HGUC陸戦型ガンダム、製作中

 HGUC RX-79[G]陸戦型ガンダム。

HGUC陸戦ガンダム
 180mmキャノン以外の組立て・表面ペーパー&メラミンスポンジがけまで終了。


 このキットは全体的には良好だと思う。
 しかし、無塗装派としては、襟と右胸排気ダクトに塗分けが必要で、この二ヶ所、塗装が苦手な俺としてはかなりやっかいな箇所だ。

 今日は、排気ダクトの仕上げを行った。

HGUC陸戦ガンダム
 排気ダクトについては、付属のホイルシールを貼って簡単にスミ入れでとも思ったが、このシールをよく見ると変なのよ。描かれている線がパーツのダクト段々モールドと数が合わないじゃん!

 そんな折、またまた、ガンプラ秘密工場(仮)にて、技が紹介されてるじゃん。
 早速パクらせて参考にさせてもらいます。

HGUC陸戦ガンダム
 まず、ダクト内部を、ガンダムマーカー墨入れ用(黒)で塗りつぶす。

HGUC陸戦ガンダム
 かめっチさんの作例ではシールも自作されていたのだが、俺は、キット付属のホイルシールを使う事にした。
 シールを、描かれている黒線に添って、細切りに分割。それを1個ずつデザインナイフの刃で拾い、ダクトパーツに貼っていく。

HGUC陸戦ガンダム
 ほら。変でしょ? ダクトの表面側にしか貼ってないのに、2個しか残らない。このシールをそのまま貼る場合は、平面的にするようだね。段々モールドに合わせて密着させると長さが足らなくなるはずだ(笑)。

HUGC陸戦ガンダム
 ともかく、全て貼り終えた。かめっチさんみたいに上手じゃないけど、俺の技量としては、黄色を塗って墨入れして〜って工程よりは綺麗にできた。

 あとは襟だよなぁ。ガンダムマーカー(ガンダムホワイト)で塗り、乾いた後にはみ出した部分を薄め液を染み込ませた爪楊枝でふき取り、墨入れマーカーふき取り用の黒と青でぼかしてごまかした。
 襟は別パーツにして欲しかったなぁ。紺パーツに白を部分塗装するのは無謀だよ。かといって、ここは設定通りに塗り分けたいしね。

 しかし、冒頭にも書いたとおり、このキットは全体的には良いものだ。


この記事へのトラックバックURL: http://between.musoubitokikaku.com/archives/10567/trackback

HGUC陸戦型ガンダム、製作中” への2件のコメント

  1.  こんばんは〜! ウチの記事を紹介&参考にしていただき、ありがとうございます! キットのシールの切り分けでも充分イケてますよ。これならシールを自作する必要なかったですねぇ〜(笑)。
     ところでプロフィールの写真、びといんさんご本人ですよね? クワトロ大尉似のイケメンじゃないですかぁ〜! 

  2. かめっチさん江
     いつも参考にさせていただいてます!
     シール自作、俺もよくやりますよ。こういうホイルシールの余りを取っておいて、余白に必要な色のガンダムマーカーを塗って目的の形に切り出して使ったりします。

     プロフィール写真はもちろん俺ですけど、20年くらい前の撮影です。それにしてもクワトロ大尉似とは言いすぎでしょう。
    「これが若さか……(涙)」ですな。
     今では四十路のおっさんですよ。クワトロ大尉というよりも、ハヤト艦長に近づいてます(笑)。しかもハヤトみたいに頼もしくないヘタレですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.