増築

 増築といっても、住まいではない。我家はマンションなので増築は無理(笑)
 キャットタワーを高くした話。
 天井突っ張り式のキャットタワー。リビングに置いてあるのだが、ソファを買い替えて若干の家具配置替えをしたら邪魔になり、上半分をはずして下部のみを置いていた。
 というのも、このタワーは設置できる高さが228cm~273cmとなっていて、リビングの天井高は255cmだが窓際30cmは200cmの高さでカーテンボックスを兼ねる梁形があり、つまり壁(窓)から30cm以上手前に設置しなければならいのだ。広い家ではないので、邪魔だ。
 約2年間くらいずっとアルコーブに置きっ放しだったタワー上部を、金鋸で切断改造、28cm短くした。これで梁形下(窓側ギリギリ)に設置でき、これなら高くても邪魔じゃない。
20140524_cat-tower1

 ハンモックも復活。
20140524_cat-tower3

 いなりは、一応設置してすぐにハンモックまであがったが、今のところは慣れた三段目の方が好きみたい(笑)。
20140524_cat-tower2


この記事へのトラックバックURL: http://between.musoubitokikaku.com/archives/13975/trackback

増築” への6件のコメント

  1. おぉっ、増築ですね♪
    お外も眺められてご家族様も確認できる特等席ですよね!
    いなりちゃんよかったね~!

    先日は萌え動画をありがとうございました♪
    優しいパパに見つけていただけて、幸せにしていただいて
    「パパありがと~」って表現しているようでした。
    幸せいなりちゃんを見れて私も幸せです。ありがとうございます♪

    しかし、今日の3枚目の写真はいつもの表情・・・笑

  2. ぽちさん江
     日中はずっとハンモックに居ますよ。
     仕事の邪魔にならないのでいいのですが、あまり降りてこないので、ちょっと寂しいです(笑)

     3枚目の写真……。
     もしかすると、いなりは、リラックスしているとこういう表情なのんですよー(^^)

  3. 昔の記事ですがコメントさせて頂いても宜しいでしょうか…?
    我が家でもキャットウォークの設置を検討しているのですが、窓際の天井高が200cmの為諦めておりました。そんな中でこちらの記事を見かけたので、是非質問をさせて頂きたく…。
    金鋸で切断したとの事ですが、良ければどのように改造されたのかを詳しく教えて頂けないでしょうか?

  4. ななさん江

     ハシゴ状の本体部、上下2分割のうち、上部の物を下から28センチのところで金鋸で切断しました。
     柱の角パイプ内にジョイントを入れて上下を連結する仕様ですが、上部の下端を切断してしまったため、ジョイント部品を固定するネジ穴がなくなりました。本当はネジ穴も開ければ万全なのでしょうけれど、木工用ドリルしか持っていないので断念。固定は下だけにして、このジョイント箇所は荷造り用の透明ビニルテープでぐるぐる巻きにしました。
     中のジョイントは結構長いし、上下で突っ張っているのでズレることはまず無いと思います。今日現在まで何事もありませんし。
     文字で説明すると少々わかりにくいかもしれませんが、作業方法自体は簡単です。ただし、角パイプは厚み3.5ミリのスチールですから、かなりの力が必要です。安い金鋸だとこの1回で刃こぼれしそうです。
     我が家では、既に持っていたキャットウォークを再活用すべく切断改造しましたが、きちんと200センチ対応の製品を探してご購入されることをおすすめします(でも、天井つっぱりタイプだと200センチ対応ってなさそうですけれど……)。
     もしも上記の改造をされる場合は、怪我等に十分にお気をつけてください。
     作業中の事故・不具合並びに改造品を使用したことによる不都合、使用できなかったことによる不都合など、当方では一切責任を負えません。

  5. わざわざご回答頂いて申し訳ありません。詳しく教えて下さりどうもありがとうございます!

    切断に関してはかなり力がいるだろうなぁ、と推測しておりました(笑)

    そうなんですよね、200cm対応の突っ張り式が全然見当たらなくて…。
    上記を参考に我が家でも試してみたいと思います。

    ご丁寧にありがとうございました!

  6. ななさん江

     無事に改造ができる事を願っております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.