石川進さん、お疲れさま

 歌手・声優の石川進さんの訃報を知ったのは、今日のお昼。10月29日に享年79歳で亡くなったそうだ。
 昨年くらいまではアニメソングの特番などに出演され、まだまだお元気だなぁと思っていたのだが……。

「キューピーちゃん」の愛称で親しまれ、元々はハワイアンバンドやムード歌謡グループで活動していたそうだが、俺はその時代は知らない。
 数々の“テレビまんが”(ここではあえて「アニメ」ではなく、こう呼びたい)の主題歌や吹替えで、氏の特徴的な愛嬌のある声に親しんだものだ。

 俺の中でとりわけ印象に残っているのは、「ど根性ガエル」の主題歌(初作の「ピョコンペタンピッタンコ〜」ってやつね)と、「クレクレタコラ」の主題歌。それに、海外アニメ、ハンナ・バーベラの「スーパースリー」の主題歌及び「フリー」役。
「クレクレタコラ」はともかく(笑)、「ど根性ガエル」と「スーパースリー」は小学生の頃に再放送で何度となく見たテレビまんがだ。俺と同世代以上の方なら解ってくれると思うが、ビデオだのDVDだのという家庭用のレコーダがない時代なので、放送がある時は——まぁ、当然子供だったと言う事もあるが、けっして大袈裟ではなく——脳裏に焼き付けるかのように食いついて見ていたものだ。

「(平面ガエルのピョン吉さまはケロケロケロとは鳴かないで)根性、根性、ど根性。泣いて笑ってけんかして」
 この一節は、今思うと、小中学生男子の日常を端的に表しているように思う。それを石川進さんのあの声でユーモラスに歌われる事で“自嘲や照れ”も加味されていて素晴らしい、と言ったら深読みしすぎかな。

「スーパースリー」は俺が生まれる直前くらいの作品だが、前述のとおり何度も再放送されていて、人気があった。石川進さんが担当した「スイスイのフリー」はオカマっぽくオネエ言葉を喋るキャラクタで、当時のテレビまんがとしてはちょっと異質だったが、これはアメリカでのオリジナルではフリーだけイギリス英語で喋るのに倣っての設定だそうだ。そのオネエ言葉が氏の声に似合っていたなぁ(笑)。

 俺達の世代は、物心ついた頃から石川さんのテレビまんがでのご活躍に接することができて、幸せです。今まで、夢や希望を与えてくれてありがとうございます。

 石川進さん、お疲れさまでした。謹んでご冥福をお祈りします。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/13069/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください