RGガンダム素組完了

 約1ヶ月もかかったが(笑)、RGガンダムの素組が完了。
 全身にメラミンスポンジをかけて、墨入れを施した。
(写真はクリックで拡大表示)

RGガンダム

 シールはどうしようかな。1/144にあれだけ大量にシールを貼るのは、あまり格好良いとは思えず好きじゃない。小スケールの全身に大量にマーキングがあってもうるさいだけ。同じ理由で、初期のハイコンプロも嫌いでザク以外は買わなかった(笑)。

 このRGガンダムは、お台場から静岡へ行った例の「1/1ガンダム」の模型、つまりガンプラ初のスケールモデル(笑)ではあるわけだ。
 実寸大の18メートルなら見上げる格好になるので、このバランスはあり。実際、お台場で見た時は、感動したものだ(笑)。しかし、こうして1/144になると、足先が小さくて頭やランドセルが大きいと感じてしまう。
 たぶん、そういう意見もあることは想定の上で、あえて「1/1ガンダムの模型」にしたんだろうけど。

 それと、指の第二関節まで動く可動手首と動かない握り手がついてるけど、はっきりいってこの可動手首はいらん。扱いにくい。ビームライフルを握った状態の指がすげーかっちょわるいんだけど……。
 ライフル持つ用の固定手首もつけてほしかった。
 本体の意匠は素晴らしいだけに、残念だね。

 次回のシャアザクには期待してるよ、バンダイさん。


この記事へのトラックバックURL: http://between.musoubitokikaku.com/archives/12009/trackback

RGガンダム素組完了” への4件のコメント

  1. 完成お疲れさまです。
    シールを全く貼っていない状態もかっこいいですね。
    このガンプラ、外観はお台場ガンダムの模型だったんですね。それにガンプラ初のスケールモデルってキャッチコピーがかっこよすぎます。w

    ところでメラミンスポンジの効果ってどのくらいなのでしょうか?最近ちょっと気になっています。良かったら教えてください。

  2. ka2-yukiさん江
     ありがとうございます。

     去年発売された 30th HGガンダムは、同じくお台場ガンダムを元にしてるけど1/144用に少しバランス調整してるそうですよ。

     メラミンスポンジは、水をつけずに軽くこすると耐水ペーパーの4000〜5000番、強くこすると3000番程度の感じで、ツヤ消しトップコートを吹いたような効果になります。
     ガンプラ製造工程で樹脂を流す時にどうしてもできてしまう、パーツ表面の地層みたいな線が目立たなくもなります。
     細かい凹凸部分も磨けるのでいいですよ。
     作業してる時、粉が飛散します。このメラミン粉は軽くて手元に浮遊し、とても有害なので、作業する時は、吸わないように換気してマスク着用しましょう。鼻からちょっと入っただけでもマジにつらいです。

  3. ご丁寧にありがとうございました。それにしてもメラミン粉が有害だとは・・・気をつけて一度チャレンジしてみたいと思います。

  4. ka2-yukiさん江
     まぁ、プラモ作業は有害な物ばかりですけどね(笑)。
     メラミンスポンジでこすっている時に、普通に顔を近づけるだけでも、ペーパーがけの時とは比べ物にならないくらい鼻が痛くなります。臭いとかじゃなく、まじに「体内に有害粉が入り込む」ような感覚です。
     ご注意のほどを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.