ダイコン

 兵庫県内で、アスファルト舗装を突き抜けて生えてきた大根が話題になっている。
 それが日曜日に、折って持ち去られたが、それが今日、現場に置かれていたそうだ。

 さっき、報道ステーションでやっていたのを見た。
 大根は瀕死状態だが、再び根が出る可能性はあるという。

 まぁ、俺は、この大根のニュース自体はどうでもいいと思っているんだが(笑)、これを伝える古舘伊知郎さんのコメントが、上手かったなぁ。

「この(大根の)ニュースをやるたびに、久し振りに風呂に入ったような気分になります」

 さすが、「比喩のオートメーション工場」こと古舘さん。


この記事へのトラックバックURL: http://between.musoubitokikaku.com/archives/9160/trackback

ダイコン” への7件のコメント

  1. しかし、こういうニュースが取り上げられるってのは平和な証拠なんですかね。
    ぶっちゃけ、折れたほうがあぶなくなくていいなあって思ってしまいました。

  2. マンガーさん江
     そうですね。平和の証拠、もしくは、こういう些細な平和に飢えている証拠のどちらかでしょう。
     折れた方があぶなくない……。なるほど。
     でも俺は逆に、あそこまで注目を浴びたなら、足元の大根を意識するので、かえって安全が高まるのかなと思いました。

  3. さなだむしさん江
     もちろん、誰かがそういうコメントをしてくれるのを少しは期待して付けたタイトルですよ。

  4. しまった!やっぱり罠か・・・

  5. さなだむしさん江
     ふふふ。罠にはまりましたな!

    somedayさん江
     いや、別にすり替わってませんよ?(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.