Windows版Safari

 アップル、Windows版のSafariを発表 (2007.06.11 アップル ホットニュース)

2007年6月11日、アップルは本日、世界最速で最も使いやすいWindows PCおよびMac向けのWebブラウザ、Safari™ 3(サファリ3)を発表しました。Safariは、業界標準のiBenchを使ったWebページのレンダリングテストでIE 7の最大2倍、Firefox 2の最大1.6倍の速さを記録し、Windows用のWebブラウザとしても最速となりました。

 ケツの穴の小さいMSはだいぶ前にMac版IEの開発停止を発表してしまったが、Appleはやってくれたね。WinXPでもSafariが使えるようになるとは。
 まだパブリックベータで英語版しかないけど、こちらでダウンロードできるので、ぜひ試して欲しい。
 Appleのソフトは直感的操作で簡単なので、英語版でもすんなり使えると思う。

 追記(2007.06.13)
 BootCamp上のWindowsXPにて試してみたら、日本語サイトは正しく表示されなかった。
 まだパブリックベータだからしかたないのかな。うーむ。
 Macは日本語表示は簡単に追加できるのに(自分でとあるひとつの空ファイルを作成するだけで日本語表示可能になる場合も多い)、Winってほんと、やっかいだねぇ(笑)。


この記事へのトラックバックURL: http://between.musoubitokikaku.com/archives/10561/trackback

Windows版Safari” への2件のコメント

  1. >Winってほんと、やっかいだねぇ(笑)。

     Windows の流儀ですよね。
     いいことも、もちろんあるんですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.