビ、Zや0083でのバスク・オム。
 どちらも、主人公側からみたら敵勢力に属するキャラクターだが、筋の通った武人として描かれていた。まぁ、バスクはかなりえげつない部分もあって、キャラとしては好きにはなれないのだけれど、ドズルは、(このブログでも何度となく書いているけど)大好きなキャラ。馬鹿ばかりのザビ家において唯一といっていい「漢」だった。ガルマの死を心底悲しんだり、部下や妻子を思いきちんと逃がせた上で、軍人としての誇りを持って死んで行く。そういう悲哀を、郷里さんは見事に演じてくださった。
 同じガンダム好きのブログ友の言葉を借りれば、

「いい声、魂のこもった武人の声でした。」

 郷里さん、お疲れさまでした。どうかやすらかに。


おんぶ

 誠 Biz.ID:仕事耕具:背表紙に“おんぶ”する手帳用ペン、トンボ鉛筆から

 トンボ鉛筆は、手帳や書籍の背表紙にフィットする形状の手帳用ペン「ONBOOK(おんぶっく)」を10月19日に発売する。価格は367円。
 ONBOOK(おんぶっく)は、へこみのある胴軸が特徴的なボールペンとシャープペン。断面は「そら豆型」で、へこみが背表紙の丸みに密着するため、ずれたり外れたりしにくいという。製品名は「背表紙に一体化し、“おんぶ”する状態に似ている」ことに由来している。

ONBOOK
 うむ。確かに俺も昔から、ペンホールのない手帳やノートを使っている時には、ペンをこういう納め方していたな。外れにくいのはいいことだね。
ONBOOK
 でも、こんなへこみがある形状だと、書いている時の持ち心地が悪くならないかなぁ。
 俺は買わないな。


WB隊ほどの技量はないと思うのだが

 痛いニュース(ノ∀`)/慶応大教授「ガンダム内閣」

1 名前: ノイズc(宮城県):2009/09/18(金) 15:15:18.66 ID:15V/vswF ?PLT
公共経営論が専門の上山信一慶応大教授(51)
「理系の首相らしく綿密に設計された顔ぶれで、経験は浅いが力を発揮しそうな『ガンダム内閣』。課題が山積する国交相にタフな前原さんは適任で、亀井さんを金融・郵政改革相にしたことで、逆に過激な言動を封じられる。

自民党のような論功行賞や、人気取りのために民間人を起用しなかった店も評価できる。
予想以上にまともな布陣で90点」
ttp://sikosiko.s8.x-beat.com/src/up3654.jpg

 えー!? 過大評価しすぎだろ。
 民間人起用してないのは、WB隊との大きな違いのひとつだし。ガンダムとの接点は皆無だ。


壊滅的

 あの「日本ブレイク工業」が社歌以上に破壊的な事態 (2009.06.25 IT media)

 「社歌のマネジメント子会社の社長を兼務していた43歳の男性社員と、ブレイク工業の創業時から経理を担当していたその母親の65歳の女性社員が共謀し、会社の金の大半を横領していたのです。女性社員の再婚相手が社長をつとめるペーパー子会社も横領にかかわっていました。今年1月に発覚しましたが、判明しただけでも被害額は3年間で5億円以上。年商1億5000万円程度の会社ですから、とても事業を続けられる状態ではなくなったのです」

 同幹部によると、CDの売り上げや関連収入も、ほぼ全額を母子が管理。同社には1円も還元されていなかった。だが、ブレイク工業の荒谷辰郎社長(57)は実印を預けるほど母子を信頼しきっており、実態は誰にも分からなかったという。

 事態が発覚した今年1月以降、20人近くいた社員は全員解雇され、残っているのは荒谷社長ただ1人。代表電話に出る女性は外注の秘書センター社員だという。時効の関係から、荒谷社長は過去3年分の被害について近日中に刑事、民事双方で提訴する方針。神奈川県警もすでに実態を把握しているという。

 なんか、壮絶だな。
 あの社歌は、業界を莫迦にしているようで大嫌いだったけども、こういう事態になってしまうと、ザマアミロって思う。ちょっと可哀想だな。


ジョブズCEO、復帰間近か!?

 アップルのS・ジョブズ氏、6月22日から業務に復帰か–米報道 (2009.06.23 CNET Japan) というニュース。

Appleの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏が米国時間6月22日、カリフォルニア州クパチーノにあるAppleの本社に復帰したと、同社従業員らが報告しているという。

 更新情報:Reutersは太平洋夏時間午後5時14分に、この報道を裏付ける情報として次の記事を掲載した。「Jobs氏が6月22日、カリフォルニア州クパチーノのApple本社ビルから出てきて、1人で黒い車に乗り込む姿が確認されている。その後、黒いスーツを着てイヤホンを付けた数人の男性らの運転により車はその場を去った」

 ジョブズCEOは、2ヶ月前に肝臓移植手術を受けたらしい。以前患った膵臓癌が肝臓に転移したのかな。
 早く復帰して欲しいけど、どうか無理をなさらずに。


小さくというか、消えてしまえ

 小型化された「B-CASカード」の導入決定、2009年11月から支給開始へ(2009.05.07 マイコミジャーナル)

地上デジタル放送のスクランブル解除に必要な「B-CASカード」を発行するビーエス・コンディショナル・アクセス・システムズは7日、「Plug-in SIM」形状の小型B-CASカード(ミニカード)の提供を、2009年11月から開始すると発表した。

B-CAS(ビーキャス)はビーエス・コンディショナル・アクセス・システムズ(BS Conditional Access Systems)の略で、同社が提供する放送受信方式をB-CAS方式と呼ぶ。地上デジタル放送におけるデジタル著作権管理(DRM)の一部として、正規の機器を認証する限定受信方式として利用されている。

同方式では、放送波に伝送路暗号(スクランブル)が施され、スクランブル解除の為にはB-CASカードが必要。

 うちはWOWOWが開局間もない頃に加入して長いけど、その初期は、ビデオデッキくらいの大きなデコーダーが必要だった。現在はWOWOWのスクランブル解除もB-CASカードだな。だんだんと小さくなるね。

 いやいや、そんな話ではなく。

 例えばWOWOWみたいに純然たる有料放送のスクランブル解除のために必要ってのはいいんだ。逆に、金払ってない奴も俺と同じにWOWOWが観られるというのも嫌だし。B-CAS番号を届けないと邪魔なメッセージを画面に出す公共放送も、俺としては——納得はしていないけど——まぁ理解はできる。
 でも、民放の地デジまでスクランブルかける必要があるのかねぇ。
 HDDレコーダーに録画し、レコーダーのメーカー推奨の純正品DVD-Rにコピーしようとしてもエラーで失敗するという経験が何度もある。なので「ダビング10」のコピー回数に限度があると困るのだが。コピーが10回連続で失敗することは有り得ないと言えるのか!?

受信機での権利保護規定遵守を、B-CASカード支給契約によるエンフォースメント(強制)で担保している。だが、総務省の情報通信審議会第5次中間答申では、B-CAS方式の見直しを行うべきとする方針を明示。

これを受け、総務省「デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会」の技術検討ワーキンググループ(WG)では、今後導入を検討すべき地上デジタル放送の著作権保護のための新たな技術方式として、(1)B-CASカードと同じカード方式、(2)チップ方式、(3)ソフトウェア方式、の3種類を検討。

 けっ。見直し検討に「(4)伝送路暗号の廃止」を入れなきゃダメだろ。
 違法コピー対策っていっても、ほとんど劣化のないコピーなんて、放送番組をDVDに保存する時点で基本的には無理。すぐにBD(ブルーレイ)レコーダーを買える人ばかりではないし。画質劣化してもDVD画質で満足している人もたくさんいるんじゃないだろうか。細かくは語らないが、違法コピーする奴はする訳で、いわゆるイタチごっこではないかな?
 そもそも、規制かけたい側が「コピー」する事を「ダビング」と表現しあいまいに誤魔化してコピーを中途半端に正当化しているのがおかしいと思う。

現行のカードは廃止せず、ミニカードは現行のカードの追加として導入。「受信機器メーカーへの支給時期は2009年11月ごろを予定している」としている。

 そんな事を言わずに、どんどん小さくして無くしてしまえばいいのに。現行のカードも今後の予定も廃止しろ。もちろん地デジのスクランブルも廃止し。あと変なシカモドキのやっつけ仕事まるだしキャラも廃止な。

 変なシカモドキのやっつけ仕事まるだしキャラは一般のブログにも掲載しちゃいけないそうなので、アナロ熊を貼っておこう。
アナロ熊


掲載不可

 えーと、先日の、地デジ化推進イメージキャラクタに関する記事の写真と一部の文面を修正した。

 “地デジカ” の無断美少女イラストに「断固として許さない」と民放連 (2009.04.28 livedoorニュース)

「地デジカは日本の地デジ化を推進するキャラクターなので、ブログに一般の人が地デジカのイラストを掲載した場合、地デジカを広めるという効果を期待し、暗黙の了解で掲載を許すことはあるのでしょうか?」という取材班の質問に対し、日本民間放送連盟は「地デジカの著作権ですが、世にある他のキャラクターと同様、無断掲載には厳しく対応していきます。一般のブロガーの方がブログに掲載したり掲示板に載せることも、著作権の問題がありますので黙認することはしません」とコメント

 ということで、浦安のネズミなみの厳しさらしい。
 あんなやっつけ仕事のへぼいキャラの掲載ごときで怒られるのも嫌だし、お伺いを立てるのも労力の無駄なので。
 それにしても、どんだけ自意識過剰なんだよ、シカモドキ。