何が発表されるのだろうか

 「iPhone 3Gは予定しているペースの数が出ている」とソフトバンク 孫社長 (2008.10.29 +D Mobile)

ソフトバンクは10月29日、2009年3月期の中間決算を発表。発表会場での質疑応答で孫正義社長がiPhoneについての質問に答え、順調に売れていること、明日も新しい取り組みを発表することなどを話した。

 まぁ、なんだかんだ言っても、売れているというのは間違いなさそうだよね。街でもiPhone持っている人もよく見掛けるし。

 ちなみにiPhone 3GユーザーのARPUは、一般的なソフトバンクの音声端末のユーザーと比べ、2倍近いという。多くのユーザーの料金が、2段階定額制の上限に張り付いているといい、「iPhoneがもうからないのではないかという報道もあるが、これは勘違いだ。ソフトバンクにとっては立派に収益をプラスにしてくれるありがたい機種」(孫氏)と、キャリアとしてもiPhoneが魅力的な端末であることを力説した。

 そして、業績報告以上に気になる言動も。

 ちなみに10月30日には、同社の新端末発表会が予定されているが、孫氏は「iPhoneに対する新しい取り組みについても公表する」と発言した。

 なんだろう。ハード的な事やバージョンアップはアップルで行うだろうから、サービス面での新しい取り組みだろうね。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/11317/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください