iPhone 5のカメラレンズにゴミが入ってしまった

 先日、iPhoneで写真を撮っていると、画面の一角にぼけている箇所がある事を発見した。指が写り込んでしまったのかと思い(よくやるのだ)注意してみたが、やはり同じ所がぼけてしまう。
 カメラレンズが汚れているのか確認してみたら、傷? いやそうじゃなく、レンズ——を覆っている最外装面のガラス——の中にたくさんの埃が入り込んでいるではないか。
「iPhone 5 カメラ ゴミ」などでググると、同じような事例がたくさん出てくる。よくある事なんだね。

 分解しなければカメラレンズのゴミは除去できないので、アップルストア銀座のジーニアスバーに予約を入れて、行ってきた。
 オンラインでの予約の段階で概要を記入していたおかげか、「カメラにゴミですね。ちょっと確認させてください」と、カメラ機能で白い紙や手のひらを映した画面を見て、「そうですねゴミ状の物が写っていますね」と手早い。保証期間内だし事故による破損ではないので本体交換となった。
 iPhoneやiPodの修理は本体交換になることが多いようだ。新品ではなく整備済み品だとは思うが、外装に傷はないしバッテリは新品だろう。約8ヶ月使ったiPhone 5のバッテリと外装が新しくなったと思えばラッキーかも知れない(笑)。

 しかし、またゴミが入ったらどうしようと、気になってしかたない。これは精神衛生上よろしくない。
 iPhone 5はなぜゴミが入りやすいんだ? カメラレンズとLEDフラッシュの間にある穴が怪しい。
 通話中のノイズキャンセリング用マイク——iPhone 4Sではイヤホンジャックの横に付いていた——なので、薄いシール1枚くらい貼っても問題ないだろう。でも、変なシールだと目立って格好悪いので、液晶画面保護シートを約4mm角に切り取ったものを貼ってふさいだ。
 うむ。これで安心して使える(笑)。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/13554/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください