メクトン

 久し振りにG20を引っ張り出して読んでいた。
「G20」とは、前世紀末に、ガンダム20周年記念トリビュート雑誌として9号刊行されたムック。
 昨年、その特集ページを中心に2冊に再編集した復刻版も出ている。

G20復刻版 REVIVAL SIDE-A
ホビー企画部
4757722729
G20復刻版 REVIVAL SIDE-B
ホビー企画部
4757722737

 その中で、「ガンダム戦記 一年戦争全戦闘記録」という書籍を作った人へのインタビュー記事がある。

060311.jpg
 この書籍、テーブルトークロールプレイングゲーム(TRPG)のルールブックなんだけど、タイトルのとおりガンダムが題材。
 しかし、このゲームシステムの原作はアメリカなんだよね。
 日本アニメが大好きなアメリカ人が作った汎用ロボットTRPG「メクトンZ」が原作。汎用なのでなんでもできるけど、逆に設定から考えるのは大変ってことで、翻訳にあたっては、ガンダムの一年戦争として構築したというわけだ。
 つまり逆輸入ってことになるのかなぁ。
 この本、前半のプレイシナリオを読むだけでも面白い。
 ユニット設定には(どう使うかは別として)エレカや自転車まであって、感動もの。
 ちなみに、原作の「メクトンZ」は、もちろん「メクトンゼータ」と読む。これ、初版が「メクトン」、第二版が「メクトンII」、三版がこの「メクトンZ」で、その後の拡張ルール集は「メクトンZプラス」らしい。
 アメリカのガンダマーもかなり濃いね!
ガンダム戦記—一年戦争全戦闘記録
トイインターナショナル R.タルソリアンゲームズ
4757206585

Tag(s) [ガンダム][本と雑誌]


この記事へのトラックバックURL: http://between.musoubitokikaku.com/archives/10140/trackback

メクトン” への2件のコメント

  1.  ガンダムTRPGのルールブックって昔、ホビーショップ等でいくつか売られていましたねぇ。いやぁ懐かしい。いまじゃ誰も知らないかもしれないけど(汗)。

     僕もガンダムTRPGをやった記憶がありますよ。たしか、損傷箇所とか損傷の重さとかあって濃いゲームでした。……タイトルは忘れちゃいましたが。

     こういうのもあったんですねぇ。
     懐かしいなぁ。ちょっと探してみようかな。
    (それ以前にメンバーを探さねばっ)

  2. ろぷさん江
     昔ありましたねぇ。ガンダムのTRPGルールブック。
     俺も友人宅でプレイしたことがありますよ。「ジャブロー」だったかな。
     この「ガンダム戦記」は、メカ設定はめちゃめちゃ細かいのに、キャラ設定数は少ないです。TVのメインキャラくらいしか網羅されてないです。
     まぁ、自分でキャラを作れってことでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.